QムービーTOP > 音楽 > 邦楽 > プレイリスト

名曲ぞろいの中島みゆきをずっと聴いていたい【プレイリスト】

 ここでは、歌手:中島みゆきさんについて、紹介させて頂きます。彼女は活動年月が長い分、紹介したい曲はたくさんありますが、代表的なものを紹介していこうと思います。中島みゆきを聴いたことがない方も、懐かしく思う方も、見て頂ければと思います。デビューは1975年。これを読んでいる方の中には、まだ生まれていない方もいるかも・・・?ですね。彼女は特に、自身でも歌を歌っていますが、楽曲をいろんな歌手に提供もしています。例えば、研ナオコさんに提供した「かもめはかもめ」や、柏原芳恵さんに提供した「春なのに」はどこかで必ず聴いたことがあるのではないでしょうか。最近でいうとTOKIOの「宙船」なども彼女の楽曲提供によるものです。

時代

 こちらは「時代」という中島みゆきさんを代表するヒット曲です。実は1975年12月21日に発売された曲だということをご存知でしょうか?こちらは数年前からずっと郵便局の、年賀状のCMソングにもなっており、大変馴染みのある曲であるため、中島みゆきさんの初期の曲であることは意外と知られていません。この曲の素晴らしいところは、自分自身がとてもつらい時、やりきれない時に心の底から励ましてくれるところです。「あんな時代もあったね、といつか笑って話せるわ」という言葉。「今日はくよくよしないで、今日の風に吹かれましょう」という言葉。辛くても、前を向いて歩いていると、時代は回り、また自分も起き上がる時が来る、という元気をもらえる曲です。

トップページへ

わかれうた

 1977年9月10日にリリースされた名曲です。これは、若い人はあまりピンと来ないかもしれないですが、じつはアニメ「クレヨンしんちゃん」の映画でお酒に酔った松坂梅先生が泣きながら歌っています。曲自体は、題目の通り、男女の恋の終わりを歌っています。女性目線で、「わかれ」自体を「自分の運命」と捉えているかのような孤独な曲ですが、失恋したときなど感銘するところが多く、リリースから長くたった今でもカラオケの自身の中でのランキングでも愛され続けている曲です。

トップページへ

悪女

 1981年10月21日にリリースされた。当時のオリコンのシングルチャートでは、わかれうたに次いで、自身2度目の1位を獲得し、翌年の年間チャートでも6位を記録するという素晴らしい記録を持っている。歌詞はとても切ない女性の心情を描いたものである。タイトルは「悪女」だが、正しく言うとこの曲の主人公は「悪女になりきれない女」が正しいかと思う。もうダメだとわかっている相手と、ズルズルした関係を続けるのではなく、きっぱりと別れを決意し、涙が流れないよう悪女を演じて彼に別れを告げようとしている、というストーリーである。一番切ないのは、「フラれる立場」でありながら、ハッキリ捨ててくれない男性に対して、「自ら別れを告げなければならない」という情景が見えてくるところである。短い曲なので、一度歌詞に注目しながら聴いてみてほしい。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社