QムービーTOP > ゲーム > マインクラフト

マインクラフトpe洞窟探検をマルチでやってみた

 マインクラフトはパソコンをはじめ、PS3などのゲーム機、ポケットエディションのスマホアプリでも楽しむことができます。通称PEではパソコンと同じように出来るわけではありませんが、ある程度の世界観は同じです。を作るにもアイテムを採取するためのピッケルなどは同じです。敵もスケルトンクリーパーも出てきます。体力回復の面では違いがあり、パソコンでは満腹度のゲージがあり食べ物を食べて満腹度あげることにより体力も回復していきます。
 そのかわりに満腹ゲージが無の場合は体力が逆に減っていきます。PEの場合食べ物を食べると体力が回復します。満腹ゲージはありません。ただ、バージョンアップすることでシステムが付加していく場合もあります。最初にPEはパソコン版ではお馴染みのレッドストーン回路はありませんでしたが、2015年のバージョンアップでPE版でもできるようになりました。マイクラの醍醐味、洞窟での探査はPEでもパソコンと同じようにできます。希少な鉱物を採取すべく・・・

マインクラフトpeマルチプレイで洞窟を探索

 3人のマインクラフトPEの醍醐味、マルチプレイでの洞窟探検です。3人の共同住宅の屋根にスポーンした3人は、前回のセーブ時に夜を向かえてない事に気づき、一度ベッドにはいることにします。夜になるまで寝ることはできないため空いた時間を使って洞窟探検で必要な道具、敵と戦うための剣、鉱物を採取するためのツルハシの作成に取り掛かります。中でもツルハシについてはダイアモンドを見つけた時のために製のツルハシを作ります。そのため鉄鉱石を精製する所から始まります。
 作業スペースが狭く一度に2人が限界のため、残った1人はアイテムチェストに預けることも、アイテムを作ることもできません。そのため別の場所にもう一個チェストを作るべく中にいた1人に出てもらいます。洞窟でゾンビたちに負けてしまうと持っているアイテムを全て放出してしまうこともあるため大事または洞窟に必要ではないアイテムは納めます。アイテムの中には作業台が必要なものとそうでないものがあり洞窟で必須の松明は作業台が不要なため、作業スペースに入りきらないプレイヤーが担当して作ります。

マインクラフトの攻略ページへ

マインクラフトpe家を改築中に見つけた洞窟を調査

 マインクラフトPEのマルチプレイの地下を改築中に見つけた洞窟の探検動画です。3人マルチのため2人が洞窟で探査は、1人が地上で改築を続行します。重要なアイテムを預けるべく、探検に必要なアイテムを作るべく、洞窟を見つけた地下道を通ってに入っていきます。するとの中には隅に何かを両手で持ったエンダーマンがいます。エンダーマンは敵ではありますが攻撃をしてくる事もある行動をとらない限りありません。
 しかし、果敢にも1人が向かっていきますが呆気なく敗北してしまいます。しかし、再スポーン場所が同じ場所のためスポーン後すぐ散らばったアイテムを回収、剣を手にとって戦い今度は見事勝ちます。ですが、買って手にしたアイテムはありません。気を取り直して持っているや余分な小麦石炭チェストに預けて洞窟に向かいます。入るとすぐにクモ松明は付けながら洞窟を照らして前に進んでいきます。細い道のため最初に歩いていくプレイヤーが辺りを窺いながら、先は以前探検した別の洞窟と繋がっていました。

マインクラフトの攻略ページへ

マインクラフトpeマルチで洞窟にあるダイヤを探す

  ダイヤモンドを見つける事が目的の洞窟に出ます。この鉱物アイテム石炭の鉱物とは違い製のツルハシでのみ採取が可能です。そのためチェストからを取ろうとみるとほぼなにも入ってない状態です。そのためを採取するための石と木材を採取するために出かけます。夜になるまで続けて、暗くなると一度に帰ります。武器がないためです。に帰ると部屋に模様替えを絵画を中心にしてから寝ます。明るくなると洞窟に向かいます。は現地で調達後ツルハシを作る算段です。
 取敢えず木の武器を手にから出ると、を補修してから向かいますが、クリーパーがいきなり出現し距離を取ろうとすると後ろで突然爆発するもなんとかダメージを最小限に抑えました。洞窟に早速入ると入り口でを発見します。木のツルハシのためを取るのに時間がかかりますが石炭を採取します。洞窟は入るとすぐに水が下に向かっており、その水に身を任せることで下に向かうことができます。ダイヤモンドは深い場所にのみ存在するため都合がいい洞窟です。マイクラでは水を天然のエレベーターの様に使うことができるため昇り降りが簡単にできるためです。

人気トピック

ラピュタ
お城
ゴーレム
経験値トラップ
倉庫
隠し扉

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社