QムービーTOP > 映画 > 映画

「オデッセイ」リドリースコット監督の映画がますます面白くなる記事!

 火星にたった一人取り残される事は今の人類には想像しがたい事です。しかし近い未来火星にも人類は到達する可能性はあります。そんな火星を舞台に、極限の中、絶望的環境の中で、地球帰還という希望を捨てずに生き続ける主人公を描いたリドリースコット監督の映画作品「オデッセイ」は、宇宙映画でありながら人間に焦点を合わせたヒューマン映画でもあります。
 2016年2月の公開を前に予告編を通して映画「オデッセイ」の紹介をします。主演は数々の映画でお馴染みマットデイモンで、メガホンを取ったのは「エイリアン」などのSF映画の傑作を残したリドリー・スコットです。名俳優と巨匠のコラボレーションは、これだけでも映画館へ足を運びたくなります。それに加えて、愛する妻や子供との再会を夢見て近くて遠い火星で一人奮闘する主人公の姿に感動を覚えずにはいられない内容となっています。

映画「オデッセイ」予告編 リドリースコット監督

・2016年2月公開
・マッドデイモン
・リドリースコット監督

 リドリースコット監督の映画「オデッセイ」は火星に一人取り残された宇宙飛行士のサバイバルを、緻密な科学描写とともに描いたアンディーウィアーのベストセラー小説「火星の人」の映画化作品です。2016年2月公開予定で、極限の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望を持って生き続ける主人公マーク・ワトニーを実力派俳優のマットデイモンが演じます。
 火星にたった一人という想像すらつかない状況の中で、冷静に今後の行方を分析して科学の力を借りてなんとか生き延びようとします。様々な困難や壁にぶつかりながらも次回4年後の有人宇宙船が火星にやってくる日を夢見て奮闘する姿は感動です。NASAが水を発見したと発表した火星は地球とは1億4000万マイルの距離で、人間が生き延びるために必要な要素すら無い状況の中、果たして主人公ワトニーはどのようにして生き延びようとするのか、とても興味深い作品となっています。

トップページへ

マットデイモン×リドリースコット!映画「オデッセイ」

・SF
・リドリースコット監督
・名優

 2016年2月公開の映画「オデッセイ」は、「エイリアン」「ブレードランナー」などのSF映画の傑作を残してきた巨匠リドリースコット監督がメガホンを取った作品です。主演は、ボーンシリーズやオーシャンズ11でもお馴染みの名優マットデイモンが演じます。巨匠と名優のコラボが実現したそれだけでも観たくなるような印象です。
 火星での有人探査の最中に嵐に巻き込まれてしまった主人公ワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するために死亡したと推測されるワトニーを残して探査船を発進させ火星を去ってしまいます。しかし奇跡的に生きていたワトニーは、酸素は少なく水も通信手段もない、食料は約1か月分という絶望的環境の中、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで、生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていきます。火星という想像もつかない極限でのドラマに主人公の人間性も重なって感動を覚える内容で、映画公開が待ち遠しい作品です。

トップページへ

映画「オデッセイ」宇宙兄弟コラボ予告 リドリースコット監督

・火星
・生存不可能
・発想力

 リドリースコット監督の映画「オデッセイ」、地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が生存不可能を示していた。外気温はマイナス55度、酸素はほとんど無い状態の中、なんとかして生き延び、救助を待とうとする主人公マトニー。独創的な発想力で何度も訪れる危機を克服し、何としても地球へ帰還すべくチャレンジし続けます。
 愛する妻と子供との再会に生きる希望を持って、科学を武器に火星という人類最大の壁にたった一人立ち向かいます。人間に焦点を絞って描いた映画で、ベストセラー小説を映画化した各社絶賛の感動モノです。人類の明るい未来への宇宙進出で、宇宙という物差しで考えればとても近い火星ですが、地球という物差しで見れば、とても遠い火星で闘う人間模様は、2016年2月公開です。今からとても楽しみで、マッドデイモン演じる主人公マトニーの人間性に感動を覚えます。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社