QムービーTOP > 動画 > アンパンマン

バラエティ豊かなアンパンマンのままごとおもちゃたち

 幼児にとってままごと遊びのような「ごっこ遊び」は成長過程において欠かせない遊びだと言えるだろう。「ごっこ遊び」はその名のとおり「何か」になりきって遊ぶものなので、なりきる「何か」をよく観察してそれを記憶し、遊びの中でそれを思い出して再現していく力が必要だ。
 また「ごっこ遊び」は一人でするものもあるが、たいていは自分以外の誰かと一緒に遊ぶものなので、友達であったりパパママであったり兄弟姉妹であったりのと「自分以外の他者」との関係を築き上げるというトレーニングにもなっていく。至ってシンプルに見える「ままごと遊び」にもそうした要素がきちんと盛り込まれているので、幼児の成長の大事なステップとしてパパママとしてはぜひ経験させたいものだが、そうしたニーズにあわせてさまざまなアンパンマンのままごとグッズが販売されている。あなたの気になるままごとグッズはどれだろうか・・。

アンパンマン おもちゃ ままごとトントンシリーズ Anpanman Toys Play house

・アンパンマン
・ままごとトントン
・おもちゃ

 アンパンマンの知育玩具のままごとおもちゃのうち、とても人気のある「ままごとトントン」シリーズのコレクションを紹介した動画。このシリーズは次々新作が販売されている一方で初期のものはネットオークションでのプレミアがつくほどだ。
 その人気の秘密は小さい子供でも手に持って遊びやすい一方で、食べまねなどのときに誤って飲み込んだりすることのないように小さすぎることもない程いい大きさや、幼児にも識別しやすいはっきりとした色使い、アンパンマンの中からあんこを取り出したり、カレーパンマンからはカレー、しょくぱんまんからはバターを取り出したりはめたりすることができる工夫など、幼児を飽きさせないさまざまなしかけがされていることなどだろう。動画のようにこれだけコレクションが並ぶと壮観で大人でもつい手に取りたくなる気持ちがよくわかる。

トップページへ

アンパンマン ままごとおもちゃ はじめてのふわふわキッチン

・アンパンマン
・ままごと
・布製

 バンダイから発売されている「BabyLabo アンパンマン はじめてのふわふわキッチン」の紹介動画。こちらは対象年齢が1歳以上となっているように、ままごとなどの「ごっこ遊び」に初めて興味を持ち始めた幼児向けのもので、遊びの中で幼児がうっかり口にしても安全なように布で出来ているので、なめたり噛んだりしても安心で、汚れたら洗濯も可能でいつも清潔に扱うことができて衛生的だ。
 片手だけではなく両手でモノを持ったり、開けたり、折ったり、つなげたりするという遊びの一連の動きの中で手指の発達や、色や形からモノを認識するという力がつくようになる。こうしたおもちゃを通じて幼児のそうした身体的な能力や、認知能力の発達をうながすためにも、きちんとしたままごとおもちゃを与えるようにしたい。

トップページへ

アンパンマン お弁当セット ランチタイムだよ!ままごとおもちゃ

・アンパンマン
・ジョイパレット
・お弁当セット

 現在も発売中の「ランチタイムだよ♪アンパンマンお弁当セット」を対象年齢にあたる子供たちが実際に手にとって遊んでみている動画。いわゆる「ままごと遊び」の延長として、お弁当づくりを疑似体験できる。保育園や幼稚園でお弁当を持参している幼児も多いので、ママが作っている様子を真似することに興味をおぼえるタイミングでこうしたおもちゃを与えてあげると、より楽しく遊ぶことができるだろう。
 2段になっているお弁当箱の中にきちんとおかずやおにぎりなどをレイアウトを考えながら詰めていくのは空間認知能力や想像力などを培うことに役立つことが期待され、動画の二人のように「誰かに作ってあげる」というような真似ごとの中で「自分以外の他者への思いやり」などを持つような作用もあるので、遊びの中で楽しみながらのびのび自然に能力を伸ばしていける「ままごとおもちゃ」の重要性は大人の想像より高いと言えるだろう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社