QムービーTOP > ゲーム > ドラゴンクエスト > ドラゴンクエストビルダーズ

ドラクエビルダーズエグスプロージョンが踊る説明書を披露!

 ドラクエビルダーズのために、エグスプロージョンが踊る説明書を披露しています。ドラクエビルダーズはブロクメイクRPGとしてドラクエシリーズの最新作として世に出ていますが、この作品を多くの人に知ってもらおうと、単にゲームの存在だけでなくゲームシステムも楽しく理解できるように作られたのが、エグスプロージョンによる踊る説明書シリーズです。
 この踊る説明書シリーズには第1弾から第3弾までの三本が発売時期の時点では公開されているのですが、それぞれに工夫がされており、超人気ダンスユニットが歌って踊って説明してくれているという画期的なその内容はYouTubeにアップロードされている動画を視聴することでわかります。そこで、「はじめてみた」「立ててみた」「戦ってみた」の3本についてひとつひとつ詳しくチェックしていきます。

ドラクエビルダーズをエグスプロージョンがはじめてみた

 ドラクエビルダーズをエグスプロージョンがはじめてみた様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。この動画ではドラクエビルダーズをエグスプロージョンがはじめてみたときのことを踊りで表現したものとなっていて、もちろん踊りだけでなく歌も披露されています。その歌詞はまず「ビ・ビ・ビルダーズ」というものからはじまり、軽快なリズムにのって二人が踊っています。
 まずとある若者が世界を救うことになり、そのときにギリギリのところで起こる悲劇に注目しています。ここでりゅうおうが世界の半分をお前にやろうとイチかバチかで聞いてくるのですが、若者がはいと答えてしまったことによって、世界が滅ぼされてしまうことになってしまうわけですが、このような厳しい世界の背景を分かりやすく理解できるようになっています。そして最後にこれがドラクエビルダーズであり、ブロックを積むぞと締めくくっています。

トップページへ

ドラクエビルダーズをエグスプロージョンが建ててみた

 ドラクエビルダーズをエグスプロージョンが建ててみた様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。この動画はエグスプロージョンによる踊る説明書の第2弾となっており、ドラクエビルダーズで建ててみたときの状況を歌と踊りで表現したものとなっています。建築ニューヒーローであるビルダーのプレイヤーについて歌詞で表現しており、一人でせっせと素材を作って家を建てるということを全身で表現しています。
 そして建物を建てることによって経験値をゲットできるという基本的なシステムもしっかりと加えられており、説明書としての要件もしっかりと満たしています。そしてやはりこの世界を救えるのは君だけであるというもはやお約束のような文句も入っています。最後に製品の発売情報を表示され、発売に先駆けてPS4とPSVitaのみとなるものの、体験版が配信されるということも分かります。

トップページへ

ドラクエビルダーズ エグスプロージョンが戦ってみた

 ドラクエビルダーズをエグスプロージョンが戦ってみた様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。この動画はエグスプロージョンによる踊る説明書シリーズの第3弾として発売直前に公開されたものですが、これまでの2本とは異なるシチュエーションとなっており、屋上のような場所で撮影されているのですが、その上に文字で会話を表現したものが表示されていて、いかにもドラクエらしい演出が施されています。
 この中ではまず「んふふ・・・もうすぐ・・・ふふ・・・か・・・完成します・・・」というメッセージが表示され、これが一体に何を意味するのかと関心が向かうようになっていて、その次に「家が完成します」と出てきて、やはりビルダーとしては建築がメインであることがわかるのですが、そこから転じて戦いも必要になることが歌と踊りでうまく表現されていて、見事にYouTube上で説明書ができあがっています。

攻略記事

基本まとめ
チャレンジとは?
部屋の条件?
釣りとは?
住人について
トロフィー一覧
状態異常一覧
住人一覧
拠点レベルアップのこつ
拠点レベルのスコア
豆知識

関連記事

© 5Q 2015

運営会社