QムービーTOP > >

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

 マイケル・ムーアはアメリカのドキュメンタリー映画監督であり、本作品では「米国防総省幹部の切実な話を聞いたという氏が、国防総省に代わって自ら“侵略者”となることを提案し、空母ロナルド・レーガンに搭乗、大西洋を越えてヨーロッパを目指す」とその内容が伝えられています。
 これまでのマイケル・ムーア氏の監督作品は「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」「シッコ」「キャピタリズム マネーは踊る」ほか。マイケル・ムーア氏ならではの視点で社会問題を見つめ、時代に沿った問題提起を為してきたことで有名なジャーナリストでもあります。「華氏911」では、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。
・監督/出演:マイケル・ムーア
・原題:”Where To Invade Next”
・備考:5月日公開予定

Where to Invade Next Official Trailer 1 (2016) - Michael Moore Documentary HD

 マイケル・ムーア監督といえば、アポなし突撃取材で有名なアメリカ人監督です。【アメリカ政府の天敵】とも呼ばれるムーア監督だそうですが、今回はこれまでと趣が異なる様子、本作品ではなんと、「侵略戦争の芳しくない結果を受け悩みに暮れる米国防総省の幹部から相談を受ける」という始まりだそうです。
 幹部らの切実な話を聞いた監督は、国防総省に代わり自ら【侵略者】となり世界各国に出撃することを提案、侵略する先々で「あるモノ」を略奪するために、ヨーロッパへ向かっているのだといいます。公式予告編では悠然と海上を進むアメリカ空母ロナルド・レーガンに搭乗、アメリカ国旗を持ち歩く監督の姿が。各地を訪問する彼の様子が映され、話をきいた子どもだちが苦い顔を見せています。どうも突然訪問されたらしい人々は困惑を隠せない様子。ムーア監督に魅せられる2分30秒。

トップページへ

Where to Invade Next - Clip: "Italian Vacation" (HD)

 ”Where To Invade Next”、邦題は『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』と決まり、5月公開が決定したそうです。ムーア監督といえば、日本ではお笑い芸人ハリセンボンの春菜さんが、”じゃねーよ”ギャグの中で盛んに取り上げていることでの知名度が高いかもしれません。恰幅のよい色白監督のドキメンタリー、本編からの映像です。
 登場するカップルは結婚したばかりらしいカップルで、世界中を旅してきた経緯をもつ様子。マシンガントークで有名な監督ですが、明るく朗らかにインタビューする様が印象的です。『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』はシカゴオーディエンスアワードはじめ、トロント国際映画祭オフィシャルセレクションなど数多部門で優秀賞を受賞した作品、日本公開が待たれます。

トップページへ

華氏911(予告編)

 ジョージ・ブッシュ前大統領を主演に据え、物議を醸したマイケル・ムーア監督作品。米国の社会問題を続々とタイムリーに暴いてきたドキュメンタリー監督の新作公開に際し、同監督関連作品としてご紹介する本作、「誰も見たことのない映像」のクレジットにある通り、ムーア監督は既成概念を常に覆してきました。
 「大統領を信じる?」と質問され「イエス」と答えたブリトニー・スピアーズに、饒舌なブッシュ大統領の映像が続きますが9.11に関してはしどろもどろ…、『華氏911』それは自由が燃える温度と副題を掲げ、日本でも公開されたムーア作品でした。監督ならではの視点で描かれるドキュメンタリーは、一方的な報道により曇った私たちの目に、もう一度世界を見直させてくれる魔力をもっています。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社