QムービーTOP > ゲーム > フォールアウト > フォールアウト4

Faollout4 スローライフ?ワークショップの魅力

 Fallout4の醍醐味として拠点で行なうワークショップがあります。これは一定のポイントに拠点を作り、そこで農業や薬の調合、武器の改造などを行なえるもので、アクションパート以外の楽しさが得られるとしてプレイヤーからも人気を博しているシステムです。更に拠点のレイアウトを変えるのも含めてのワークショップ。好きなようにインテリアを追加して、自分だけの基地を作り上げられます。
 敵を倒す以外にも、建設的なゲームパートを楽しんで、普段とは異なるFallout4の空気に触れてみるのも良いでしょう。自分だけの拠点を快適にし、更にアクションパートをスムーズに進めるための下準備とは。ワークショップの自由度と面白さに迫ります...

拠点を充実化、Fallout4のワークショップで自分の城を作ろう

・ワークショップで城作り
・自分の拠点強化
・各設備が充実した拠点

 自分だけの城とも言える拠点ですが、どんどん大きくしていくのがFallout4の醍醐味です。ワークショップで使える設備や人間は増えていくため、たくさんの資材などを投入して規模を大きくしていきましょう。開閉式のドアやライト、見張り関連の設備が増えると一気に豪華な印象になり、アクションパートを忘れてしまうほどに拠点作りが楽しくなってくるころです。
 普段は見過ごしてしまうガラクタといったアイテムは鉄という良い素材になるので、積極的に集めて色々と加工しましょう。このよおうにアイテム収集も気を遣うようになるため、ワークショップは入念に触れておくべきシステムです。住民に指示を出して、色々な生産を始められるまでに至れば一流の拠点と言えるでしょう。

トップページへ

Fallout4でキモとなる電力、ワークショップでの供給とは?

・ワークショップ
・電力供給ノウハウ
・Fallout4拠点

 電気を供給すれば、様々なアクションに使えるため、拠点の充実化に繋がります。ワークショップは殆どが電気を要するので、これがないと話にならないのも事実。そのやり方を解説している動画です。パワーをジェネレーター越しに引っ張って、コードをかませることで電気が通ります。これだけですが、ジェネレーターがないと何もできないので、そこは忘れないようにしましょう。
 電気が必要なアイテムなどをたくさん作りすぎると、今度は電気を全部に回せなくなってしまいます。最初は必要な分の設備だけワークショップに付けるのが良いでしょう。Fallout4ではこれを筆頭に、共同体を作るくらいにまでこだわって拠点が作れます。色々と試して、ジェネレーターをフル稼働させてみましょう。

トップページへ

ジャンクでワークショップをパワーアップ、Fallout4流のリサイクル

・ジャンク活用法
・ワークショップノウハウ
・拠点充実化

 ガラクタにはじまるジャンクの数々は、貴重な素材となるため、ワークショップがある程度発展してきてからその価値を大きく変えるでしょう。特にアルミは貴重なもので、くまなくガラクタ集めをしていても、たまにしかゲットできません。こればかりは地道に集めるしかないため、根気よく収集しましょう。
 他にも貴重なガラクタを挙げるとすると。タイプライターやネジでしょう。これらは複数のレアな素材となるため、優先してゲットしたいものです。ダウトテープからとれる粘着剤もクラフトには欠かせないもので、出来るだけストックしておきたいところです。Fallout4の世界観にマッチした素材ではマイクロスコープが挙げられますが、これは特に珍しいものです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社