QムービーTOP > 映画 > 映画

映画「ドラえもん新・のび太の日本誕生」公開に先駆けて楽しもう!

 ドラえもん映画は36周年。当時夢中で見ていた子どもたちが今はもう親世代になりました。そんな歴史あるドラえもん映画の最新作は「映画ドラえもん新・のび太の日本誕生」です。2016年3月5日(土)公開予定のこの映画は、シリーズ第10作目「のび太の日本誕生」のリメイク。背景美術が『ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』(2014年)と同じくテレビアニメ版に近い作風になっているということですが、21世紀のドラえもん映画らしく、のび太の目がキラキラと輝いています。
 景色もキラキラ感が増し、ククルもハンサムな少年になっています。今回は新作の本予告と、応援ソングで話題のウンタカダンスを、こじまよしおさんの踊り方解説動画でご紹介したいと思います。そして、親世代の見た1989年版「のび太の日本誕生」の映画もご紹介します。春に映画を見る前に、予習しておくと、さらに映画を楽しめますよ_

映画[ドラえもん新・のび太の日本誕生]本予告

・ドラえもん映画
・新・のび太の日本誕生
・2016年公開

 ドラえもん映画の最新作「ドラえもん新・のび太の日本誕生」の本予告動画です。エンディングテーマの山崎まさよしさんの「空へ」に乗せて、のび太たちがククルとともに勇気をもってギガゾンビに立ち向かいます。新作では、ゲスト声優として、新日本プロレスの真壁刀義さん、棚橋弘至さん、芸人のこじまよしおさんが、クラヤミ族となって登場します。
 体格のいいクラヤミ族にピッタリですね。実写版もできそう★映画を見る方は、前売り券を買うと、ピカッと光る「原始ドラ」がもらえます。さらに、入場者プレゼントには、「走るペットドラ」が!ダブルで嬉しいプレゼントですね。

トップページへ

映画[ドラえもん新・のび太の日本誕生]ウンタカダンスの踊り方

・ドラえもん映画
・ウンタカダンス
・新・のび太の日本誕生

 テレビのドラえもん本編の後に流れる話題のウンタカダンス、歌も踊りも妙に気になりませんか?これは、「ドラえもん新・のび太の日本誕生」の応援ソングです。クラヤミ族をイメージしたウンタカ!ドラドラ団がやっています。呪文のような「ウンタカウンタカウンタカうまうま」、エヴァちゃんのささやくような「ダダダイダイダイダダ大好き〜」。
 子どももすぐに真似をしはじめました。こちらの踊り方をこじまよしお先生がやさしくやって見せてくれています。友達と!親子で!一人でも!!このダンスでもりあがること間違いなし!

トップページへ

ドラえもん アニメ 映画の vol 10 劇場版 ドラえもん新・のび太の日本誕生関連

・ドラえもん映画
・のび太の日本誕生
・1989年公開

 「ドラえもん新・のび太の日本誕生」ではなく、オリジナルの「のび太の日本誕生」です。ネタバレしてもいい!オリジナルとリメイクバージョンを比較しながら楽しみたい!という方向けの動画になります。懐かしの歌、声優陣、アニメーションをお楽しみください。ドラえもん映画のもつ、平凡な日常から、楽しい世界へ、そして不穏な空気感、テレビでは喧嘩の多いジャイアンスネ夫とも協力する姿、そして何とも言えない胸がくるしくなるような切なさの残るラストなど、大人が見ても心が動かされます。子ども時代に見たら、そりゃあ深く心に刻まれるわけです。
 私は、子ども時代、ドラえもん映画から「感動」ということばを学びました。こちらのエンディングテーマは作詞 - 武田鉄矢さん / 作曲 - 堀内孝雄さん / 編曲 - 若草恵さん / うた - 西田敏行さん(CBS・ソニーレコード)です。この曲は後に作曲した堀内孝雄さんや作詞した武田鉄矢さんによってそれぞれカバーされているそうです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社