QムービーTOP > アニメ > 細田守 > おおかみこどもの雨と雪

【細田守の長編アニメ第3作】おおかみこどもの雨と雪 のあらすじ

 おおかみこどもの雨と雪は2012年7月21日に公開されたアニメーション映画であり、監督は細田守で長編オリジナル作品第3作である。テーマは「親子」であり、一生懸命に生きる母と子の成長を描く愛の物語。
 19歳の少女が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長し自立するまでの13年間を描いている。誰もが共感できる感動の大ヒット作なので是非、チェックして頂きたい…

おおかみこどもの雨と雪 あらすじ

 女子大生の花は、教室で「おおかみおとこ」と出会い恋に落ちる。彼は自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。産まれた娘の「雪」と息子の「雨」は狼に変身できる「おおかみこども」であった。しかし雨の出産直後、男は亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」の育児に挑むが、都会での育児を断念して人里はなれた古民家に移住する。本動画はここまでで終わっているが、その後は蛇や猪をも恐れず活発で狼になるのが好きな雪に対し、当初は弟の雨は内気で逃避的であったが川で溺れてから変わり始める。雪が小学校にあがって友達が出来ると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人の少女として振る舞おうとするようになる。一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになって、山に魅かれるようになっていく…

トップページへ

おおかみこどもの雨と雪 あらすじ(概略)

 19歳の少女が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長し自立するまでの13年間を描いている。女子大生の花は、教室で「おる男」と出会い恋に落ちる。ある晩、彼は自分に関する重要な秘密を打ち明ける。自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であること。彼の言葉「もっと早く見せるべきだった」には色んな葛藤があった事を物語っている。これは一時の恋ではなく、結婚を考えた付き合いにしたいからこその打ち明け…。それを聞いた花は驚きを隠せない。普通の恋人同士で打ち明けられる秘密とは一線を画している内容だったからだ。それは言葉による説明ではなく、相手に「見てもらう」ことで説明が成される。その理由は男がある身体的な問題を抱えていたから。男は姿を見せて言う…「花、俺が何に見える?」…物語はこうして始まっていく。花は男の秘密をそれを受け入れ2人の子供「雪」と「雨」を産んだのだ。これは家族4人の秘密に関した映画である。映像は素晴らしい描写であり、内容も問いかけるような感じだ。視聴者は自分の周りの人間に置き換えてみると色々考えさせられる事があるだろう。

トップページへ

おおかみこどもの雨と雪 あらすじ(完全版)

 女子大生の花は、教室で「おおかみおとこ」と出会い恋に落ちる。彼は自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。雪が小学校にあがって友達が出来ると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人の少女として振る舞おうとするようになる。一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになって、山に魅かれるようになっていく…ある日、雪のクラスに草平という転校生がやってくる。雪は草平にいきなり「獣臭い」と言われて動揺し、正体の発覚を恐れて彼を避けるが、どうして自分が避けられるのか理解できない草平に執拗に追いかけられて、パニックで狼となり彼の耳を傷つけてしまう。負傷した草平は雪が責められるのを見て、狼がやったことだと取り繕った。精神的ショックで学校を欠席する雪を草平は見舞い、それをきっかけに距離の近い関係となる。雪がショックから立ち直った頃、雨は一匹の狐を「先生」と呼んで、彼から山で生きる術を学び始める。ある夜、自分は狼であるという雨と、人間だからもう狼にならないと言い放った雪は、お互いの生き方を否定しあい口論となり、白熱しすぎて雪が雨をぶったことがきっかけで、取っ組み合いの大喧嘩になってしまう。大雨の日、雨は家を去ることを決行する。明け方、雨に助けられ駐車場で意識を取り戻した花は山へ戻ろうとする雨を呼び止めるが、オオカミとなった雨は花の懇願を振り切って山奥に消える。中学校にあがった雪も花の勧めで寮に入ることになり、花はひとり山奥の家で暮らすのであった…

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社