QムービーTOP > 映画 > 映画

山河ノスタルジア 中国発の心に沁みるヒューマンムービー

 監督は世界からの期待を集めてやまないジャ・ジャンクー氏。「長江哀歌」「四川のうた」「罪の手触り」と、中国を舞台に現代社会をモチーフとした繊細な映画を世に贈り続けてきました。本作で監督が描くのは時代に翻弄され変化しゆく、とある家族の生活と社会背景です。小学校教師だった女性タオとその夫に息子、かつての恋人との心理を軸に物語が展開、三時代に分かれた視点で過去と未来が交錯します。
 タオには炭鉱て_働くリャンという恋人がいましたが、リャンの友人で実業家であるシ_ンシェンからフ_ロホ_ース_を受け、シ_ンシェンと結婚するも離婚。産まれた子供はダラーと名付けられます。汾陽に残るタオ、タオとダラーの再会、そしてダラーと女性中国語教師との出会い。時間はすべてを変えてしまうのか?— プロデューサーをはじめ音楽担当ほか、スタッフとして日本人が参加、フランスも加わった3国合作映画です。
・配給:ビターズ・エンド / オフィス北野
・監督/脚本:ジャ・ジャンクー
・主要キャスト: チャン・タオ / チャン・イー / リャン・ジンドン
・備考:4月23日よりロードショー

映画『山河ノスタルジア』予告編

 1999年、2014年、2025年の三時代を描いたヒューマンストーリです。中国の片隅で別れた息子を思いひとり故郷に暮らす母,異国の地で微かに記憶する母の面影を探す息子,それぞれのシーンが続きます。急速な発展を遂げた1999年の中国、少年が乳児だったときのシーンから一転、2014年へ。「彼が親権を…」と語る女性(タオ)の姿があり、息子ダラーは上海の国際学校にいると語ります。タオの父が亡くなり、その葬儀でダラーと再会。
 2025年、オーストラリアにいるダラーは、「ここにいるのは自分の意志ではない」と語り、父から叱責されます。時代と時間が流れたその先にあるものを見つめる『山河ノスタルジア』予告編。第68回カンヌ映画祭コンペティション部門正式出品作品,第63回サン・セバスチャン国際映画祭観客賞,第52回台湾金馬奨 オリジナル脚本賞・観客賞受賞。

トップページへ

11/28 『山河ノスタルジア』Q&A

 有楽町朝日ホールで行われた『山河ノスタルジア』のイベントより、質疑応答に関する充実の14分37分動画です。ジャ・ジャンクー監督と主演女優のチャオ・タオさん,プログラム・ディレクターの市山尚三さん(東京フィルメックス)が登場です。
 『山河ノスタルジア』の登場人物たちは故郷に留まる者と去っていくものに別れ、特に息子の父親は成功を求めた結果オーストラリアに移住し、それぞれにとっての故郷があることの意味も語られます。2025年部分の結末に関するエピソードも語られ会場が湧きます。『山河ノスタルジア』への期待がじわじわと高まる貴重な動画となっています。

トップページへ

_樟柯作品:《山河故人》_告片

 「時間がすべてを変えるわけじゃない」日本版とは異なる『山河ノスタルジア』中国版1分41秒の予告編です。2025年から始まる中国版。青年ダラーは母と同年代の中国教師ミアと共にいます。母はいないと語るダラー。
 1999年ダラーの母;タオの姿が。シ_ンシェンという男性と結婚するも離婚したタオはひとり汾陽の地て_暮らす中、タオの父親の葬儀に出席するため、戻ってきたタ_ラーと再会することに(2014年)。まだ幼いダラーはオーストラリアに移住することを知り…。時代を漂浪しながら、移りゆく人々の出逢いと別れ。結末へ続く展開を期待させつつ、心に深く響くヒューマンストーリーがここに。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社