QムービーTOP > 動画 > 妖怪ウォッチ

妖怪ウォッチ こんなことまでできちゃうの!?アプリ特集 !

 ゲームが始りである妖怪ウォッチは、今では全国的な人気のようです。アニメも好調であり、すでにセカンドシーズンに突入しています。子供に好かれるような、愛くるしい妖怪たちのストーリーであり、完全なる悪がいないのもまた、親にとっては安心して見せることができるのかもしれません。もしかしたら近い将来、サザエさんやドラえもんと並ぶ、国民的アニメとして市民権を得るかもしれません。
 そんな妖怪ウォッチも、ゲームが始りということからアか、様々なアプリが配信されています。スマートフォンなどで遊べるゲームなどがあり、単体のPadとして売られているものがあります。子供が中心に遊ぶのでしょうが、大人も一緒になって、プレイすることもでき、新たな親子のコミュニケーションも期待できるかもしれません。ここでは、そんな妖怪ウォッチのアプリを取り上げています。三つの動画を選びましたが、お気に入りとなるものが見つかるでしょうか……。

【実況】 全力で楽しむ妖怪ウォッチ ぷにぷに

・妖怪ウォッチ
・アプリ
・ぷにぷに

 現代を象徴するものと言えば、スマートフォンになるでしょう。老若男女が持ち歩き、外出先でも、あるいは、自宅でもインターネットなどを楽しんでいます。電話などにお利用できるため、総合デジタルモバイル機器として、すでに定着しています。
 そんなスマートフォンのゲームアプリに、妖怪ウォッチぷにぷにがあります。その名の通り、妖怪ウォッチのキャラクターを使ったゲームであり、ぷにぷにを合わせるなどし、敵のようかいを倒して行くゲームです。シンプルなものですが、ステージクリアのための攻略方法などがあり、インターネット上でも情報交換などがなされています。この動画は、情報交換というよりは、プレイ動画であり、見て学ぶものでしょう。起動から目にすることができ、初めての人にとっても親切な動画かもしれません。公開から2ヶ月程度ですが、すでに32万回以上の再生となっています。さすがに人気アニメのゲームアプリを話題にしているだけのことはあるでしょう。

トップページへ

【妖怪ウォッチ】妖怪体操アプリやってみた!【ヒカキンゲームズ】

・妖怪ウォッチ
・アプリ
・体操

 妖怪ウォッチの中には、印象に残るシーンなどが多々あります。特に、パロディに関しては、1970年から80年代のものがふんだんに使われ、懐かしく感じる親御さんもいることでしょう。この動画で出て来る体操アプリは、そういうパロディとは異なりますが、それでも非常に印象深いシーンを使っています。ファーストシーズンのエンディングで、主要キャラクターがフィットネスをするシーンが出て来ます。現実のフィットネスのような動きもあり、ついつい体を動かしてしまいたくなる人もいたかもしれません。
 この動画のアプリは、それをゲームにしたものであり、実況タイプの一種です。プレイヤーがプレイをしながら、あれこれ解説もしています。当然、プレイ画面も見えるため、表情などと比べて見れば、さらに楽しさが増すかもしれません。けれども、パロディではないといえ、どこかにかつてのドリフターズ的なノリも感じられます。子供よりもむしろ親の方が、楽しめる面があるのも、妖怪ウォッチの特徴かもしれません。なお、動画は公開から一年半以上で、325万回以上の再生なっています。

トップページへ

:妖怪ウォッチ 妖怪Pad 2回目の紹介! アプリの内容を詳しく見ます★

・妖怪ウォッチ
・アプリ
・Pad

 デジタルの浸透により、色々な変化が誕生しています。端的なのが、インターネットであり、今では市民ジャーナリストなどが情報発信することで、世の中の流れが変わってしまうこともあります。
 これはおもちゃについても、言えるのでしょう。デジタル技術を利用したものが当たり前であり、かつての子供とは違った感覚が生まれて来る可能性もあります。この動画で出て来る妖怪Padもデジタルおもちゃの一種でしょう。タブレットのような形をしていますが、妖怪ウォッチを意識したデザインとなっています。タブレットのようであるので、指でタッチして操作ができます。ゲーム機器の一種でもあり、インストールされているのが、妖怪ウォッチに関係したゲームとなります。トランプのようなものからパズルのようなものもあり、一日中夢中になって遊んでしまうかもしれません。動画は本年(2015年)早々にアップされ、7000回近い再生数となっています。それなりに視聴された動画の一つでもあるでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社