QムービーTOP > 映画 > 映画

太陽 戯曲発!新境地に挑戦した深遠SFムービー

 劇団イキウメを主宰し、読売演劇大賞などの演劇賞受賞経験もある劇作家;前川知大の戯曲が映画化され、4月23日全国ロードショーとなります。同名戯曲自体が話題を呼び、映画化は入江悠氏が監督を務めました。
 人口激減を経て新人類「ノクス」と旧人類「キュリオ」の2階層にわかれた人類。ストーリーは「キュリオ」の貧村で生きる鉄彦と村の復興に力を注ぐ鉄彦の幼なじみ結を中心に進行。各々を神木隆之介と門脇麦が熱演、安定した演技力で自分たちが置かれた惨憺たる社会環境を表現、迫られる選択に葛藤します。果たして希望を見出すことはできるのか。
・配給:KADOKAWA
・監督/脚本:入江悠
・原作/脚本:前川知大 戯曲「太陽」
・主要キャスト: 神木隆之介 / 門脇麦
・備考:4月23日 角川シネマ新宿ほか全国ロードショー 全国共通前売り鑑賞券発売中 数量限定でオリジナルブックマークのプレゼント特典あり

映画『太陽』予告編

 「21世紀初頭、ウイルスにより人類の大半が死滅」のクレジットに続き、街に響く「まもなく日の出です」の広報無線。地区がわかれており、人々が二分されて生きている様が分かります。「来年ノクスになるんだ」と明るい表情の鉄彦に対し、「ノクスになんかなんないから」と突っぱねる結。「なんでノクスになんてなりたいわけ?
 ノクスになんかなったら太陽の下歩けなくなるんだよ」。貧村に生き、薄汚れた顔の神木隆之介や簡易的な湯船で風呂に浸かる門脇麦の姿があります。昼と夜のふたつに分断された階層を巡るSFムービー。そのふたつを隔てるのは果たして科学的な影響だけなのでしょうか?前川知大の人気戯曲をもとに満を持して待望の映画化です。

トップページへ

太陽 - 映画予告編[神木隆之介×門脇麦W主演]

 劇場窓口で購入の場合の特典情報がプラスされた映画『太陽』の公開予告です。全国共通前売り鑑賞券は、数量限定でオリジナルブックマークのプレゼント特典があるそうですよ!話題の戯曲「太陽」が原作者;前川知大も加わり、待望の映画化となりました。
 監督は『日々ロック』,『ジョーカー・ゲーム』で若年層を中心に支持のあつい入江悠。階層を変わるためには体質転換手術を受けなければならず、その申請も常に行われているわけではないという限定された環境。明らかに貧しい風貌の人間と、正装した人間たち。”向こう側”に期待をもつ者と躊躇する者。迫害される側とする側…。未来のための選択、あなたならどうしますか?

トップページへ

神木隆之介 - めざましどようび ハイアンドロー (映画『太陽』キャスト関連動画)

 『太陽』主演の神木隆之介さん、まだ22歳という若さでありながら芸歴は20年!?最も成功している子役と呼ばれているようです。その神木さんが「めざましどようび」の中の”ハイアンドロー”に参加したときの動画です。映画『太陽』や神木隆之介さんに関心のあった人もなかった人も、この動画を観ると意外な神木さんの一面に思わずクスクスしてしまうはずです。
 映画『太陽』では人間の内面を深くえぐる場面もあり、SFというジャンルだけにシリアスなシーンが多くなっているので、映画鑑賞の際には、普段の神木さんとのギャップを楽しむのもおすすめですよ〜♪

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社