QムービーTOP > 映画 > ハリーポッター

ハリーポッターと本にまつわる動画集

 オリジナルの映画もあれば、原作に基づいた映画もあります。ドラマもドキュメンタリーも、どちらも、世界各国で制作されています。ハリーポッターの場合、ご承知のように原作があります。スコットランド出身の女流作家が手がけたもので、きっかけは自分の子供に読み聞かせる物語を作ったことのようです。これもまた、興味深いエピソードでしょう。ともあれ、原作に基づいたハリーポッターであり、日本でも翻訳本が全国の書店で購入できます。大人気作品とはいえ、すべての作品を読んだ人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか?しかも、原文となると、かなり数が少なくなるかもしれません。しかし、ハリーポッターは、原作本を知らなくても、映画で十分堪能できます。そうはいっても、できるだけ、原作本に触れておくことも重要でしょう。ここでは、そんな原作本に関する動画を集めています。また、エピソードの中の本との関わりもあります。果たして、どのようにお思いになるでしょうか.....。

ハリーポッターと不死鳥の騎士団は原作本では、どの章が削除されていますか?

 削除、原作、ハリーポッター 原作を映像化するには、限界があります。映画の場合、視覚でしか訴えられないため、人物の気持ちを表現するのが、非常に難しくなります。また、時間が限られるため、原作を忠実に再現することは、ほぼ不可能とも言えます。これは、ハリーポッターにも当てはまることです。仮に原作本を読み、その後、映画のハリーポッターを見たのであれば、違いを理解するかもしれません。ある部分が抜けていたり、あるいは、追加されていることもあります。この動画では、ハリーポッターの「不死鳥の騎士団」について、映画で削除された部分を表現しています。もっとも、映像としては、非常にシンプルであり、ただ単に文字を読んでいるだけ、と感じる人もいるかもしれません。しかし、そうであるからこそ、きちんと削除部分を説明したい、という作成者の意図が伝わるかもしれません。むしろ、シンプルであるからこそ、伝わるものがはっきりする場合もあります。

トップページへ

ハリーに噛み付いてきた本2014/7/17 USJ Harry Potter ハリーポッター

 エピソード、本、ハリーポッターどんな作品にも、印象深い場面というものがあるでしょう。いつまでも心に残り、子供の頃に経験したのであれば、なお、忘れられないということもあります。ハリーポッターの中でも、おそらくそういうものがあると思います。この動画の作成者も、そういうことが動機で、公開したのかもしれません。作品の中では、ハリーに噛み付いてくる本があります。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでパリ-ポッターのパビリオンがありますが、そこに噛み付いた本が展示されています。おそらくサイズは、作品の中で描かれたものと同じでしょう。しかも、動かすことができ、時折噛み付くように、本が開きます。この動画の中では、その場面を映し出しています。しかも、多くの人が訪れているようで、展示内がどういう雰囲気であるのかがわかります。実際、映像がぶれたりし、見づらく感じる人もいるかもしれません。しかし、そうであるからこそ、臨場感があると言えるでしょう。

トップページへ

ハリーポッターと死の秘宝 本紹介 上・下

 紹介、本、ハリーポッター映像は、視覚的効果が高いため、余計な演出をしなくても、見ている側に感じるものが出て来ます。かつてのサイレント映画は、そういう効果が強かったかもしれません。少し大袈裟かもしれませんが、この動画にはそういうことが共通することがあるようです。もっとも、サイレントのように音がまったくない訳ではなく、作成者が選んだバックグラウンドミュージックが流れます。しかし、「ハリーポッターと死の秘宝」の原作本を写しだし、どういう体裁をしているのかが分かります。水色系統の表紙で、子供向け用に出版されたものです。ハリーポッターの原作本、といえば、この形になるでしょう。もっとも、洋書の場合、日本版よりも小さいサイズであり、いわば、日本向けハリーポッターの原作本と言えます。また、本に付随していたであろうチラシなども映し出し、中身の紹介というよりは、本自体の紹介とも言えます。買いたい人にとっては、本屋などで見つける際に、参考になる動画かもしれません。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社