QムービーTOP > 映画 > ハリーポッター

【あらすじ】ハリーポッターとアズガバンの囚人

 13歳になったハリーポッターは再びダーズリー家で暮らすことになった。そこに親戚のマージが訪ねてくる。それがきっかけでハリーは1人で家を飛び出すことになる。そこで迷子の魔法使いを乗せるナイトバスがハリーをホグワーツまで連れて行った。学校につくと殺人鬼シリウスブラックの話題で持ち切りになっていた。なんとその男は例のあの人のしもべでハリーを狙ってアズカバンという牢獄から脱獄したという。ホグワーツにはシリウスブラックを探すためにディメンターという死神が宙を舞う。今作ではいよいよハリーの両親の死の謎が解き明かされる。シリウスブラックとディメンターという2つの凶悪な敵を前にハリーはどうやって乗り越えていくのか。その先には思いもよらぬ真実が待ち受けているのだ。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 予告編【あらすじ】

 アズカバン、シリウスブラック、ディメンター 新学期が始まりハリーたちはホグワーツでいつも通りの生活を送るつもりでいた。しかし行きがけの列車の中でハリーがディメンターに襲われる。ディメンターとはシリウスブラックという脱獄囚をとらえるためにダンブルドアが送り込んだ死神である。ディメンターは人の記憶を吸い取る能力があり、ハリーのつらい過去の記憶が大好物なのである。ハリーはディメンターに対抗するために守護霊を出すことのできる呪文「エクスペクトパトローナム」を教授のルーピンから教わる。真似妖怪のボガートはその人の最も恐れているものに変身する妖怪である。ネビルの前ではボガートはスネイプ先生になりみんなは大爆笑。ネビルはスネイプ先生をある人に変える。

トップページへ

ハリーポッター アズカバンの囚人 冒頭5分「あらすじ」

 ハリーポッター、マージ、風船「ハリーポッターとアズカバンの囚人」の冒頭部分である。まず最初はハリーが自分の部屋で何か書物を読んでいる。暗闇の中で杖で明かりを灯しながら、ときどき叔父のバーノンが二階に上がってくると辞めて寝たふりをするというのを繰り返している。ホグワーツでは学校の外で魔法を使うことを禁止している。ある日親戚のマージが家を訪ねてくる。ハリーはマージに両親のことを散々バカにされ、ついに怒りのあまり魔法を使ってしまう。なんと叔母が風船のように膨らんでしまったのである。指から徐々に膨らんでいきついには体全体が大きな風船のように膨らみ宙に浮いた。

トップページへ

ハリーポッターとアズカバンの囚人 呪文集(あらすじ)

 アズカバン、呪文、エクスペクトパトローナム今作も様々な呪文が出てくる。その中で物語の核になり、印象的な呪文は「エクスペクトパトローナム」である。この呪文はディメンターなどを追い払うために使い、自らの守護霊を呼び出すという呪文である。守護霊は人によって異なり、ハリーの場合は牡鹿になる。それを使いハリーはとんでもない数のディメンターを相手にする。その他の呪文としてはモノや人を変身させることができる「リディキュラス」という呪文である。これを使いネビルはスネイプ先生を自分の祖母のように変身させてしまった。またルーピン先生は苦手な月を風船に変えた。その他にもハリーポッターシリーズでは何回も使われる「エクスペリアームス」という相手の杖をとる呪文が今作でも登場する。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社