QムービーTOP > 映画 > スターウォーズ

【スターウォーズ】ヨーダの強さを検証する

ジェダイの歴史の中でも指折りの強さのジェダイ・マスター、ヨーダ。銀河で唯一のグランド・マスターの称号を持つ。皆からの尊敬、信頼もあり親しみと威厳がある。

ジェダイでの歴史が長くたくさんのパダワン(弟子)を育てジェダイ・マスターにしてきた。緑色の肌に深いシワ、身長は66cmと身体は小さく見た目は老体で、日頃は杖をついて歩く姿はとても弱そうだ。

そこから強い姿は想像できない。だが、いざ戦いとなると縦横無尽に動き回り相手をスピードで圧倒してしまう。ライトセーバーの腕とフォースの強さがその戦い方を支える。

その強さはエピソード2のvsドゥーク伯爵、エピソード3のvsクローン兵、vsダース・シディアスで確認できる。その強さは同世代のジェダイを圧倒するものであり、比較するなら過去の歴史に遡らなければいけない。そのヨーダがなぜエピソード5では・・・

スターウォーズの影の主人公 ヨーダとは?

01493-star_wars_thumbnail

ジェダイの歴史の中でも指折りの強さのジェダイ・マスター、ヨーダ。銀河で唯一のグランド・マスターの称号を持つ。

皆からの尊敬、信頼もあり親しみと威厳がある。ジェダイでの歴史が長くたくさんのパダワン(弟子)を育てジェダイ・マスターにしてきた。緑色の肌に深いシワ、身長は66cmと身体は小さく見た目は老体で、日頃は杖をついて歩く姿はとても弱そうだ。

そこから強い姿は想像できない。だが、いざ戦いとなると縦横無尽に動き回り相手をスピードで圧倒してしまう。ライトセーバーの腕とフォースの強さがその戦い方を支える。

ヨーダ画像1

そもそもヨーダって何者?

実は、ヨーダの設定は製作者ルーカス本人も、公式にも謎を貫くためにうやむやにしていると言われています。

ヨーダは長寿種族のメンバーであり、フォースと深く調和していたヨーダは、フォースセンシティブの子供、ヤングリングとしてジェダイオーダーに参加しました。ちなみに100歳になった頃にジェダイマスターとなり、その後ジェダイの育成に力を注いだといわれています。

いろいろと謎が多いキャラクターだからこそ、神格化されて、スターウォーズの一つの象徴ともなったといえます。

ヨーダ画像2

年齢や身長、若い頃のヨーダはどうだったのでしょうか?

ヨーダ画像3

ヨーダの生まれは、銀河標準歴で紀元前896年に生まれ、4年に亡くなりました。エンドアの戦いの直前、900歳という年齢で亡くなったということですが、900年という長い歴史の中で大部分が謎のままです。

若い頃、といっても若いころは何歳なのかという問題はありますが、、フォースと深く協和していたヨーダですが、何歳でジェダイに入ったかは知られていません。100歳でジェダイオーダーとなったと考えると、だいぶゆったりと修行を積まれていたように思えます。

ちなみに若い頃、初代のライトセーバーを組み立てたのもヨーダです。ヨーダの身長、体重は0.66メートル、体重は13キログラムです。

ヨーダの名言・セリフを集めてみました

ヨーダ画像4

「死は人生の理じゃ。身近な者がフォースと一体となることを喜ぶのだ」

共和国の落ち日、戦争の終結時の際の名言です。長者の理というものでしょうか。死とフォースが一体であることで、恐れず暗黒面との闘いに打ち勝つための名言です。

ヨーダ画像5

「さてどうかのう。そう決めつけるのはまだ早い! おぬしの支配こそはかない命。それでも長すぎたくらいじゃ」

ダースシディアスとの対峙の際に、シディアスが「この時が来るのをどんなに待ち望んだか、我が小さき緑色の友よ。ついにジェダイは死に絶える」というと、ヨーダの返しとしての名言です。

ヨーダ画像6

ほかにも名言がたくさんあります。

「覚えたことをすべて忘れるのも大切」

「どの視点にたつかにより真実が多くある」

「暗黒面では、自身を見いだし、多くの知識が正しい道へと導く」

「童心は、本当に素晴らしく、多くの障害を取り払う」

ヨーダはヘタレで無能ってホント?

ヨーダ画像7

ヨーダのファンからしてみたら、そんなわけない!って思うかもしれません。でも実際、人がジェダイになり、ジェダイマスターになるまで本来10年〜20年という時間ですが、ヨーダはそれを100年近くかけています。

この時点で、ただ長く生きる長寿種族だからジェダイの中で重要な役割となったわけで、果たして強いのかという疑問があります。

ヨーダ画像8

ただし、知識や経験という意味では900年も長く生き抜いたところからジェダイでは過去最高レベルです。ほんとうの意味での強さとは何なのか、戦闘だけではないということでしょうか。

それにしてもシスにおいても色々後手後手に回ってジェダイが滅ぼされたりしているのを見ると…、やや無能ではないかとも思ってしまいます。ただ、それほど敵が強大だったというのもいえるでしょう。

ヨーダ画像9

戦いにおいての強さは、映像を見て判断したほうがいいでしょう。彼の強さはエピソード2のvsドゥーク伯爵、エピソード3のvsクローン兵、vsダース・シディアスで確認できます。

