QムービーTOP > ゲーム > チョコットランド

チョコットランド グランマギアーの効率的な育成方法は?

チョコットランド グランマギアーとは?

グランマギアー画像1

グランマギアーとはチョコットランドにおける3次職の1つです。2次職のソーサラーのレベルを70以上にしていることが転職の条件となります。

転職条件を満たした上でNPCのイニングル協会長と会話すれば、グランマギアーになることが可能です。

ソーサラーの特徴

ソーサラーから転職する職業ということで、魔法攻撃に特化したスキルを習得できます。

単にダメージ量が大きい魔法スキルを使うだけでなく、メイジやソーサラーといった前提職のスキルを強化することもできるのでかなり幅広いビルドをすることができるでしょう。

魔法を強化するスキルを揃えていけば、INTをカンストした上でさらに魔法攻撃のダメージを上げていくことが可能です。ソーサラーの火力では満足できないという人はグランマギアーへの転職を考えてみてください。

グランマギアー画像2

また、火力を上げやすい職業ではあるものの、プリーストのスキルをスキルリンクで継承できるので、スキル構成次第では支援寄りのキャラクターにすることも可能です。

前提職をプレイする中で自分の気に入った要素をピックアップしておくと育てやすくなるのではないでしょうか。

課金の有無で差が出やすい

グランマギアー画像3

グランマギアーは魔法攻撃スキルを使用する際に詠唱時間が必要となるので、敵からの攻撃による詠唱中断を防ぐマホギレネーゼ・マホギレネーデスを継承することは必須となります。

そのため、スキルリンクは最初から1枠埋まっている状態で継承スキルの取捨選択を考えなければなりません。

さらにグランマギアーの職業特性であるマジバーストは複数の魔法攻撃スキルを使用することで高い効果が得られるものなので、火力を上げるためにメイジの属性魔法やソーサラーのメテバーンを継承したくなると思います。

グランマギアー画像4

そういったスキルを継承した上で、マモアールやミナルニーナといった防御寄りのスキル、火力を上昇させるための魔力の印やマジオーラの継承を考えていくといくら枠があっても足りません。

デフォルトで使える3枠だけでは理想のビルドを達成することは難しいでしょう。無課金プレイヤーがグランマギアーを作る場合には、ある程度目的を絞ったキャラクター育成をしなければならないことを覚えておきましょう。

また、職業装備が課金アイテムからの入手になっていることも差を生み出す要因の1つです。

チョコットランド グランマギアーが習得できるスキル

08238-chocotto_thumbnail

チョコットランドのグランマギアーが習得できるスキルはどれも魔法攻撃に関連したものばかりです。

マジバースト

マジバーストはグランマギアー、そしてスキルリンクのメイジやソーサラーの魔法攻撃スキルを命中させることで敵をマーキングできます。

マーキング

マーキングは、マーキングしたスキル以外の魔法攻撃スキルを命中させるとダメージが上昇するという効果を持っています。

複数の魔法攻撃スキルを習得して使い分ける必要はありますが、SPを消費することなく火力を上げられるので非常に便利です。

ノヴァグレア

ノヴァグレアはグランマギアーの火力のベースとなるスキルです。

メテバーンよりも敵に与えるダメージが低いので、習得する必要はないと考えるかもしれませんが、単体攻撃なので連撃耐性を持っているモンスターに強く、後述するマジワインダーの効果の対象にもなります。

サポート特化でない限り、習得することになるでしょう。

ジアース

逆にジアースは範囲攻撃に特化した魔法攻撃スキルです。他の魔法攻撃スキルよりもかなり広い範囲にダメージを与えることができます。

ただし、現在のSPを全て消費してその消費量に応じてダメージ量が決まる仕組みなので、使い勝手はあまり良くありません。しかも現在のSPが最大SPの40パーセント以上ないと使えないという制限も付いています。

再び使用できるようになるまでのクールタイムも長いので、特定の目的がなければ習得しなくても良いでしょう。

マジチャージ・マジワインダー・マジプラスタン

グランマギアー画像5

他の魔法攻撃スキルを強化するスキルとなっています。

マジチャージは次に使用する魔法攻撃スキルの攻撃力を上昇させる効果を持っています。

クールタイムがあるため、連発はできませんが2回までは重複するので大ダメージを狙うことができるでしょう。ソーサラーでは実現できなかった火力を出したいなら習得しておきたいスキルです。

