QムービーTOP > ゲーム > パズドラ

【パズドラ】ペルセポネの究極分岐はどっち!?覚醒は?!

西洋神の闇属性に実装されているペルセポネ。

このシリーズでは全ての属性でW攻撃態勢のスキルを持っており、通常の攻撃態勢よりも発動ターンが少し重いものの、回復+1色の2色を攻撃ドロップに変換できる非常に強力なスキルを持っているのが特徴です。

大量であるが故にコンボパや多色パではややオーバースペックな雰囲気もありますが、列パにとっては非常に頼もしい存在となります。

ペルセポネは副属性に火を持つ究極進化と副属性に木を持つ究極進化が実装され、それぞれ副タイプに悪魔タイプ、回復タイプという違いがあります。

現在ペルセポネを育成中のプレイヤーなどはどっちの究極進化を選択すればいいのか、その違いについて迫っていきましょう。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方

・「リセマラの最新情報

・「最強パーティのランキング

・「サブの最強ランキング

・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ 覚醒ペルセポネとは?

パズドラ 覚醒ペルセポネとは?

ペルセポネは新西洋神シリーズの闇として実装されていて、各色順次究極進化から分岐究極進化を終えて、覚醒進化が実装されていっています。

未だ覚醒ペルセポネは実装されてはいませんが、他の覚醒新西洋神の性能から高性能が期待できます。新西洋神シリーズは基本的に属性強化覚醒とダブル攻撃態勢スキルが重宝されていましたが、覚醒進化はその方向性が変わってきています。

覚醒アポロンを見ると、属性強化覚醒は撤廃され、2体攻撃やドロップ強化に変更されています。

覚醒アポロンはペルセポネ覚醒進化の際に最も参考にされるであろうキャラで、ほぼこのまま闇属性にしたものが覚醒ペルセポネという可能性もあります。

つまり今の属性強化3つもっているペルセポネが2体攻撃や闇強化ドロップを多く持つ覚醒になるということ。

それでは運用するパーティも変わりますね。パンドラやルシファーパのような列パでは使い難くなるかもしれません。

今、闇で輝くコンボパが少ないため、その強化にコンボパよりの性能にしてくるかもしれません。スキルはダブル攻撃態勢+2ターン自色を落ちやすくするというもので強力です。よくよく見るとエスカマリやシェアトのスキルの簡易版に見えてきます。

水のコンボパのルキアパでシェアトが活躍しているところを考えると運営は闇のコンボパを作ろうとしているのかもしれませんね。

ヨミドラパには?とも思いますが、覚醒進化の今までの傾向で言えば、神タイプは消えますので難しいです。

タイプは非常に重要です。どのパーティに入れるかはこれで決まるわけですから。覚醒進化を残しているのはアレスとペルセポネだけですが、残るタイプ枠は体力、マシン、バランスです。どれかをつけられる可能性が高いですが、他の傾向から攻撃タイプは全員につく可能性もあります。

最近は不人気タイプで固めてくることはないので、マシン/バランスはないでしょう。

予想される覚醒ペルセポネの性能は?

ほぼ間違いないのがスキルが「光と回復を闇ドロップに変換、2ターン闇ドロップが落ちやすくなる」というもの。複属性は水が有力です。

更に降臨キャラを素材にすることから、タイプは体力/攻撃、もしくは体力/回復が有力視できますが、山本Pの発言からマシンタイプが進化に押されていくそうなので、マシンがつく可能性高いです。

そしてリーダースキルは「闇属性の全パラメータ1.5倍。闇光の2コンボ以上で攻撃力2.5倍」が最有力です。

覚醒はさすがに運営のみぞ知るという感じですが、回復ドロップ強化2、2体攻撃3、スキブ1、封印耐性1、闇ドロップ強化1、このあたりで2体攻撃特化が予想されます。

この覚醒進化をされた場合、リーダーが欲しいですね。闇の強コンボパ実装へのフラグにペルセポネが覚醒進化するかもしれません。

パズドラ ペルセポネを入手したい!

