QムービーTOP > アニメ > エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオンの主人公、シンジについて知ろう!

 一斉を風靡したエヴァンゲリオン、その主人公が碇シンジである。彼は14歳で、数年ぶりに再会した父から命令されるがままにエヴァンゲリオン初号機に乗り込む。エヴァンゲリオンとは地球に訪れる使徒を殲滅するために作られた機械とされており、そこには14歳の子どもしか乗ることができないのだ。エヴァンゲリオンは、この碇シンジの成長物語であり、シンジがエヴァンエリオンとそれを作成したNERVの人々、同じくエヴァンゲリオンに乗り込む運命の子どもたちとの交流によって大人になっていく様が描かれている。シンジは母を幼い頃になくし、父からは見放されたと思い込んで育ったためか一見、おとなしく優柔不断な少年に見える。しかし、エヴァンゲリオンにも最終的には自分の意思で乗ることを決断し、ピンチにはそれを切り抜けるだけの勇気を見せることもある。世界のピンチにエヴァンゲリオンに乗ったシンジはどんな決断を下すのか…

碇シンジの歴史 エヴァンゲリオンの歴史第2話

 ゆっくりさんの声でエヴァンゲリオンの歴史について語る動画。シリーズになっていて、この動画では碇シンジの歴史について語っている。まずは、幼少期について、幼い頃に両親から離されたために親の愛情が足りずに性格が暗くなっていったことが紹介される。その後、父親に会いに行くシーン、父の仕事、NERVについても語られ、シンジの不幸体質について特に強調されている。そしエヴァンゲリオンとの出会い、仲間、友達、人との交流を通して、彼が成長して笑顔が増えていくことが紹介される。後半では、せっかくできた友達に起きる不幸、エヴァンゲリオンに乗ることの恐怖、父との確執などがシンジの心を再び暗くさせていくことを説明する。シンジは最後にはカオルくんと出会い、最後にはとんでもない結果が待っている、果たしてどのように紹介されているのか…

トップページへ

【海外の反応】エヴァンゲリオンの碇シンジは海外では不評!?

 エヴァンゲリオンは日本国内だけでなく、海外でも人気のアニメだ。そのエヴァンゲリオンを見たことのある海外の人々が、碇シンジについてどう思うのかスレッドを紹介している動画になっている。スレッドのテーマが、「エヴァンゲリオンの碇シンジって嫌い?」で、単刀直入に好きかどうか問いかけている。嫌いだという意見が多く、その理由は優柔不断で弱々しい彼のキャラクターであるようだ。中には早いうちに病院に行ったほうがいいという意見もある。彼の年齢を考えると仕方がない、弱いわけではなく人との付き合い方を知らないだけだ、などの擁護する意見もあるが、少数のようだ。中にはドラえもんののび太と比べている意見もある。圧倒的にシンジに対しては嫌いだという意見が多いようだ。イライラするという人もいるが、なぜそれほどまでに嫌われているのだろうか…

トップページへ

石田彰&緒方恵美 とっても便利なエヴァンゲリオン名セリフ!碇シンジ&渚カオルふたたび!

 エヴァンゲリオンの碇シンジ役を演じた声優さん、緒方恵美さんと渚カオル役を演じた石田彰さんが語り合っている様子を動画にしている。音声のみで動画自体はトークのテーマは質問されたもので、「アニメで使用したセリフを日常生活で使うことはあるのか」というもの。二人は日常であまりセリフを使う機会はないとしながらも、収録しているスタジオの中では声優や監督同士で、その日に使ったセリフや有名な自分のキャラのセリフをネタとして使うことはあるという。エヴェンゲリオンの中で現場を共に過ごしてきただけあってか息のあった会話が繰り広げられており、仲の良さがわかる動画になっている。石田彰さんは渚カオルのセリフを使うことはあまりないようだが、緒方恵美さんはある有名な碇シンジのセリフをたまに使うという、さてそのセリフとは一体…

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社