QムービーTOP > 映画 > 映画

映画「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」宮藤官九郎の最新作!

 クドカン最新作は、地獄でロックバンド!?コンスタントにドラマ・映画問わずに作品を発表し続ける宮藤官九郎。彼が次に描いたのは、地獄でロックバンドを組むという奇想天外・摩訶不思議なコメディーだった!タイトルは「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」。
 主演にTOKIOの長瀬智也と神木隆之介の2人を迎え、宮藤官九郎の完全オリジナル脚本で、地獄を舞台に、クドカンファミリーが暴れて暴れて暴れまくります!!「少年メリケンサック」でやり残した笑いや音楽を、地獄が舞台なら何でもOK!?という感じで、宮藤さんのやりたい事を全て詰め込んだような作品に仕上がっています。笑いに次ぐ笑い、次から次へと出てくる面白サプライズキャストに、終わるまでお腹がよじれっぱなしになっちゃいます。そんな濃いキャストたちが出演する「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」を予告編で予習して、劇場公開に備えましょう!

【特報】映画「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」宮藤官九郎監督

・「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」
・バス転落事故
・地獄の特訓

 クドカン待望の新作「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」は、地獄でロックバンド!!生き返りを懸けて猛特訓!とわかりやすいテーマのオリジナル脚本で、主演の一人・神木隆之介以外は、ほぼ皆特殊メイクで誰が誰だかわからない!けど、超絶面白い映画が出来上がりました。特報映像では、神木隆之介演じる、主人公の高校生・大介が、学校のバス旅行での最中、突然事故に遭い、地獄に堕とされてしまうところから物語が始まります。地獄に堕ちた大介を迎えたのは、何やらテンションがめちゃめちゃ高い、そして恐ろしい形相の鬼・キラーK。
 いきなり「マザーファッカー!!」と叫び、見た目も中身もぶっ飛んでいるキラーKですが、「チューもしないで死ぬなんて。」と後悔する大介に、生き返るための地獄の特訓をしてくれることになります。合間に、宮沢りえ演じる謎の女性や、現世での大介の姿、キラーK率いるロックバンド・地獄図(ヘルズ)のライバルバンドなどが映され、「爆笑!地獄巡りが始まる!」のナレーションの後、大介がピンチに陥り「うぉーー。」と叫ぶシーンで特報映像は終わります。たった30秒の特報映像ですが、一瞬だけ映る豪華なキャストや、地獄でロックバンド、生き返りを懸けて特訓など、面白い要素がてんこ盛りで、早く本編を観てみたくなる特報に仕上がっています。

トップページへ

長瀬智也主演映画「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」予告編 宮藤官九郎監督

・「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」
・キラーK
・シネマトゥディ

 宮藤官九郎完全オリジナル脚本&監督の「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」が、正月映画第二弾として2月6日に劇場公開されます。主演は、宮藤官九郎とは、ドラマ「11人もいる」以来の再タッグとなる、神木隆之介、もう一人は、ドラマ「うるぼれ刑事」以来の再タッグとなるTOKIOの長瀬智也です。
 お二人とも、クドカンワールド独特の早口でテンポの良い掛け合いを見せてくれています。撮影現場も、初参戦の桐谷健太さんを中心として、映画同様、笑いの絶えない現場だったそうです。映画予告編では、長瀬智也演じるキラーKのロックバンド「地獄図(ヘルズ)」が歌う同名主題歌「TOO YOUNG TOO DIE」を、神木隆之介演じる大介と共に、一緒に歌う場面を観ることが出来ます。この映画の中のロックバンドが、映画を飛び出し、メジャーデビューすることが決定!映画公開に先駆け、2月3日に発売されるサウンドトラックで、聴くことが出来ます。予告編にも登場する「地獄図(ヘルズ)」と敵対するガールズバンド「デビルハラスメント」の曲も聴けるので、一足先に、予告編とサウンドトラックを聴いて、映画公開に備えましょう。

トップページへ

ZIP!映画「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」神木隆之介cut宮藤官九郎

・「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」
・ZIP!
・クランクアップ報告会見

 日本テレビ系情報番組「ZIP!」に、劇場公開に先駆けて、宮藤官九郎監督と、主演の神木隆之介さんが出演しました。番組内で、宮藤監督、長瀬智也さん、神木隆之介さんのインタビューの他、公式ホームページで公開されている予告編以外の、撮影ショットやオフショットなども公開されているので、大変貴重な映像となっています。お二人は、「スッキリ!!」「PON!」の他にも、各局の情報番組に出演し、映画の魅力をたくさんお話しされていました。
 その中で、三人が「TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ」の撮影秘話を語っており、宮藤監督は、「40日間の撮影のうち、30日が地獄の撮影だった。」と語っています。記者会見の模様では、長瀬さんは「宮藤官九郎じゃなきゃ、こんな作品は出来ないんじゃないかな、と撮影をやっている時に感じた。」とおっしゃっており、宮藤監督は、この映画を作るきっかけとしては、「悪いことをすると地獄に堕ちると教わってきましたが、アメリカのヘビーメタルの歌詞を観ると、ヘル・ヘル・ヘル!といっぱいヘル(地獄が)出てくる。すごく地獄を肯定している歌が多くて、かっこいい人が皆地獄に堕ちるって思ったら、死ぬのが怖くなくなるんじゃないか。長瀬くんが鬼で地獄でバンドやってたらいいなと思った。」と語っています。そんな宮藤監督の思いつきから出来た本作。映画予告編と合わせて、インタビュー映像もご覧になって、劇場公開に備えましょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社