QムービーTOP > >

カルテル・ランド メキシコの信じがたい麻薬カルテルの実態

 監督のマシュー・ハイネマンが死の危険に晒されながらも現地取材を敢行し、キャスリン・ビグロー監督とともに公開に持ち込んだ、メキシコ麻薬戦争の最前線をとらえたドキュメンタリー。メキシコ麻薬戦争は2006年頃に始まり、一般市民が犯罪や殺戮に巻き込まれる惨状が続いています。麻薬カルテルは賄賂で自警団を買収するなど勢力を拡大、「カルテル・ランド」はその信じがたい全貌を世に知らしめました。
 市民を巻き込んだ銃撃戦や鳴り響く銃声、自らを守らなければやられてしまうと語る人々の過酷な現状が収められ、米国サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門で絶賛を浴びました。 第88回アカデミー長編ドキュメンタリー賞ノミネート作品。
・配給:トランスフォーマー
・監督/製作:キャスリン・ビグロー / マシュー・ハイネマン
・取材:マシュー・ハイネマン
・備考:5月日本公開予定

Cartel Land Official Trailer 1 (2015) - Drug Cartel Documentary HD

 メキシコの麻薬戦争最前線を捉えたドキュメント映画、それは信じがたき真実の物語。確実に麻薬を生活源にしているカルテルの存在。ドラム缶ほどの大きさがある容器に薬品を投入、白煙が昇る中作業する男たちはそれが有害だと認識しつつも堂々と作業しているのが窺えます。
 米国サンダンス映画祭のドキュメンタリー部門で高評価を得たカットのあとで、予告編後編では戦車が走り、重装備の軍人らしき人物や、銃を構える一般市民、飛び交うヘリ…殺伐とした風景からは緊迫感が漲ぎり、アメリカの退役軍人が結成したアリゾナ国境偵察隊(自警団)の様子が映し出されます。自警団の目的はメキシコからの麻薬密輸阻止ですが、その構図は賄賂などにより崩れ…。「政府に守られないなら、自分たちで立ち上がるしかない」戦う一般市民たちの明日が危うい。

トップページへ

Inside A Mexican Meth Lab - CARTEL LAND

 アメリカの番組で紹介された映画『カルテル・ランド』の本編映像と身の危険を顧みず取材にあたったマシュー・ハイネマンのインタビューも収録された映画紹介動画です。アメリカほど麻薬が売れる地はほかにないと語られ、続々と麻薬原料が投入されていきます。
 ”麻薬が害になることも分かっているけれどみんな貧しくて、もしうまくいったら、きみたちみたいなきれいな仕事をしたいと思ってるけれど…神が赦す限りはやめない”そう語るメキシコ麻薬カルテルに加担する人々。ドキュメンタリーでは「私たちは犯罪者にはなれなれないから、現状に立ち向かう」と結託する人民の姿が描かれます。

トップページへ

Cartel Land Movie CLIP - Raid (2015) - Drug Cartel Documentary HD

 急発進するトラックの映像から、ギャングらしき人物に「手を挙げて背中にまわせ」と詰め寄る重装備に身を包んだ人々ー。ものものしいシーンから始まる映画『カルテル・ランド』本編からのクリップ映像です。
 どこもかしもこ見張りがいるから、という台詞のあと、銃声に続き、待機していた車中から飛びだしていく面々、カメラが揺れ、報道サイドも背後に注意するよう促される危機的状況に・・・。ドキュメンタリーの舞台はメキシコ中西部ミチョアカン州。麻薬カルテル【テンプル騎士団】に立ち向かうため結集した内科医と市民たちの戦い。緊迫の1分12秒。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社