QムービーTOP > ゲーム > GTA5

GTA5 クルーの作り方、募集などのまとめ!

そもそもクルーとは?今一度確認してみよう

クルー画像1

クルーとはヒップホップといったストリートカルチャーの仲間内で使われるもので、仲間、メンバーといった意味合いです。GTA5は都市から路地裏までバッチリ描かれる、ストリート・ゲームの代表作。

こうしたクルーの存在は自然と言えるでしょう。それをゲームと噛み合わせたのが今回のキモで、オンラインを通じて、クルーの輪を広げていけるのです。もちろん、クルーを開くこともできるため、限られた人数だけの仲間たち、というコミュニティも築けます

クルー画像2

広大なGTA5の世界を仲間たちと進んでいくのは、別のゲームにもなった気分で、普段と違う世界が開けるでしょう。難しいミッションや、ミニゲームでの腕前の競い合いなど、目的はたくさんあり、オンラインならではの楽しみ方です。

ゲームを一人で遊んで、大体満足したのなら、こうしてオンラインでクルーを探したり、募ってみてはいかがでしょうか。GTA5の世界がより広く、リアルに感じられるきっかけを作れるシステムです。

クルー内の特別ルールなどを設けて、自分たちの美学を貫いているところもあるなど、クルー、そして人の数だけプレースタイルがあると実感できるのもクルーシステムを眺めてみてわかるでしょう。

クルーで自分なりのプレーをする前に作り方を知る

クルーの作り方ですが、ゲームの中ではなくインターネット上でオフィシャルサイトのロックスターが持つソーシャルクラブでアカウントを作るところから始まります。ログインした後にマイページの項目からクルーを作成するわけですが、作った後に公開するところも含めて、クルーの設立です。

クルー画像3

ネット上で募集を募るなど、色々な試みをして、メンバーを増やしてみましょう。もちろん、オンラインのフレンドだけに教えるのもポピュラーで、出来上がった際にはフレンドにメッセージを飛ばして、勧誘してみるのも良いでしょう。

クルーを作る際には、クルー内の決まりなどをあらかじめ決めておくと面白いでしょう。中にはGTAらしいヴァイオレンスなプレーをあまり好まず、GTA5の世界をゆっくりと回りたいような人たちもいるはずです。強奪などはしない、車じゃなくてバイクオンリーなど、同好の士を探し出すまたは集めるのもクルーの醍醐味なのです。

クルー画像4

その逆で、暴れまくりたいクルーを作って、ひたすら派手なプレーに徹するのもアリでしょう。輪を作るあなたが全てを決める権限を持っているのです。GTA5のクルーはそうした自由度の高さを改めて確認させてくれるシステムと言えます。

クルーを募集する際に覚えておきたいトピック

クルーを募集するに手っ取り早いのはファンサイトなどの情報掲示板や、SNSといった人が集まる場所で募集をかけてみることです。その際に、募集を見る人が助かる配慮としては、腕前とクルーのポリシーやスタンスを最初に提示しておくことでしょう。後者二つはGTA5のやり込みをする上では個人で大きく分かれるものなので、ハッキリと示しておいた方が参加もしやすいです。

クルー画像5

例えば車でスタントやドリフトなどを競うだけの、カーマニアなクルーです、といった旨の告知をすれば、同じ楽しみ方をしている人が近づいてくるかもしれません。強奪ミッションが好きです、と書けば、ワイルドなプレーにハマっている人が多く集っては、GTA5の派手な世界を共に駆け抜けてくれるやもしれません。

クルーの募集はスムーズに仲間を見つける上でも大事なので、自分に合ったステータスの面々を揃えては、心行くまで楽しみたいものです。SNSなどで募集をする上ではマナーも大事なので、最初の呼びかけから既にクルーの仕事は始まっていると言えるでしょう。

オンラインのフレンド全員にメールを送っては、参加を呼び掛けてみるのも面白いでしょう。数が多ければ多い程、リアクションが楽しみになります。

クルー及びGTA5プレイヤーの輪の中への入り方

クルーに入るには設立者にコンタクトをとって承認してもらったり、参加資格のないものの場合は気軽に入るなどして、クルーごとにその条件が異なります。クルーに入るということは、向こうの礼儀に合わせるということなので、自分になじまない場合は改めるか、潔く抜けてしまうのがいいかもしれません。

参加資格を問わないようなクルーは、規則も緩いために気軽に抜けられますが、条件が厳しいところはそれだけ信頼されてクルーに入っているわけですから、失礼の内容にやりとりをしたいところです。

