QムービーTOP > 映画 > 暗殺教室 > 映画版暗殺教室

暗殺教室の実写をチェック。アニメを知らなくても楽しめる映画なのか

 週刊少年ジャンプの連載から人気があり過ぎて話題の暗殺教室。これが実写化され更に話題になっている。テレビCMでも流れていた予告編での黄色い丸の笑顔の生物を観た方はユニークなマンガなのだと思うかもしれない。ところが映画のタイトル『暗殺教室』とのギャップに違和感を覚えることだろう。黄色い丸の生物こそ暗殺教室の主人公である先生なのだが、正体は謎のタコ型超生物。しかも火星を破壊してきたその後は地球を来年の3月に破壊をするという。通称『殺せんせー』なのだが、この殺せんせーとはマッハ20という高速で飛び回ることが出来る特殊能力を持つ。これを暗殺し地球を守るために生徒達は仲間同士で成長し合い、また殺せんせーに立ち向かいながらも多くのことを学ぶことになりそうだ。コミカルなキャラクターとのやりとりの中にも熱い大事なメッセージが込められている作品だ。一緒に過ごすうちにだんだん分かってくる、殺せんせーが地球にやってきた本当の理由というのは・・・

早くも実写化!映画:暗殺教室 Movie Teaser (1:32 ver.)

 実写版となる映画暗殺教室の公式予告編を見るとなかなか関心を引かれる。物語の中心となる暗殺教室に移る生徒達というのは、進学校の中でも授業についていくことが出来なかった落ちこぼれの中学生達、通称『エンドのE組』と呼ばれている。そのクラスにやってきたのが「月を破壊した犯人です」と衝撃告白をする黄色のタコ型生物。なんとエンドのE組を受け持つ先生になるらしい。しかもこのタコ型生物を生徒全員で殺さなければならないらしい。生徒全員銃を持ち射撃するが最高速度マッハ20というスピードで移動をするタコ型生物には当たるはずもない。殺したくても殺せないことから生徒の一人が「殺せんせー」という愛称をつける。殺せんせーの大好物は大きなおっぱい。また生徒たちに子どもじみた挑発をする器の小ささも特徴的だ。だが一緒に過ごすうちに地球に本当にやってきた殺せんせーの本当の意味を知ることになる・・・

トップページへ

【実写版】映画「暗殺教室」 (3/21公開)3年E組キャストインタビュー映像vol.6

 実写版の映画、暗殺教室3年E組に出演しているキャストへの収録のことなどをインタビューしている模様。神崎有希子役を演じているのは優希美青ちゃん。撮影のエピソードを聞いてみた。大変だったところというより楽しかったことがあり、ワイヤーのシーンがあったこと。ただ立っているのにピュイーンと飛ばされる感覚が空を飛んでいるように感じられたことだそうだ。注目のポイントを聞いてみると、「優希美青はおしとやかな笑顔が特徴」と書いてあったのを見て、おしとやかな笑顔を練習したことで、それを注目してみて欲しい、とのこと。続いて村松拓哉役の高尾勇次くん。友達ありきでの村松拓哉だったのだが、ナイフとジョウロを向けられてのインタビュー。続いて岡野ひなた役の高橋紗妃ちゃん。実際の学生や学校を使っての現場はリアルのようだった。最後は矢田桃花役の佐藤ありさちゃん。二人ワンセットでいられるのが楽しい。しっかりと暗殺したいと語っていた。

トップページへ

実写《暗殺教室》爆笑NG集 - 2015第23回富士加油大賞

 テレビ番組『がんばった大賞』が独占する暗殺教室のNGシーンまとめ集より。殺せんせーを紹介する副担任役の椎名桔平さんと殺せんせーのセリフでの一幕。なんと撮影の裏側も見ることが出来た。殺せんせーの顔は実は合成。実際には黄色に四角い点々がついたボールになっていた。長いセリフの中で椎名桔平さんがセリフを噛んでしまうというNGシーン。続いて金髪美女のイリーナ先生は知英(ジヨン)さん。アクションシーンでガトリングガンの様な物をぶっ放すシーンなのだが、床に落ちた布で滑ってしまうというNG。最後は本編ではイリーナ先生が殺せんせーにキレて物を投げつけるシーンの実際の撮影現場の映像。CGを使っているため実際には合成のための緑の布の前で殺せんせーに扮する人がマッハ20を装い激しく体を動かすシーン。やっぱりCG前の現場というのは滑稽な絵面になっているという裏側がある。NGシーンなどでタレントの素の部分を見てしまうと一気に愛着が沸くのが面白い。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社