新西洋神シリーズはスキルの優秀さから、リーダーとしてだけでなく、多くのパーティのサブで重宝され、最大倍率発動に必要ドロップ数の多いパーティでは必須級ともなっています。

例えば、闇の列パの闇メタトロンやパンドラ、ズオーにルシファーなどと強く噛合うリーダーが多くいます。

これらのリーダーをガチャで引き当てて、是非使っていきたいと思ってもパズドラの悲しい部分、サブが揃っていないと性能を十分に発揮しきれないという壁にぶち当たります。

サブ運用として汎用性も高いため、ガチャで狙っていきたいところですが、とにかくガチャ限キャラは数が多い。全ては運次第とは言え、1回に5個魔法石使うので可能な限り出やすい時にまわしたいと思うでしょう。

闇雲に回してもまず排出はされません。では、どのタイミングでガチャを引けばいいのでしょうか。パズドラは月の半ばと月末にGF(ゴッドフェス)という対象神の的中確率をアップさせるイベントを行ってます。

そこで対象となったときに引くのが良い時なのですが、最近のGFではフェス限キャラの多さから、対象神シリーズは1つだけに減らされていて中々目当てのシリーズが来ないということになっています。

なので、最近はあまりGFの対象か否かの重要度は低くなりました。

欲しいキャラがシリーズ通している場合は別ですが、ペルセポネが欲しいなど個別に欲しいキャラがいる場合は、今開催されているガチャイベントを見てみるといいです。

概ね火水木光闇と属性ごとにキャラを固めて排出確率をアップさせるイベントを常時行っています。GF時でも同時に開催されていて、よく裏(属性確率アップイベント)のほうが強くて対象神が当たらないと言われるほどです。

このイベントが闇の時にはたいていペルセポネは対象に入っています。ただ、もちろんですが全然出てこないということもありえるので、もし引くとなったら、やはりGFの時にかぶせて引いた方が良いでしょう。

GF時のガチャの確率は、GF対象以外が下がるというものではないため、属性イベントも同じ確率で的中します。

つまりは保険として、ペルセポネ以外が出た時に、引いたガチャで少しでも良いキャラが出る確率が高い時が得だよね、ということです。

GFと闇属性イベントが重なる時期は流動的なので、GFの都度どの属性が裏かは話題になりますので確認も簡単です。

すぐに入手するということはできないかもしれませんが、この引き方が最も損をしないで強いキャラを揃えられる方法なので、いくら欲しいと思ってもすぐに引いてしまうのは悪手です。

無課金の場合は特に引くべき時はじっくり狙いを定めていきましょう。そして、待ちに待ったガチャを引く時、高い昂揚感を感じることができます。多くはそれで沼の底へ沈んでいくので、自制を大切にしながら楽しみましょう

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方
・「リセマラの最新情報
・「最強パーティのランキング
・「サブの最強ランキング
・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ 究極進化ペルセポネ、その用途を考える

新西洋神シリーズは究極進化に2タイプ分岐されています。そのどちらの分岐も今では一定の需要があり、シリーズ通してダブル攻撃態勢と強力なスキルをもっています。

一時期、ペルセポネは火ペルセポネ究極しか実装されていない時期があり、そのころ闇パでは列パが猛威をふるっていたので、覚醒に列がない火ペルセポネはダブル攻撃態勢で列パにマッチするはずなのに総合的な火力の問題でパーティ候補から外されるといった時もありました。

その後の分岐進化の木ペルセポネが覚醒をガラッと変更し闇属性強化3つ持ちとなって列パに覚醒もスキルもマッチする非常に強力なキャラになりました。

これは現在でも強力な闇サブ要員で、普及している列パであるパンドラやルシファーなどでサブによく起用されていますので使用率も高めなキャラです。

木ペルセポネがあまりに列パ用性能になっているため、また究極進化の火ペルセポネの影が途端に薄くなってしまいます。

それもそのはずで、サブ運用で多く使われるペルセポネにとってリーダースキルはあまり意味をなさないため、リーダースキル強化型究極進化の火ペルセポネはほぼ究極前ペルセポネと変わらないということになってしまっていたからです。

こういった理由で新西洋神シリーズのリーダースキル強化型は軒並み使用率低下していたために、強力な上方修正が入りました。それは封印耐性とキラー覚醒の付与です。

ペルセポネに関して言えば、入れたい闇パーティで微妙に封印耐性が少なく、封印耐性持ちが重宝されるということと、神キラーで神タイプに3倍攻撃は単体高火力要員になれます。

回復ドロップ強化や2体攻撃もあるので、現状の闇パでは列パには木ペルセポネに席を譲ることになりますが、ヨミドラのような強化ドロップ含む5個消し系のリーダースキルにかみ合う性能になれました。

このタイプは変換することが多く、闇に強化ドロップ必須なので、回復ドロップ強化は使ってみると非常に有り難い便利覚醒になっています。

また、闇のコンボパでも木より火究極の方が優位でしょう。ただし、問題は今強い闇のコンボパのリーダーが揃っていないということ。オオクニヌシなどが現状についていけるように強化されると一気にサブ需要が高まるでしょう。

こうして用途は違えどペルセポネの究極進化は2タイプどちらも需要有る存在になりました。

基本的にペルセポネのスキルは高火力が必要な場面で、ダンジョン中に1回か多くても2回使えたらいいくらいの必殺スキルとして使います。今後も火力アップ用ドロップ供給要員としてキャラが死ににくいので、育成しても損をする様なことはないでしょう。

サブ要因ペルセポネを活かしてくれるリーダーとは?

