QムービーTOP > アニメ > ガンダム

機動戦士ガンダム 漫画版ガンダム「ジ・オリジン」とは!?

 「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」は、2001年から2011年まで漫画として発表され、人気を博しました。ファーストガンダムとは世界観や人物設定など随所に変更がみられ、より洗練された内容となって帰ってきました。漫画自体はすでに連載を終え、4年が経ちましたが、その間ずっと映像化の声高くようやく実現し、今年からはアニメ映画が順次上映されており、11月までは第2話が上映されていました。
 漫画版から通算してすでに15年。映画が完結し、その後も様々な媒体で商品が展開されていくことでしょう。すると1タイトルで四半世紀近くもガンダムファンの心を掴んでしまうわけです。そう考えるとガンダムとはすごい力を持つものだと実感できますね。今回は、そんなガンダム ジ・オリジンに関する動画をご紹介します。まったく新しいファーストガンダムの世界を、少しだけご覧ください。

MG RX−78−02ガンダム製作01開封/機動戦士ガンダムTHE ORIGIN:ガンプラ団/GUNDAM THE ORIGIN

・ガンダム
・ジ・オリジン
・プラモ

 これは、ガンダムジ・オリジン(漫画版)で登場する、MG RX78-2ガンダムのプラモデルです。開封の動画だけですが、ガンダムの基本デザインは同じ。ショルダーキャノンが付いているのと、シールドの向きが逆になっているのが特徴です。ここで特筆すべきは外箱側面に掲載されているアクションの写真ですが、ビーム・サーベルを振りかぶっていますね。
 腕がこんなに自然な感じで曲げられるようになっています。さらに、膝やつま先の可動範囲が広がり、より人間らしい動作が可能になっています。昔のガンプラでは不可能だった片膝立ちも、今では二重関節機構で実現できています。ガンプラ史上最高の関節の可動範囲ということで、とにかくパッケージを観ただけで欲しくなってしまうようなキットです。こちらのキットは2015年11月18日発売。価格は4,860円(税込)。

トップページへ

【伊集院光】『ジ・オリジン』について語る

・ガンダム
・ジ・オリジン
・伊集院光

 これは、伊集院光自身(?)がアップしたのでしょうか、ガンダムジ・オリジン第1話の感想についてラジオ番組で熱く語っている動画です。約10分間とかなりの長時間ですが、かなり熱いです。本人はファースト世代ということで、Zガンダムあたりで離脱。ファーストガンダムに思い入れがかなりあるようですね。映画視聴後の素直な感想が語られており、やや興奮気味?のご様子。
 ここで興味深いのは、「楽しみ始めて楽しみ終わるまでの年月(スパン)が長い。すごい。」「全部終わるまで生きていられるかわからないから、ちょっとだけ観るより、後で全部まとめてみたほうがいいのかな」と言っていることです。確かに、劇場版は1話60分程度。これが年に1話か2話で、トータル6話くらいであれば3年。ガンダムUCは1〜7話で4年かかっています。伊集院光さんの言うこともちょっと分かる気がしますね。ただ、制作側の苦労についても触れており「1年かかっちゃうんだろうな」とも言っています。

トップページへ

ガンプラ:モビルワーカーMW-01 01式 後期型(マッシュ機)!無骨でかっこいいです!!

・ガンダム
・ジ・オリジン
・モビルワーカー

 これは、ガンダムジ・オリジンの第2話で登場した、モビルワーカーMW-01 01式 後期型(マッシュ機)のプラモデルのレビュ−動画です。モビルワーカーは、後のモビルスーツの雛形となる月面開拓用の作業機械です。表向きは作業用ということですが、実際はモビルスーツの開発のステップの一つであったのです。このため、モビルワーカーはモビルスーツさながらのマニピュレーターと、クロー、そしてシールドが装備されており、動力は核融合炉を使用しています。
 地球連邦軍のジムと比較するとやや全高が低い程度。ちなみにこの機体は、後の黒い三連星の一角、マッシュの機体ですが、この時点では黒くないんですね。この機体、後のザクに受け継がれるので、頭部のデザインはザクⅠ(旧ザク)とほとんど同じですね。この僅か10年足らずの間に、モビルスーツは驚異的な進化を遂げるわけですが、かなりの技術スピードです。現実世界でも10年ではこのような開発を成し遂げることはなかなか難しいのではないでしょうか。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社