QムービーTOP > 音楽 > 邦楽 > J-POP

聴く者を浮遊させるサカナクションの音楽

 2005年、北海道で結成された男女5人組のロックバンド。バンド名の由来は、sakana+action。魚の動きのようにダイナミック、かつ、変化を怖れずに活動するという意味合いから付けられた。彼等の活動は、まさしくその名の通りであり、作品をリリースするごとに変化を遂げ、我々を魅了している。しかし、一貫してブレない事が一つある。それは、我々を"水の中を泳がせる魚"のように浮遊させるという事だ。サカナクションの楽曲は、一言で表すなら、エレクトロ&ロックである。その点で言えば、類似性のあるアーティストは他にもいるだろう。ところが、ここに一つのエッセンスが加わる。それは、ボーカル・山口一郎の文学的な詞世界とその歌い回しだ。他に類を見ない、独特の言い回し、独特の世界観。楽曲だけではなく、まさしく言葉でも我々を踊らせる。それでいて、聴き取りやすいボーカルスタイル。まさしく”現代の踊れる歌謡曲”的ニュアンスが感じ取られる。そう、彼等の音楽は「踊れるエレクトロ歌謡曲」と体現できる。そのスタイルで確固たる地位を確立し、「夜の踊り子」「ミュージック」「Aoi」などといったヒット曲を連発した。また、その世界観の独特さからプロモーションビデオなども話題となっているバンドである。そして、2013年には国民的アーティストへの登竜門とも言える、NHK紅白歌合戦への出場も果たしている。

ルーキー

 4thシングル。東進「未来のリーダーたち」篇 CMソング。前作「アイデンティティ」に見られたロック寄りのハードさは影を潜め、一転、シンセサイザーを多用したエレクトロミュージックとなっている。注目すべきは斬新な曲の構成である。イントロから始まる静寂感は、曲が展開されるに連れ、聴くものの期待を裏切る。そして、徐々に聴き手の高揚感を煽る。先の読めない展開が続き、突発的に出てくるドラムソロ、手拍子。様々なエッセンスが融合していく。故に、一聴するとどれもバラバラな構成に見えるが、むしろ曲の完成度を極限まで高められたのが感じ取れる。エレクトロの音に乗せて、ひたすら展開していく様々なエッセンスはサイケの領域である。その色はプロモーションビデオにも現れている。ボーカル・山口一郎が悪夢にうなされ、ひたすら逃げ回り、デジャヴを体感するという内容。楽曲内容とは、およそ結びつかない「ルーキー」というタイトル、そして、プロモーション映像。サカナクションの中でもサイケデリックな一曲である

トップページへ

アイデンティティ

 3thシングル。映画「ジャッジ!」主題歌。サカナクションの中でも一番と言って良いほど、アッパーでロックチューンな1曲である。曲の出だしの圧倒的なコーラスワークで、一気に聴くものの高揚感を高める。その勢いのままサビの爆発へと繋がっていく。注目すべきは、1メロと2メロの違いである。1メロは、各メンバーが扱う様々な楽器を用いて、一気にサビへと持って行くが、2メロ部分は一転して、ベース、ラテンテイストのドラム、シンセサイザーのみに絞り、よりラテンファンクなテイストを強調している。楽曲全体でも、唯一この2メロ部分でそのテイストを強烈に押し出している。ここにサカナクションの曲構成の妙が垣間みれる。彼等の一つの特徴である、踊れる音というのは、今作のようなアッパーなロックチューンでも健在である。

トップページへ

夜の踊り子

 7thシングル。学校法人モード学園 2012年度CMソング。楽曲自体は、シンプルなミディアムロックチューンであるが、ボーカル・山口一郎の文学への傾倒、影響が強く感じられる一曲。一つの文学作品のような詞は、聴くものの解釈によって、色々と捉えられる内容だ。不思議な世界観は、聴くものの中毒性を煽る。楽曲もさる事ながら、プロモーションビデオにもそれは如実に現れている。日本を象徴する富士山をバックに演奏するメンバーとともに、踊り子がひたすらパフォーマンスをしている。シンプルな映像ながら、観る者を魅きつけて離さない所はサカナクションらしい。楽曲の世界観、詞の内容、プロモーションビデオの映像からは、サカナクション、そしてフロントマンである山口一郎のひたむきなまでの日本へのリスペクトが感じ取れる。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社