QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンクエスト > ドラゴンクエストビルダーズ

『ドラゴンクエストビルダーズ』(ドラクエビルダーズ)の最新情報

 2016年1月28日にスクウェア・エニックスから発売される新作ゲーム『ドラクエビルダーズ アレフガルドを復活せよ』。このゲームは、『ドラゴンクエスト』の世界観はそのままに地形などをすべてブロックで置き換え、主人公を操って建物やアイテムを作っていく「ブロックメイクRPG」とのことです。
 日本では『マインクラフト』をきっかけに、「サンドボックス型ゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームが流行しています。この『ドラクエビルダーズ』も、その流れから製作されたゲームソフトのようです。プレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーションヴィータの三機種で発売されるとのことで、現在、ネット上では様々な新情報が動画で投稿されています。今回は、公式による『ドラクエビルダーズ』の動画を集めました。発売前にぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

【JF2016】「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」ビルダーズハイスクール 課外授業

・ドラクエビルダーズ
・公式配信
・ライブ

 これは、生放送のライブ配信で行われた『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の紹介番組です。生番組だった都合上、本編の開始まで4分間、音楽が流れ続けるので、早く「課外授業」を見たい方は、それを目安にスキップすることをおすすめします。なお、実際に製作者の方々が画面に登場するのは、6分を過ぎた頃となります。
 プロデューサーの藤本氏と、アシスタントプロデューサーの白石氏が肩を組み見つめ合っているという奇妙な映像から、番組はスタートします。85分ものボリュームがある「番組」でありドラクエビルダーズの最新情報も多く公開されています。プレイステーション4版を用いた美麗なグラフィックは、購入意欲をそそります。また、この動画でゲームの本編を見ることで、日本におけるこの「サンドボックス型ゲーム」の草分けである「マインクラフト」との違いも発見できるのではないでしょうか。

トップページへ

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ オープニング映像

・ドラクエビルダーズ
・オープニング
・公式

 これは『ドラクエビルダーズ』の最新情報の一つとしてスクウェア・エニックスが発表した、ゲームのオープニング映像の公式動画です。始めにファミリーコンピュータ時代のドラゴンクエストの再現ムービーが流れます。「りゅうおう」と「ろと」のやりとりのあと、画面は最新のコンピューターグラフィックへと変化します。「りゅうおう」が紫色の光を放つと世界は荒廃してしまいます。
 その世界にハンマーを持った少年が現れると、世界は青空に包まれ輝きを取り戻します。そしてブロックで構成された地形が目の前に展開され、少年や村人たちは世界を構築し始める、といった内容です。まるで海外のCG映画のような美しいムービーなので、今までこのゲームに興味がなかった人でもゲーム内容について知りたくなるような動画です。まずはこのムービーを見てみることをおすすめします。

トップページへ

【TGS2015】ドラゴンクエストビルダーズ スクール(9/19)

・ドラクエビルダーズ
・配信
・ライブ

 こちらは、2015年の9月19日に行われた『ドラクエビルダーズ』の公式番組です。当時の時点での最新情報が、たくさん紹介されています。約4時間という、とてつもない長さの動画ですが、本編が始まるのは30分くらい後であるため、そこは注意が必要です。村上氏とプロデューサーの藤本氏(ここでは「藤本先生」と呼ばれています)の二人が、番組(動画)の進行を務めています。本編が始まると、すぐに実際のゲームを用いた内容の紹介が始まります。
 この番組は『ドラゴンクエストビルダーズ スクール』というタイトルから分かる通り、学校という設定でのゲーム紹介が行われています。そのため、一限目、二限目というようにパートが分かれているので、動画自体は長いのですが見やすい構成です。また、パートの合間に数十分の休憩時間があるため、実際は2時間程度で見終えることができるのではないでしょうか。

攻略記事

基本まとめ
チャレンジとは?
部屋の条件?
釣りとは?
住人について
トロフィー一覧
状態異常一覧
住人一覧
拠点レベルアップのこつ
拠点レベルのスコア
豆知識

関連記事

© 5Q 2015

運営会社