QムービーTOP > ゲーム > ラブライブ

ラブライブ 音ノ木坂学院の生徒会長・絵里について!

 ラブライブのキャラクターであり、μ'sメンバー全員が通う音ノ木坂学院の生徒会長として登場した綾瀬絵里ですが、美人でかつスタイルも良く頭脳も明晰であると、まさに完璧なキャラクターとして人気を集めています。そんなパーフェクトに近い絵里ですが、意外な一面も持ち合わせており、それが後押しをして今日でも根強い人気を誇っています。
 今回はそんな絵里ファンには堪らない名シーンや1場面をピックアップして紹介したいと思います。親友である東條希に諭されてスクールアイドルとして頑張ることを決意した瞬間や、意外な可愛らしいシーンなど、思い返すだけでもにやけてしまう絵里の魅力に迫っていきます。さらに絵里に惹かれること間違いなしで、さらに絵里に興味を持てなかった人でも興味をそそることは間違いないでしょう。新たな推しキャラになることは必至です。

絵里のやりたいこと

・2014年放送
・ラブライブ
・絵里

 ラブライブは登場するキャラクターが通う音ノ木坂学院が廃校の危機に直面している最中に、スクールアイドル活動を行うことによって入学希望者を集めようと奮起する9人のキャラクターたちの物語となっています。動画では最後にμ'sに加入することとなった絵里のシーンが描かれていますが、絵里自身も通う学校が廃校になるのは嫌だけど自分がどうすればいいのか、どう決断すればいいのかを悩んでいる名シーンとなっています。
 最終的には親友である東條希によって諭されて加入されることとなり、以降も先輩としてμ'sを引っ張っていく一人として描かれています。絵里のリーダーシップが無ければμ'sもスクールアイドルとしてしっかりと名を残すことはなかったのではないでしょうか。同士に後押しをした希もいなければ、μ'sは存在しなかったのだろうと考えさせられる、ラブライブの中でも屈指の名シーンであるといえます。

トップページへ

【ラブライブ!】数えてみたシリーズ 〜ハラショーの数を数えてみた 1期編

・2015年放送
・ラブライブ
・絵里

 ラブライブの名言といえば絵里の「ハラショー」ですが、紹介する動画ではハラショーという言葉を何回使っているのかを数えているものとなっています。意外なことに初めてその言葉を使用したのは絵里の妹であるアリサでしたが、いきなり2回も使用しているようです。それ以降は絵里がしっかりと「ハラショー」と発言しており、様々な場面で使用されています。
 ハラショーの意味自体は曖昧な言葉となっており、主に感嘆語として使用されているようです。そのため驚きの場面や素晴らしいと感じた時に「ハラショー」と使用しているようで、第1期では7回発したようです。名言と言われながら少ないように感じますがこの動画はシリーズ化されており、今回の動画では1期のみをカウントしています。1期ではミューズとして活動するのも後半からになるため納得ですが、2期では何回ハラショーといったのかが気になります。

トップページへ

【ラブライブ】 対ちょっぴりかしこいエリーチカ戦

・2014年放送
・ラブライブ
・絵里

 「かしこい、かわいい、エリーチカ」のキャッチフレーズが特徴の絵里ですが、ラブライブの中では先輩として生徒会長としてμ'sを引っ張っていく様子が描かれています。しっかりとしたお姉さんキャラが強い彼女ですが、μ'sのメンバーであることをさておいて、もしも敵キャラだったらというシチュエーションで制作された動画を紹介していきたいと思います。
 動画ではごく普通の場面で絵里がしゃべっているにもかかわらず、あたかもμ'sを陥れるような発言に仕立てあげるように上手く編集が施されています。その一言一言に絶望したり反発してしまう他のメンバーたちの表情なども相まって、とても面白い内容となっています。実際には厳しい言葉で現実と向き合うように促す言葉でも、時と場合によっては絶望へと変わってしまうのだと気づかされる動画でもありますが、絵里に焦点を当てたラブライブの動画の中でもクオリティの高い部類に入ると思います。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社