QムービーTOP > ゲーム > パズドラ

【パズドラ】孫悟空(英雄神)をリーダーにしたダンジョン攻略動画

 孫悟空は英雄神シリーズの光属性モンスターとして登場しました。ドラゴンボールガチャで出現する孫悟空と同じ名前なのでややこしいですが、属性が違うので見分けはつけやすいです。光属性ドロップをつなげるほど攻撃力が上がるリーダースキルを持っているので、ドロップ数さえ確保できれば手軽に高火力を出すことができます。闇属性の英雄神パンドラと比べると少し影が薄いのは事実ですが、きちんとパーティーを組めば遜色ない実力を発揮してくれます。
 今回は孫悟空(英雄神)をリーダーにしてダンジョンを攻略している動画を紹介します。スキルの使い方やパズルの組み方は英雄神シリーズで共通の部分が多いので、孫悟空を所持していなくても他の英雄神を持っているなら参考になるはずです。また、属性強化の覚醒スキルをたくさん積んで列を組んで攻撃するようなパーティーを使っている場合もダンジョン攻略のヒントが得られるのではないでしょうか……。

パズドラ【ディアゴルドス降臨!】超地獄級 孫悟空PT

・攻略
・ディアゴルドス降臨
・孫悟空

 ディアゴルドス降臨の超地獄級を孫悟空パーティーで攻略している動画です。リーダー・フレンド共に究極進化前の孫悟空で挑戦していますね。サブも含めた全モンスターが光属性ドロップを作り出すスキルを持っているパーティー編成です。最初のフロアからスキルを使って光属性ドロップを作り、列を中心にしたコンボで敵を撃破していっています。2フロア目のアクアシールドナイト・ブルーシードラ戦ではアクアシールドナイトの水属性ドロップへの変換攻撃を利用して、孫悟空のスキルで光属性ドロップを確保していたりもしますね。
 スキルを使って敵を撃破すると言ってもスキルためができる局面ではしっかりとスキルをためているため、ドロップ変換スキルが枯渇するという事態は起こっていません。そのおかげもあって、5フロア目と最終フロアではスーパーマンの陣と単色変換を組み合わせて光属性ドロップが多めの2色陣を作れています。エンハンスやドロップ強化のスキルを使わずにワンパン撃破できているので、孫悟空のリーダースキルの強さが光る攻略ではないでしょうか。

パズドラの攻略ページへ

【パズドラ】孫悟空PTでデビルフィッシュ集め!【求魂師】

・攻略
・解説
・孫悟空

 デビルチャレンジの求魂師の超地獄級を孫悟空パーティーで攻略している動画です。デビルチャレンジの求魂師はノーコンティニューという縛りがあることを除けば、メフィスト降臨と同じ内容なのでメフィスト降臨を周回しようという人も参考にできるでしょう。パーティーメンバーは陣やドロップ変換が使えるモンスターにバインド対策の光メタトロンを加えた形となっています。道中はスキルを使って光属性ドロップを作り出し、手軽なパズルで簡単に敵を撃破しています。
 周回する場合、パズルを考えるための時間が短縮できるのでかなり楽になるのではないでしょうか。5フロア目のサイクロンデビルドラゴン戦では先制攻撃で光属性モンスターが4ターンバインドされますが、バインドへの完全耐性を持った光メタトロンがいるので問題ありません。光メタトロンのスキルを使えば、素早くバインド状態から復帰することが可能です。6フロア目の闇ルシファーの先制毒変換もスーパーマンの陣で対応できます。ボスのメフィストも特に苦もなく撃破できていますね。

パズドラの攻略ページへ

パズドラ【極限ドラゴンラッシュ!】孫悟空PT!

・攻略
・極限ドラゴンラッシュ
・孫悟空

 超地獄級を上回る絶地獄級の難易度を誇る極限ドラゴンラッシュを孫悟空パーティーで攻略している動画です。前2つの動画と同様に陣やドロップ変換を使えるモンスターだけで構成されたパーティーとなっています。しかし、回復タイプのヴァルキリーや大喬小喬が採用されている上、プラス297が振られているのでパーティー全体の回復力はなかなかの数値です。この高い回復力が、盤面のドロップ状況を整えるためのターンを稼ぐことに貢献していますね。道中フロアの戦いでも、敵の攻撃を受けながら光属性ドロップを盤面に増やすことができています。
 最終フロアの黒天の真龍王・ゼローグ戦は4ターン光属性攻撃を吸収する光の龍鱗を連続で使われているため、倒すまでに長いターン数がかかっています。光を吸収するか闇を吸収するかはランダムなので天に運を任せるしかありませんが、闇属性攻撃吸収に切り替わった直後のターンでワンパン撃破しているので、平均ターンで考えるともっとスピーディーに攻略することができるでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社