QムービーTOP > アニメ > ピクサー > インサイド・ヘッド

ディズニーピクサーの映画「インサイド・ヘッド」の 試写会について

 ディズニーピクサーの映画「インサイド・ヘッド」の試写会は、各地で行われていたようだ。親子限定の試写会や、子供を持つ父親、母親のみで行われた試写会など様々あったようだ。
 どの試写会でも、「インサイド・ヘッド」の映画を見て、改めて、親子や家族を見直すきっかけになったようだ。試写会に当たった人はラッキーですねー。

『インサイド・ヘッド』に共感する“親”の声  単なる子供向けファンタジーじゃない!

 画面には、右側に「インサイド・ヘッド」の2枚の映画場面の写真と、左側には文章がたくさん書いてある。ディズニーピクサーの最新作映画「インサイド・ヘッド」は公開から一足早く試写会が行われたそうだ。試写会で集まった人々の言葉の多くに「家族、親子」というキーワードがあったようだ。RBB TODAYで行われた親子限定の試写会は、トイストーリーやモンスターズインクなど数々のヒット作を持つピクサーの最新作ということで、試写会の応募数は予想を上回った数が寄せられたそうだ。「インサイド・ヘッド」を観た人々は、たくさんの感想や想いを持ってくれたようだ。親目線で自分の子ども時代のエピソードを交えた感想。親から子どもへのメッセージや伝えたい想い。子どもからも、素直な気持ちの声など。子どもも親も、家族や親子というつながりを再認識したようだ。

トップページへ

「インサイド・ヘッド」に学ぶ親子の感情コントロール術

 7月7日に「OZ WALD THEATER」で行われたディズニーの試写会で、映画「インサイド・ヘッド この夏 家族の気持ちに向き合おう」の特別試写会が行われたそうだ。7月18日に全国公開となる「インサイド・ヘッド」は、トイストーリー、モンスターズインクなど数々の名作を世に送り出し、世界中に夢と感動を届けてきた「ディズニー・ピクサー」の長編アニメーション作品だ。そして、「ディズニー・ピクサー」の20周年を記念する作品ともなっている。主人公である11歳のライリーが、引っ越しがきっかけで、感情に大きな変化が起きるところから物語は始まる。ライリーや家族の葛藤やとまどいなどが、ライリーの頭の中の5つの感情たちを突き動かしていく。の試写会には、子どもを持つ、父親と母親の合計50名が参加したようだ。自分と重ね合わせて共感できるストーリーとなっているようだ。

トップページへ

ディズニー/ピクサー『インサイド・ヘッド』、全米公開で爆発的なヒット!

 ディズニー・ピクサーの最新映画「インサイド・ヘッド」は全米で爆発的大ヒットとなっているようだ。ピクサーの長編アニメーション20周年記念作品として制作されたディズニー・ピクサーのフルCGアニメーション映画「インサイド・ヘッド」が全米で公開された。公開3日間で興行収入が9044万ドルを突破したようだ。完全オリジナル作品としては、歴代ナンバーワンのスタートをみせている。「インサイド・ヘッド」は米国時間の6月19日に全米3946館で公開され、公開後3日間の興行収入が90440271ドル(6月22日現在)という、爆発的大ヒットとなった。完全オリジナルの映画でここまでの動員は実写作品の「アバター」以来だそうだ。これまで1位だった「アバター」の7700万ドルを大きく引き離し、完全オリジナル映画の、全米オープニング歴代ナンバーワンの記録を塗り替えたそうだ。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社