QムービーTOP > ゲーム > 任天堂 > スプラトゥーン

スプラトゥーン 腕の見せ所です「ヒーローモード」

 オンラインでの複数プレーが楽しいスプラトゥーンですが、オフラインもなかなか良く出来ているとして評判です。それは色々な解禁要素があるモードなのですが、ステージのレベリングも適切で、色々な操作やブキの特性を把握するのに役立つヒントが詰まっていることもしばしば。
 ギミックも多岐に渡り、対戦とは違った緊迫感を与えてくれるヒーローモードも忘れずにプレーしましょう。タコやフグを模した敵キャラクターが登場し、ボスとしてのそれらを撃退することでクリアしていくモードですが、進めば進む程難しくなるため、腕の見せ所です。ここでイクラを稼ぐなど、様々な遊び方もありますが、今回はヒーローモードの全体像などをチェックしていきたいと思います。色塗りバトルではなく、アクションゲームとしてのスプラトゥーンを見てみたい方には必見です...

スプラトゥーン ヒーローモード ボス戦5 「タコツボキング」

・スプラトゥーン
・ヒーローモード
・タコツボキング

 ヒーローモード最大の敵がラストボスであるタコツボキングです。マシンを駆使した巨大なボスで、ロケットパンチなどの派手な攻撃を繰り出してくるのが特徴です。敵の攻撃を跳ね返していくと、どんどん先へと進めるようになるため、本体へと近づいていくのが目的となります。
 タコプターといった雑魚敵も沢山出てくるため、気をとられずにタコツボキングだけを狙って、上手く攻撃していきましょう。ツボを投げてくる時が反撃のチャンスですが、投げるスピードが遅くなるなど、フェイント的な行動も多いです。反撃を逃さないようにしっかりエイムを定めましょう。撃退するとヒーローモードはクリア、オフラインのスプラトゥーンを完遂したに等しく、ここまで来れば一人前のプレーヤーでしょう。ここで磨いて、振るった腕はオンラインで発揮しに行きましょう。

トップページへ

スプラトゥーン ヒーローモードをプレイ

・スプラトゥーン
・ヒーローモード
・プレー動画

 オクタリアンを相手に、様々なステージを進んでは目的を果たしていくのがヒーローモードですが、ここでは基本の操作を何度も復習してはマスターさせるようなレベリングが目立ちます。ブキの扱いなどに詰まった時はここで練習してみるのも良いでしょう。
 最初の内は出てくる敵を撃退するくらいのものですが、移動する床などのギミックが出てきたあたりからは、移動にも気を遣うようになったり、塗った場所へイカとなり潜行するといった、状況別の操作分けも大切です。壁に塗って、そこに入り込むという一連の動作を素早くしないと落っこちてしまうなど、空中移動系のステージではザラなので、後々厳しくなっていくレベリングが体感できます。解禁要素のこともあるため、ある程度は進めておきたいヒーローモードですが、対戦後の気晴らしなどにもお薦めです。

トップページへ

スプラトゥーン ヒーローモード 25 ミステリーファイル回収

・スプラトゥーン
・ヒーローモード
・プレー動画

 タコドーザーが出てくるステージに挑んだスプラトゥーンのヒーローモードの動画です。猛進するタコドーザーも厄介ですが、バイタコトルーパーもなかなかに凶悪で、これを如何に上手く倒すかが重要でしょう。あらかた倒して、間欠泉で上に進んでいくと、今度はタコスナイパーが出てきて、先ほどとは違ったスタイルで攻めてきます。接近と遠距離、両方の敵の対処法が問われるものですが、基本は距離をとり、隠れるのが最優先。これはオンライン対戦でも活かせる知識でしょう。
 スナイパーを超えると、再び厄介なタコトルーパーが複数出てきますが、ここまでくるとゴールは目の前です。このように、複数のフロアからなるステージが出てくると、登場する敵も組み合わせが豊富になり、極端な配置も目立ちます。攻撃の対処法を覚えて、速やかに回避するなど、頭に叩き込んでから挑むようにしましょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社