クルー画像6

クルーにリクエストするのはもちろん、クルー内に知り合いがいた場合は、そこから紹介もしてもらえます。現実の社会でもよくあるクルーへの入り込みはちょっと難しいかもしれませんが、こうした交流を続けられるのもオンラインゲームであることの強み。

GTA5は特に身近な輪の中で交流していく場面も多いゲームなので、マナーは守って楽しく遊びましょう。クルーのリーダーとコンタクトがとれるなら、メッセージを送って一声かけておくのもポピュラーなやりとりです。

オンラインでフレンドになるなど、GTA5以外の広がりも期待できるため、クルーへは積極的に入ってみてもよいでしょう。

クルーの象徴!エンブレムの採用とアレンジで個性を出そう

クルーのアイコンともなるエンブレム。エンブレムによってクルーの印象も大きく変わり、気分次第で色々変えていくことでイメージもフレッシュになるでしょう。

かっこいいものを用意したいところですが、メンバーが多ければ多いほど、選ぶのにはなかなかプレッシャーがかかるかもしれません。是非ともクルー内の意見を聞いて、相談の末に決めてみたいところです。これもまた、クルーの楽しみと言えるでしょう。

クルー画像7

クルーエンブレムはソーシャルクラブで編集できますが、プレイヤーの間ではさらに自由度の高い編集テクニックが生み出され、好きなものをエンブレムに出来る域にまで達しています。

PNGファイルとSVGファイルを用意して、ブラウザの要素抽出機能とペーストを使えば、既存のエンブレムと大きく異なるものでも使えるようになるため、エンブレムを改造している人たち同士のネットワークでは色々なエンブレムの自慢が行なわれています。

エンブレムはクルーの象徴であると同時に、オンラインで見ると、どんな好みなのかが大体わかるようになるなど、人を表します。設立したてのクルーでメンバーを募る際は、ここでも個性を強調しておくと、人が集まりやすいかもしれません。

GTAV新機能【クルー/crew】に入ろう(=゚ω゚)ノ

 

GTA5はオンラインならではの楽しみ方も充実しているゲームで、それを象徴するのがチームを組んでは、ゲーム内で様々な遊び方を実践する関係であるクルーです。

クルーとは仲間を意味する英単語で、GTA5の持つストリートカルチャーにピッタリな呼称と言えるでしょう。クルーはフレンドや招待されたなどの関係から入ることができるため、無断でいきなり仲間になるなどは出来ません。

クルー募集の条件を問わないところであれば、気軽に参加しても良いでしょう。オンラインのフレンドと組めば、実際にGTA5の世界に入ったような一体感も感じられる上、難しいミッションもクリアしやすくなります。一人ではできないことが出来て、効率もアップするクルーの恩恵は一度は授かりたいものです。

トップページへ

【PS4版GTA5】#5実況 ドリフト!!クルーメンバー集結!!

 

クルーではミニゲームを集団で遊んではスコアを競ったり、結果を共有できたりするため、一人で遊ぶ時よりも奥行きのある時間を過ごせるでしょう。この動画ではドリフトに挑戦しており、互いのテクニックを競い合っています。

スポーツカーといった優れた車で運転している時に条件を満たすと、曲がる時にドリフトします。如何に綺麗な軌道を沿ってカーブするかを競うものですが、タイヤの跡もしっかり残るため、勝敗も付けやすいのがシンプルで人気の腕比べと言えます。

クルーとミッションをこなす以外にも、こうした何気ない時間や遊びを過ごすのが、GTA5では人気で、派手なアクションだけのゲームではないことを最新作で堂々とアピールしたと言えます。

トップページへ

GTA5 オンライン 自称警察クルー(悪質クルー)との戦闘【前編】

 

GTA5は自由度が高い故にプレイヤーの行動も縛りがなく、クルー間の交流もマナーが悪いと相手に悪い印象を与えてしまいます。礼儀が出てしまうのは、MMOにも共通しているネットワークものの特徴で、良くも悪くも現実にリンクしていると言えます。

印象の悪いクルーと、そうでないクルーが対立して存在する様は正に現実の社会とも言えるべきリアリティで、GTA5はユーザーが多いがゆえに、そうしたプレイヤーの多様化が実現しています。

悪態が目立つクルーやプレイヤーは多く、そうした情報もまた別のクルーやプレイヤー間で共有されがちなので、GTA5の中での風評もチェックしてみてはいかがでしょうか。色々なプレイヤーがいることを受け入れると、興奮せずにやり過ごせるほか、広大なオンラインゲームであることを再認識できます。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社