新西洋神シリーズのペルセポネはスキルがダブル攻撃態勢で実装初期から火力をだす際に重要視されてきました。特に新西洋神の闇光枠はリーダーというよりはサブとして重要です。

なにより闇ドロップを大量に変換してくれるのでサブにいるとボスワンパン要員のスキル採用がされます。

しかし、逆に大量の闇ドロップを作りすぎてしまって、リーダースキルが発動し難い状況にもっていってしまう場合もあるので、リーダーをどれにするかはけっこう選びます。

多色パにはもちろんですが、不向きです。ただ、火水木闇の4色だけで運用できるならありですが、指定4色ならまだしも、回復込み5色中4色などのスキルで闇を光回復を削ってまで変換するリスクは非常に高くなるのでオススメはできません。

同時に闇ばかりにしてしまうのでコンボパにも不向きです。適しているのは列パやドロ強パですね。

まず列パはたくさん闇ドロップがあるほうが便利なので重宝しますし、木ペルセポネが覚醒に闇属性強化を3つも持っているのでパーティの火力底上げもしれくれます。

その列パは覚醒パンドラや覚醒神魔王ルシファー、闇メタトロンあたりがリーダーにいいですね。パンドラやルシファーパでは回復も変換で消してしまうので回復必須の場面では使わないように注意。その点、闇メタパは回復しない方が嬉しいので、正にぴったりな感じです。

次にドロ強パですが、こっちでは木ペルセポネよりも火ペルセポネのほうが適正あります。火ペルセポネには回復ドロップ強化覚醒がついており、変換後の闇ドロップに強化がつけやすい点とキラー覚醒で単体高火力が馴染みます。

リーダー候補は、筆頭にヨミドラ、覚醒ツクヨミ、カストルにハマルあたりですね。やはりドロ強パといればヨミドラで、ヨミドラのスキルで回復を4個生成してくれるので合わせて使うとより闇ドロップを供給できるので便利です。

ドロ強パは他のパーティとは違い、無理してコンボを決めなくてもよく、むしろドロップを固めて一気に消した方が火力が出たりもします。このあたりは計算と状況次第ですが。

そのおかげでペルセポネの大量供給も死なずにすむ点でマッチしていると言えます。木ペルセポネは列で、火ペルセポネはドロ強でと綺麗に使いたい方に分けられているのでより幅広いプレイヤに使いやすくなっていますね。

各々のベストは列で闇メタ、ドロ強でヨミドラというリーダーになりますが、言ってしまえば回復を必要としないリーダースキルになら全部に捻じ込むこともできますから本当によく使えるキャラだと思います。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方
・「リセマラの最新情報
・「最強パーティのランキング
・「サブの最強ランキング
・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ ペルセポネの評価がまたあがった?

新西洋神の闇枠ペルセポネは元々高評価なほうに位置するキャラで、実装から現在まで需要が無くなることはなく、ガチャから当たると喜ばれるキャラですね。そのペルセポネがまた評価をあげています。

それは神キラーという強覚醒が付いたことが理由です。

通称火ペルセポネのほうに追加された上方修正なのですが、これで例えばゴッドラッシュなどの高難易度ダンジョンの神タイプの敵や新神降臨キャラなどで対して、ペルセポネ自身の攻撃力が3倍になり、一気に攻略や簡易化されました。

今まで専ら木ペルセポネが使われていて、覚醒パンドラのサブなどによくはいっていましたが、その評価に変化が起こり、火ペルセポネを使用する人も増えてきています。

用途が違うので2体いればいいのですが、そうもいかない人も多いので、手持ちの闇リーダーで何を使って行こうと考えているかで選びましょう。

今評価が上がっている火ペルセポネはキラー以外に回復ドロップ強化を2つもっていることも特徴です。これはどちらかと言うと回復のためと言うよりは、ペルセポネのスキルダブル攻撃態勢を使用した後の闇ドロップに強化をつけるために存在しているという感じです。

