QムービーTOP > ゲーム > パズドラ

パズドラ ビックリマンコラボダンジョンの攻略動画

 期間限定で復活したビックリマンコラボですが、ダンジョンでコラボガチャのモンスターのスキル上げに使えるシールがドロップするようになりました。これまでは各種ピィを使うしかなかったので、これは嬉しいですね。以前にコラボガチャを引いていた人も、これからコラボガチャを引く人もダンジョンを攻略する意味が強くなったと言えます。
 道中で稀に出現するヤ魔モトPも、究極進化が実装されて悪魔パーティーのサブとして便利な性能へと変化したのでぜひ入手しておきたいところです。そこで今回はビックリマンコラボダンジョンを攻略している動画をご紹介します。スキル上げの時間効率を高める周回用のパーティーと、たまドラを入手するためにSランククリアしている比較的低レアリティのパーティーでの攻略です。特に後者はパーティーの編成難易度が低いので、無課金であまりレアガチャ限定のモンスターを持っていないという人におすすめできます。動画を参考にしてビックリマンコラボダンジョンを攻略してみましょう。

パズドラ【ビックリマンコラボ】地獄級 パンドラPT攻略(周回編成)

 パンドラをリーダーにした周回前提のパーティーでの攻略です。ニコニコ生放送などに出演しているコスケさんが、適宜解説を入れながら攻略しています。基本的には6個消しでパンドラのリーダースキルを発動させてフロアを進んでいきますが、2フロア目のギガ満助などHPが多い敵は8個消しで高火力を出して突破しています。コンボ数をできるだけ減らして時間効率を上げるというのも参考になるポイントだと思います。周回プレイはどれだけ短い時間でクリアできるかが重要になってきますから、要点を説明してくれているのは嬉しいですね。5フロア目のミコト爆神、最終フロアのスーパー冥界ハーデスはハクの陣と半蔵のドロップ変換という組み合わせで楽々突破しています。1フロア目で闇のドロップの6個消しし損ねるなどミスもありますが、それでも余裕でクリアできているので安定のパーティーのはずです。レアガチャ限定のモンスターのみでの構成なので、完全に真似することは難しいですが、変換役を別のモンスターで代用することはできるので参考にしてみてください。

パズドラの攻略ページへ

【寂しいパズドラ攻略】 ビックリマンコラボ Sランク 究極アテナPT ( 低レア編成 ) ノーコン

 究極アテナをリーダーにしたパーティーでランクSを取得している動画です。パーティーの全てのモンスターがダンジョンでドロップするので、無課金プレイヤーでも簡単に再現することができます。しかも光のアンケートカーニバルで、シャイロンとゴールドパイレーツを同時に狙えるのでスキル上げも手軽です。サブのモンスターは最大レベルが低くステータスもあまり高くないので、基本的にはリーダーとフレンドの究極アテナの攻撃で攻略していく形になっています。光属性のドロップを4個消して、しっかりと2体攻撃をしているところに注目してください。5フロア目のミコト爆神も攻撃力アップをしている間に倒すことで、難なく突破しています。クリアターン数は19とちょっと多めになっていますが、レアリティの面で大きくスコアを稼いでSランクを取得できています。レアリティがスコアに占める割合は結構大きいので、少しパズルが苦手でクリアに時間がかかるという人でも十分にSランクを狙えるパーティーです。

パズドラの攻略ページへ

#パズドラ : ビックリマン"聖魔大戦"地獄級 - 覚醒シヴァS Rank攻略 #PaD #龍族_圖

 こちらもビックリマンコラボダンジョンを攻略してSランクを取得している動画です。リーダーは覚醒シヴァ、サブにも千代女とレイランが入っているので、先ほどの動画と比べると編成難易度は高いですが、クリア時間は格段に少なくなっています。しっかりとコンボを作り、火属性のモンスター4体で攻撃していく攻略内容です。注目したいのは、サブに入っているホブゴブリンとキングモリりんです。パーティー全体の平均レアリティを下げるために採用されているモンスター達ですが、スキルのドロップリフレッシュも有効活用できています。ドロップリフレッシュでドロップを消して攻撃してもターン数が経過しないので、それだけクリアターンを短縮できるのです。最後のスコア表示画面でドロップリフレッシュのターンがカウントされていないことを確かめてみてください。しかもドロップを消すことでスキルためにもつながるので、千代女のスキルを最終フロアで再利用できてさらなるターン短縮につながっていますね。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社