QムービーTOP > ゲーム > パズドラ

【パズドラ】ドロ強覚醒7個搭載、エスカマリを使いこなせ!!

 パズドラのゴッドフェス限定モンスターとして追加された闇属性の新モンスターとして非常に話題になっているのがエスカマリです。イラストはカーリーなどでお馴染みの風間雷太さんによるもので、非常に美しいビジュアルも魅力のひとつとなっています。
 エスカマリの能力は、スキルにドロップ変換+闇の目覚め、リーダースキルには「マシンタイプの攻撃力と回復力が1.5倍。強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が4倍」というものになっています。現状ではマシンタイプのモンスターが充実していないこともあり、リーダーでの運用はあまり目立っていませんが、サブとしての需要は既にかなりの注目を集めているといっていい状況です。そんなエスカマリを使ったパーティはどんな物なのか、そのダンジョン攻略について動画で見ていきましょう。

【パズドラ】極限の闘技場 エスカマリ1体編成ヨミドラ 8分49秒【闘技場TA

・エスカマリ
・サブ
・極限の闘技場

 パズドラのエスカマリの現時点での注目ポイントはなんといってもドロップ強化の覚醒スキルを7個搭載しているということ、そして木、回復、お邪魔、毒ドロップをまとめて闇ドロップに変換してしまう変換スキルに加えて闇のドロップが3ターンの間落ちやすくなるという、通称目覚め。加えてステータスは悪くなく、神タイプ持ちでなおかつ封印耐性持ち、これらのポイントはヨミドラのサブに非常に優秀な役割を期待できるものとあって、ヨミドラのサブに編成したいプレイヤーが非常に多い状況となっています。
 さて、そのヨミドラのサブにエスカマリを編成したパーティで極限の闘技場を攻略している本動画ですが、そのクリアタイムは実に8分台!!おそらく現存のタイムアタックでは最速ではないかと思われる驚異のスピードで闘技場をクリアしています。パーティ編成はご覧の通り、ヨミドラ2体所持に加え闇ゼウスを編成していますが、ガチャ限はエスカマリとオオクニの2体のみ。同様のパーティを編成するにはモンスターポイントの都合でそこそこの課金が必要になるかと思いますが、闘技場を早く、そして安定してクリアできるとあってエスカマリを手に入れたら組んで見たいパーティ編成ですね。

パズドラの攻略ページへ

【パズドラ】ロリ巨乳のエスカマリちゃんと極限の闘技場へ

・エスカマリ
・リーダー
・極限の闘技場

 現状ではサブモンスターが充実していないマシンタイプ対象のリーダースキルをもつエスカマリですが、それでもマシンタイプを少し編成しただけで闘技場と攻略できるほどスペックは高い物である事を証明するかのようなパズドラの動画が本動画です。
 本動画ではエスカマリをリーダーにしたパーティでの攻略となっており、サブに編成されたマシンタイプはカストルとリヴァイの2体のみ、とはいえマシンタイプが付かないモンスターも2体のみなので、全体の半分以上はマシンタイプで構成されることになります。特にカストルはドロップ強化の覚醒スキルを積んでいる事のほか、特に攻撃のステータスが高いことからエスカマリパーティには是非編成したい一体ですね。エスカマリのリーダースキルにより発生する火力は最大で36倍ということになりますが、ドロップ強化の倍率もかかるため、実際はそれ以上ということになり、火力面では十分といったところでしょう。気になるカーリー戦ではネフティスのエンハンスを絡めることで見事に安全圏までもっていってますね。その後はマシンタイプにかかる回復補正も手伝って決して楽ではありませんが、しっかり殴り合えています。

パズドラの攻略ページへ

【パズドラ実況】聖獣達の楽園 天極の黄龍 エスカマリPT 試運転

・エスカマリ
・リーダー
・試運転

 エスカマリを手に入れたらやはりマシンタイプのみで組んだパーティでダンジョン攻略してみたいものです。本動画ではサブにも全てマシンタイプを編成したパーティで試運転している様子が納められたパズドラの動画となっています。ステージは聖獣達の楽園となります。
 サブにチョイスされたモンスターはカストルx2とカッカブx2というちょっと個性的なものになっています。プレイヤーの方もおっしゃっていますが闇のマシンタイプというとほとんど選択肢がなく、大半のプレイヤーはこのあたりを編成することになるのではないでしょうか。試運転の舞台となっている黄龍はけっして難易度の低いダンジョンではないのですが、マシンタイプのみで構成されたエスカマリパーティにかかればあっさりとクリアされているのが分かると思います。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社