QムービーTOP > 動画 > ディズニー > ディズニーランド

ディズニーシー 1912年のNYを再現!タワーオブテラー

 東京ディズニーシーには歴史的なアトラクションが数多く用意されていますが、タワーオブテラーは1912年のニューヨークにそびえ立つタワーオブテラーは、その設定通りの恐怖の体験をもたらしてくれるものとなっています。このホテルは宿泊できるようにはなっていないため、アトラクションとして楽しむことになるのですが、設定上は1899年に起きた、オーナーの謎の失踪事件以来、恐怖のホテルと呼ばれるようになっています。
 そして見学ツアーに参加したゲストは、エレベーターで最上階へと向かうことになるのです。そこが恐怖の体験のスタート地点ということになります。このアトラクションは定員22名になっているため、最大22人の人と同時に恐怖の体験をしていくことになりますが、その時間は約2分ほどです。また、妊娠中の方などはご遠慮いただいているそうなので、その点は事前に妊娠していないことを確認するという手続きが最低限必要となってくるので注意が必要です。

東京ディズニーシー 【タワー・オブ・テラー】 搭乗動画【高画質】

・ディズニーシー
・タワーオブテラー
・登場

 東京ディズニーシーのタワーオブテラーでの様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。この動画は実際にこの人気アトラクションに搭乗し、そこでの様子がそのまま撮影されているためとても臨場感のある内容となっています。動画のコメントにもある通り、雰囲気を楽しむには十分なものといえますが、乗り物に乗った状態で味わう恐怖には、やはりその前に語られるストーリーによって掻き立てられたものが大きいということも言えそうです。
 そして人によっては1回パークを訪れたときに5回も乗ったという体験談を報告もあるため、それだけ病みつきになるほどの特別な恐怖体験を味わうことができるようになっているのでしょう。さらに乗ってたらポップコーンが浮いてしまったという話もあるようなので、余程の覚悟がないと平常でいることは難しそうです。

トップページへ

東京ディズニーシー タワー・オブ・テラーの謎 Tower of Terror story

・ディズニーシー
・タワーオブテラー
・ムービー

 ディズニーシーのタワーオブテラーのアトラクションで冒頭で見ることができるストーリーが分かるムービー、その様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。ここで詳細に語られるストーリーが、これから自分が直後に追体験することになるわけになるため、非常に恐ろしいものとしてゲストには感じられるということになります。
 もちろんこのように動画で単体で見るだけでもかなりのクオリティのコンピュータ・グラフィックスで丁寧作られた映像作品になっていて、現地ではストーリーを追うのに精一杯になる可能性が高くになりますが、じっくりとその詳細を知っておくことで、現地での恐怖は増すことになるかもしれません。リピーターも多いアトラクションということもあるので、事前知識によって逆に恐怖が薄れるということもこのアトラクションに限ってはそうはならないのかもしれません。

トップページへ

タワー・オブ・テラー / Tower of Terror

・ディズニーシー
・タワーオブテラー
・公式

 東京ディズニーシーのアトラクション、タワーオブテラーの公式で現地の様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。やはり夕方から暗くなる時間帯に撮影した外観は、その内部の恐ろしさにも非常に近いものとなっています。そしてどんな恐怖がゲストに襲いかかるのかがなんとなくですがわかるようになっています。
 また、建物の中から外の様子を見ることもできるようになっているため、この動画が撮影されたときのようにある程度暗くなってからこのアトラクションに乗るとより恐怖感が増すのかもしれません。実際に体験するのと動画で様子を見るのとでは随分と感じるものは変わることにはなると思うので、ある程度の様子がつかめる程度のものとして捉えておけば良いような動画と言えそうです。このアトラクションは3歳未満の方は利用できないことになっているため、動画の中にも当然、そのような年齢の人は写っていません。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社