QムービーTOP > 映画 > 映画

映画「世界から猫が消えたなら」川村元気原作の話題作!

 川村元気原作「世界から猫が消えたなら」が、2016年5月14日に劇場公開されます。本作の原作本「世界から猫が消えたなら」は、日本を代表する映画の名プロデューサーの川村元気にとって、初めての小説です。
 映画「電車男」を企画・プロデュースし、大ヒットさせ、その後も、「デトロイト・メタル・シティ」「告白」「悪人」「モテキ」などを次々と企画・プロデュースし、大成功を収めている川村元気の初の小説は、LINEで配信されるという、これまた初の試みで、成功を収め、書籍化された際には、本屋大賞ノミネート(8位選出)され、70万部の大ヒットを記録しました。主演は、「るろうに剣心」「バクマン」の佐藤健。ヒロインには、「天地明察」「舟を編む」など、これまで数多くの映画作品に出演している宮崎あおい、主人公ボクの友人役には、「ポテチ」「みなさん、さようなら」などの実力派俳優の濱田岳が起用されています。早くも今年最も泣けると話題の本作の予告編&関連動画をご紹介していきます。

「世界から猫が消えたなら」特報 川村元気原作

・YouTube動画
・東宝MOVIEチャンネル
・せか猫

 5月14日の劇場公開に先駆けて、川村元気原作の映画「世界から猫が消えたなら」の特報が公開されました。主演は、映画「るろうに剣心」で圧巻のアクションシーンを見せ、「バクマン」では、原作もののキャラクターを見事に演じ切り、着実に俳優としてのキャリアを重ねていっている佐藤健。今回は、「生きること」と「ファンタジー」という一見相いれないふたつのテーマを持ったストーリーの主人公を繊細に演じています。主人公の元彼女であるヒロインを演じているのは、映画界で幅広く活躍する実力派女優の宮崎あおい。
 最近は、「神様のカルテ」シリーズや、「舟を編む」など、主人公を温かく見守る柔らかな役どころが続いていましたが、今回は、彼女が十代の時に見せていたような、鋭さと柔らかさが混合した理知的なヒロインを等身大で演じています。主人公の友人役には、最近テレビドラマ「釣りバカ日誌」で西田敏行から、ハマちゃんを引き継いた事でも話題になった実力派俳優の濱田岳。本作では、ツタヤという誰よりも映画に詳しい友人を演じ、主人公の死の知らせに動揺し、主人公の為に行動する姿は、観る者の共感と涙を誘います。そんな彼らの姿が垣間見られるのが、こちらの特報動画です。佐藤と宮崎が、アルゼンチンのブエノスアイレスで「生きること」について考えさせられ、あふれ出る感情を世界遺産のイグアスの滝に向かって叫ぶ姿や、主人公ボクの為に泣くツタヤの姿、ボクの最後の家族旅行のシーンなどが描かれています。「生きる」という現実的なテーマとファンタジーが混合した不思議な特報動画を、是非ご覧ください。

トップページへ

小学館文庫「世界から猫が消えたなら」TVCM 川村元気原作

・YouTube動画
・SHOGAKUKANch
・TVCM

 映画の原作小説「世界から猫が消えたなら」は、初のLINE連載小説として、川村元気が配信しました。新しいスタイルの小説配信は、普段、10~20代の若い層を取り込み、ワンフレーズに使える文字が限られているので、読みやすく、続きが気になる文章が、評判になりました。原作者であり、数々の映画をヒットさせているプロデューサーでもある川村元気は、このスマートフォンでのLINE配信という試みについて、「この物語には、家族や恋人、友人や同僚など、人との「つながり」や「絆」について思いを巡らせるシーンが多く登場します。
 LINEは、すでに日本人の3500人が使っていて、日常に溶け込んでいるので、「つながり」や「絆」について、リアルに、そして、身近に、イメージを膨らませてくれるメディアとして、すごく相性がいいと思った。」とインタビューで語っています。その後、書籍として発売された際にも、70万部の大ヒットを記録し、2013年の本屋大賞にノミネートもされました。原作を読んでから観るか、観てから読むか、映画と併せて小説もお勧めです。

トップページへ

【小野大輔】世界から猫が消えたなら 川村元気原作

・YouTube動画
・小野大輔
・朗読

 映画「世界から猫が消えたなら」は、「生きること」という現実的なテーマと、「世界のモノと引き換えに一日だけ命を伸ばせる」と言うファンタジーの世界観が、混ざり合った、何とも不思議な作品です。主演の佐藤健は、「日本映画があまり得意としないファンタジーというジャンルに挑戦してみたかった。」とコメントを寄せています。作中では、携帯電話や映画が、世界から消えていきます。モノが消えるということはどういうことなのか?「何かを得るということは何かを失うということで、何かを失うということは、何かを得るということだ。」と原作者の川村元気が語っているように、携帯電話が、映画が、消えた世界とはどのようなものか?
 その世界は、ボクが生きたいと思う世界なのか?主人公と一緒に、悪魔がモノを消していく世界を体感していただきたいです。全編にわたって、とても静かに、語り掛けてくる映画で、モノが消える描写だけ、魔法のような勢いのある映像で、そのギャップが、素晴らしい作品です。物語の鍵となる、猫のキャベツが、とても愛らしいので、そこにも注目していただきたいです。全編にわたり、小林武史が音楽を担当しており、エンドロールで流れる曲がまた素晴らしく、上質な映画体験へといざなってくれています。こちらの動画は、「世界から猫が消えたなら」のオーディオブックの宣伝動画になります。「涼宮ハルヒの憂鬱」「黒執事」などで有名な日本の声優・小野大輔が朗読を担当しています。映画と併せてお聴きください。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社