QムービーTOP > 映画 > 映画

劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)予告編&紹介動画総まとめ!

 『DEATH NOTE デスノート』は言わずと知れたヒット作で、もとは漫画が始まりです。2006年には映画『DEATH NOTE デスノート』で実写化され、スピンオフ作『L change the WorLd』の公開もありました。人気は世界にも及び、今やアニメ化のみならずドラマ・ミュージカル化もされています。
 今回の劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)ストーリーは2016年が舞台、世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会というデスノートらしい背景です。原作にもあるデスノートの“6冊ルール”がキーワードとなるそうです。そのルールとは「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない。よって、人間にノートを所有させる事で人間界にいていい死神も6匹まで」という新ルール。ヒットメーカー『GANTZ』監督、佐藤信介の手腕が冴えわたる!劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)に世界中から期待が集まります。

映画『デスノート 2016』(仮)特別映像

・Youtubeの動画
・劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)
・佐藤信介監督

 「あれから10年、再び死神が地上に舞い降りる」緻密で手に汗握る頭脳戦が繰り広げられるデスノート。世界を魅了してやまないデスノートが2016年いよいよ新作映画になって公開されます。特別映像は30秒。
 「6冊ルール」,「夜神月、復活」,「Lの後継者」,「ノートの封印」…次々とキーワードが浮かぶ動画。「サイバーテロ」,「真第2のキラ」,「Lの後継者」,「新世界の神」の意味は果たして?藤原竜也が演じた夜神月と、松山ケンイチが演じたLのDNAを受け継いだ新たなるカリスマとは!?中空で燃えるノートが暗示するのは?まだまだ謎だらけの特別映像。「コンソメ味」というキーワードは一体・・・。

トップページへ

映画『デスノート 2016』(仮)、キーワードは“6冊ルール”

・Youtubeの動画
・劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)
・6冊ルール

 『デスノート』はメガヒットコミックであることは誰もが知る部分だと思いますが、今回の映画製作にあたり、注目されたキーワードは「デスノート」コミック第9巻に登場する「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。
 もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない」「よって、人間にノートを所有させる事で人間界にいていい死神も6匹まで」と記載されている部分に由来しているそうです。このルールは初めて登場する新ルール、期待が高まりますね!映画のキャストが誰なのかについても、「デスノート」ドラマ終了後からすでに話題沸騰!コミックファンの人も映画が気になる人も注目してくださいね!

トップページへ

DEATH NOTE デスノート the Last name

・Youtubeの動画
・劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)
・「DEATH NOTE デスノート the Last name」に次ぐ映画2作目

 劇場版『DEATH NOTE デスノート2016』(仮)公開前にこちらもチェック!たっぷり3分03秒、映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」からの紹介動画です。死神のリュークが落としたデスノートの力を使い、「新世界の神」と謳い犯罪者に制裁を加え、人が死ぬことにひるまないキラ(夜神月ヤガミライト)。
 マスコミはそれを「キラ事件」と呼んで煽ります。事件解決のためにインターポールから捜査本部に送り込まれた天才青年L(エル)は、ライトのキラ疑惑を深めていくのですが…。実力派揃いですが、2006年の映画なのでキャストがみんな若いですね!お菓子ばかり食べるLの姿が懐かしいです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社