その強さは同世代のジェダイを圧倒するものであり、比較するなら過去の歴史に遡らなければいけない。そのヨーダがなぜエピソード5では・・・

【スターウォーズ】ヨーダ、かつての弟子との戦い

・前座
・真打ち
・エピソード2

 アナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービは、敵の黒幕ともくされるドゥーク伯爵をおいつめた。だが、若さゆえ突っ走るアナキンはあっけなく飛ばされ、ケノービとドゥークの一騎討ちとなった。が、ケノービまでもやられそうになった時、間一髪でアナキンが起き上がり難を逃れた。が、それも束の間、アナキンは片腕をやられ二人とも絶体絶命の時、入り口から杖の音がこだまする。ヨーダである。ドゥークは元々ヨーダのパダワン(弟子)。その間柄の2人が一言会話を交えたあと、ドゥークのフォースでの攻撃が繰り出される。それを難なくかわすヨーダ。
 ただ、ドゥークからダークサイドのフォースを感じとる。ドゥークはダークサイドのフォースでかつての師ヨーダより強くなったと語り、ヨーダはフォースでの攻撃を難なくかわしながら、まだまだと応える。フォースでの戦いでは決着がつかないとみるやドゥークはライトセーバーに手をかける。ヨーダも数十年ぶりにライトセーバーを手にとると、奇声と共に見た目からは想像もつかない動きをスピードで戦い始める。圧倒的な強さをさっきまで誇っていたドゥークだったが、ヨーダとの戦いではそうもいかない。ここでドゥークは寝転がってる二人に物を落とす攻撃をする。ヨーダは二人を助けるがその隙にドゥークは逃げ出す。かつての弟子との決着は持ち越しとなった。

トップページへ

【スターウォーズ】ヨーダと他のジェダイとの違い

・オーダー66
・裏切り
・ヨーダの強さを再確認

 ある命令が下される。"オーダー66"。ジェダイの抹殺命令である。敵に向いていた銃口がジェダイ達に向けられる。この指令で数秒前まで背中を預け信頼していた味方兵士達から裏切られ撃たれていく。歴戦の猛者でもさすがに対応することは難しい。ジェダイの強さといえど絶対ではないことがわかる。対応できても10秒ほどが精一杯である。中には全く対応できない者もいる。次々とジェダイが各地で倒れて行く中、ヨーダはその異変を感じ心を痛める。
 ヨーダの近くの兵にも指令が届く。アイコンタクトを取り二人の兵士がヨーダの後ろに立つ。銃を構えようとした瞬間、緑の閃光が瞬き、二人の兵士は崩れ落ちる。ヨーダは他のジェダイとは違っていた。対応し難を逃れた。顔色を変えず何事もなかったかのようにヨーダは次の行動へと移る。この不測の事態への対応もヨーダの強さの一つかもしれない。

トップページへ

【スターウォーズ】ヨーダ、実力伯仲

・エピソード3 クライマックス
・正義と悪の最終決戦
・ヨーダの敗北

 エピソード3のクライマックスの一つ。"オーダー66"を乗り越えたヨーダは堂々と今回の元凶でありシスであるパルパティーンのいる部屋に入っていく。守衛が二人に入り口にいるがフォースの力で一瞬で倒す。空気を読んだお付きの人間が外に出てヨーダとパルパティーンの二人きりとなる。パルパティーンがヨーダの慢心がこの事態を招いたのだといいながらフォースでヨーダを飛ばす。話しながら、飛ばしたヨーダに近づいていくパルパティーン。起き上がるヨーダはパルパティーンをもと居た場所まで飛ばし返す。ヨーダは戦う構えを見せる。が、パルパティーンは出口に飛び、逃げ様とする。ヨーダがそれを防ぐと共に、ライトセーバーを構える。パルパティーンもライトセーバーを構える。ここに正vs悪の最終決戦の火蓋が切って落とされる。得意の縦横無尽の動きでヨーダは戦うが、それに対応するパルパティーン。舞台は部屋から議場に移る。パルパティーンを中心にヨーダが動き回る。スピードは互角だがパルパティーンには焦りの色が出る。
 パルパティーンが議場中腹部に移り地の利を得る。円形上の議席をフォースで投げてくる相手に、一旦ライトセーバーを納めるヨーダ。必死によけて投げて最後の一つをフォースで受け止めるヨーダ。パルパティーンは余裕の笑みをこぼす。が、受け止めて回転加えパルパティーンに投げ返す。パルパティーンは慌てて避け、ヨーダを見失う。その一瞬で追い詰めようとライトセーバーを構えながら飛んでくる。が、パルパティーンはシス特有の電撃「フォース・ライトニング」を使いライトセーバーを飛ばす。生身の手でヨーダはそれを受けとめるが、ヨーダは苦悶、パルパティーンは近寄りながら勝ち誇った笑み。ここでヨーダの目つきがかわり電撃を押し戻す。パルパティーンはヨーダの突然の力に驚き、また電撃は行き場を失い両者吹き飛ぶ。二人ともなんとか座席に捕まるもヨーダは分が悪く10数m下に落ちる。方やパルパティーンは落ちずに済んだ。ヨーダは負けを悟り逃げる。ここに正vs悪の決着がつく。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社