QムービーTOP > 動画 > 妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ アニメも良いけどゲームもね!

 2014年早々、子供たちに大人気となるテレビアニメがスタートしました。現在でも継続し、すでにシリーズ第二弾が放映されています。さらに第一作の映画も上映され、間もなく第二作目も封切られる予定です。コロコロコミックで連載されているマンガでもあり、もしかしたらドラえもん以来の長期で人気を保ち続ける可能性があります。そのタイトルが妖怪ウォッチです。おそらく多くの人が名前だけでも聞いたことがあるでしょう。
 様々な妖怪たちが出現し、対決をしますが、最後には友達になります。証拠にメダルを渡してくれ、危機となればいつでも呼び出すことができます。妖怪の種類も豊富であり、至る所に出現している設定となっています。しかし、妖怪と言えば民俗学などで研究されましたが、あながち間違いではないようです。草木などもカミとして崇めた日本ならではの信仰に近いものなのでしょう。ともあれ、テレビアニメで大人気となっていますが、元々ゲームとのタイアップでスタートしました。始りは、マンガとゲームであり、連載開始がゲーム発売よりも先行しただけであり、同時進行であることは間違いありません。ここでは、そんな妖怪ウォッチのゲームにまつわる動画を集めました。ゲームと言っても、必ずしもデジタルゲームではありません……。

【PV】『妖怪ウォッチ3』(LEVEL5 VISION 2015 Ver.)

・妖怪ウォッチ
・ゲーム
・ニンテンドー

 妖怪ウォッチのゲームと言えば、ニンテンドーDSで発売されたソフトです。2013年に販売され、瞬く間に人気ソフトとなりました。その後、妖怪ウォッチ2が発売され、これもまた、人気ゲームソフトの一つとなっています。
 そうして、ついに第三弾が登場します。この動画がPRビデオであり、開発元のレベルファイブの公式動画の一つでもあります。妖怪との対決と交流には変わりはありませんが、舞台が異なります。今度は、日本ではなくアメリカになります。主人公ゲータ一家が、父の転勤により、アメリカに行くことになったからです。日本の妖怪とアメリカの妖怪との対決も見物であり、一体どのようなゲームができるのか、ファンであれば楽しみかもしれません。本年(2015年)4月にアップされ、すでに327万回以上の再生となっています。多くの人が視聴し、多くの人が期待しているのかもしれません。

トップページへ

超レア妖怪メダル「くさなぎ」付属!ジバニャン大パニックだニャン レビュー!妖怪ウォッチボードゲーム ドキドキさくらニュータウン まぼ老師 ムリカベ ヨコドリ 音声確認

・妖怪ウォッチ
・ゲーム
・ボード

 近年では、デジタルゲームが当たり前のようになっています。パソコンが浸透して以降、普及が進み、今ではネット対戦ゲームも当然のように販売されています。しかも、スマートフォンも普及しているため、スマホアプリのゲームも人気を呼んでいます。
 しかし、以前から引き続いている、いわばアナログゲームも、まだまだ販売されています。この動画で紹介されている妖怪ウォッチのボードゲームも、アナログタイプの一つでしょう。もっとも、アナログと言っても以前のようなものではなく、デジタル音声を聞けるものなどもあり、完全アナログと言えるものではありません。これもまた時代の趨勢でしょう。ともあれ、この動画で紹介されているボードゲームは、人生ゲームのような形をしています。動画内でも説明されていますが、妖怪ウォッチの時計が象られ、ルーレットになっています。それを回すことで、色々な妖怪と対決するというものです。数人で遊ぶことができ、正月休みなどで家族揃って遊ぶこともできるでしょう。アップから約一年となりますが、すでに117万回以上の再生となっています。

トップページへ

妖怪ウォッチ ジバニャンニャンパチゲーム

・妖怪ウォッチ
・ゲーム
・ニャンパチ

 週刊マンガ雑誌の楽しみには、付録があります。お菓子のオマケみたいなものであり、とりわけ、幼児向け雑誌であれば、付録目当てで子供がねだることもあるでしょう。少年少女雑誌と異なる面かもしれません。
 この動画では、そんな週刊マンガ雑誌の付録をカメラに収めています。雑誌とは、小学1年生であり、懐かしく感じる人もいるでしょう。2014年10月号に妖怪ウォッチの人気キャラクターであるジバニャンを象ったパチゲームが付録となっていました。どういうものであるのかは、動画を見ればお分かりいただけるでしょうが、パチンコに似た簡単なゲームです。けれども、小学生でも容易に組み立て可能であり、しかもジバニャンの姿が全面に描かれています。遊ぶときには必ずジバニャンと対面できるため、ファンの子供にとっては、大いにうれしいことでしょう。約1年前の動画ですが、370万近い再生回数となっています。これもまた、大手出版社発行の雑誌付録であるからでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社