こういった影響もあってヨミドラの様な強化ドロップ5個消し系の強化ドロップが必要になるリーダーにも使えるようになってきたのです。

よくあるのが変換後のドロップに強化が無くてスキル発動ができないという問題に対してかなりの改善策を用意してくれているのが火ペルセポネです。

ヨミドラは使用者も多いので評価も上がりやすいということでしょう。更に、ペルセポネの評価はまた上がるだけでなく、まだ上がりそうとも言えます。

それは期待に期待がされている、覚醒究極進化が順番的にそろそろ実装されるからです。

2016年からヘルメスやアルテミス、アポロンと覚醒究極が実装され、概ね高評価ですが、かなり使い心地が変化しているために残っているペルセポネの進化はどうなるのかという期待と懸念で今かなり注目されています。

大方の予想では、他の新西洋神シリーズの傾向からして適応パーティが変わるであろうと見られていて、現行で列やドロ強によっているために変わるとなればコンボパ要員になるのだろうと言われています。そうなると覚醒は火ペルセポネよりになるのかもしれませんね。

もちろん残念覚醒で評価が下がる可能性もありますが、ダブル攻撃態勢系スキルは本当に優秀で殺しにくいので、まだこれからも評価が上がりそうなキャラクターになります。

【パズドラ】第15回チャレンジダンジョンLv10 【覚醒レイランPT】

 覚醒進化したレイランをリーダーにしたパーティーで高難易度のチャレンジダンジョンLV10に挑戦している動画です。サブにも2体レイランを入れて何度も3色陣を使えるパーティーになっています。最初の鬼門である究極ヘラの先制攻撃はマミヤの闇属性ダメージ軽減の覚醒スキルでHPを残し、2フロア目のベルゼブブの毒ドロップ全変換はレイランのスキルで対応しています。3フロア目以降の敵は(HPを50%以上削った場合も含みますが)レイランのリーダースキルで軽減できる火・木・光属性なので、敵から与えられるダメージは低めに抑えられた状態です。3色陣で倒しきれなくても敵の攻撃を受けられるため、余裕のある攻略ができます。また、最終フロアのヘラウルズで曹操のスキルをもう一度使えるようになっているため、スキルターン短縮評価も十分役立っていると評価できるでしょう。最後はレイランのスキルを1つ温存した状態でクリアしているので、サブのレイランを違うモンスターに変えても攻略が可能なはずです。

パズドラの攻略ページへ

【パズドラ】ゼローグ∞ 降臨!【特殊】絶地獄級 覚醒レイランpt ノーコン

 モンスターがレベル1の状態からスタートする特殊なダンジョン、ゼローグ∞ 降臨!絶地獄級 を覚醒進化したレイランパーティーで攻略している動画です。道中のレベルアップのしやすさはコストに応じて変わるので、レアリティの高いモンスターの採用は不利になりがちですが問題なくクリアできています。レイランのスキルを連打するのではなく、火力を出したいときに適宜使っていく形ですね。そのため、スキルターン短縮効果があまり活用できているとは言えません。しかし、リーダースキルの属性軽減効果の方は、4フロア目の碧の海賊龍・キャプテンキッド、5フロア目の風林火山龍・シンゲンと戦う際にかなり有効に働いており、不要ドロップを消す余裕を生んでいます。4フロア目と5フロア目の敵モンスターは5属性の中からランダム出現なので常に軽減ができるわけではありませんが、60%の確率で有効と考えると悪くありません。また、道中のパズルも火属性ドロップを列を組んで消す場面が多く、追加された火属性攻撃強化の覚醒スキルが活きています。

パズドラの攻略ページへ

【パズドラ】レイランシステム(?)でドラゴンラッシュ【イルムPT】

 サブに4体の覚醒進化レイランを入れたイルムパーティーでドラゴンラッシュを攻略している動画です。イルムのリーダースキルは火属性2コンボ光属性2コンボでフレンドと合わせて36倍という高い火力を誇りますが、その発動に必要なドロップをレイランのスキルで確保しています。ドロップの偏りがあるので、必ず火属性2コンボ光属性2コンボが作れるわけではありませんが、動画を見る限りかなり安定していますね。また、スキルターン短縮効果によって最初に使ったレイランのスキルをもう一度使っている点にも注目です。1フロア目は落ちコンで36倍となっていますが、2体目以降のレイランもスキルの再利用ができることを考えると落ちコン抜きでも十分クリアできるはずです。属性的に不利な水のドラゴン以外はエンハンスなしでも一撃で倒している点も見逃せません。ゴッドフェス限定のイルムとレイラン4体が必要なので、なかなか再現できないパーティーではありますが、レイランのスキルターン短縮効果を評価を高める動画と言えるのではないでしょうか。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社