マジワインダーは単体攻撃スキルを範囲攻撃にできる便利なスキルです。ノヴァグレアで範囲に攻撃できるようになるだけでなく、メイジの属性魔法やソーサラーのマダンも範囲化できます。敵をまとめての雑魚狩りの際に重宝するでしょう。ただし、主対象へのダメージは減少するのでその点に注意が必要です。

マジプラスタンは魔法攻撃スキルに麻痺の効果を追加するスキルです。範囲攻撃と組み合わせれば、多くの敵を同時に麻痺状態にすることができるはずです。マジワインダーのようにダメージ量が減少しないのも魅力的です。

チョコットランド グランマギアーのおすすめステ振り

まずはINTをカンストさせよう

前提職であるメイジやソーサラーを成長させる場合と同じく、チョコットランドのグランマギアーのステ振りで最優先するべきステータスはINTです。

スキルが魔法攻撃関連でまとめられている以上、魔法攻撃力に関わるINTはカンストまで上げない理由がありません。スキルリンクを活用してサポート向きのスキル構成を目指す場合でも、効果時間の延長という恩恵があります。

魔法防御力が上がるというINTの特性も考えれば、無駄にならないステ振りです。パーティープレイをする際にINTが低い状態だと地雷プレイヤー扱いされかねません。

POWに振らないように注意

しっかりと最初からステータスポイントを割り振るよう心がけましょう。逆にPOWは全く上げる必要がありません。

グランマギアーが通常攻撃をする機会はほとんどなく、物理攻撃を上昇させるPOWの重要度は限りなく0に近いです。間違って成長させないように注意してください。

継承枠に余裕があればVITに振ろう

VITは狩りの安定度を高める上で重要なステータスとなります。グランマギアーはHPが低いので、最大HPが上がるという特性も見逃せません。

スキルリンクの継承枠に余裕があるのであれば、VITを参照して物理防御力を上昇するマモアールを継承してさらにその価値を高めることもできます。

ソロ狩りをする機会が多いなら上げておいて損はないですし、パーティープレイでも無駄にはなりません。ソーサラーでVITに振った育成をしていたなら、同じ感覚でプレイできるはずです。

LUKは課金アバター次第

LUKは課金アバターなどの助けを借りて高い数値を維持できる場合に限り、ステータスポイントを割り振るべきです。

グランマギアーは通常攻撃を行う機会がほとんどなく、LUKの恩恵は回避率に集中しているため、ステ振りを無駄にしないためには敵の攻撃を回避できるだけの数値が必要になります。

幸い、グランマギアーの職業装備にはLUK補正があるので、他の職業と比べると必要な値まで伸ばすのは楽でしょう。ただし、装備の補正でHPを伸ばさないと安定性には欠けます。

魔法連打がしたいならSPDに振ろう

機動力に重きを置くなら、SPDを上げるというステ振りの方向性もあります。

グランマギアーのスキルの中にはSPDを参照するマジプラスタンがありますし、プリーストのルオニーナやミナルニーナの射程距離アップなど、スキルリンクで継承できるスキルにも影響を及ぼします。

また、魔法の詠唱時間を短縮する特性もあるので、がんがん魔法を連打できるキャラクターを作りたいならステータスポイントを割り振っておきましょう。

チョコットランド グランマギアーの育成方針

チョコットランドのグランマギアーはステータスの割り振り方と習得するスキルの組み合わせによってさまざまなタイプに育成できる職業です。

魔法攻撃力や効果時間を確保するためにINTへステータスポイントを割り振り、敵の攻撃による詠唱中断を防ぐためにマホギレネーゼかマホギレネーデスをスキルリンクで継承さえしておけば、比較的自由な構成で成長させることができるでしょう。

ノヴァグレアは重要魔法

グランマギアー画像7

しかし、最終的にどのようなタイプを目指すにしろ、単体攻撃魔法のノヴァグレアは習得しておくことをおすすめします。

グランマギアーの基本的な攻撃スキルとして、レベル上げのための狩り・ボス戦どちらでも活躍してくれるからです。

スキル構成

自分好みのスキルを主軸にビルドしていけば問題ありませんが、どのスキルを習得するか迷っているなら、まずINT以外のどのステータスを上げるかを決めてしまいましょう。

VITを上げる場合、比較的オーソドックスなダメージディーラーの役割を果たすことになります。マジワインダーで単体攻撃を範囲化したり、マモアールで物理防御力を上げたりと選択肢の多い汎用性のあるキャラクターを作れます。

また、マジバーストやマジチャージ、魔力の印といった火力アップスキルに、メテバーンやメイジの各種属性魔法などの複数の魔法攻撃スキルを組み合わせた火力特化の構成も活躍の機会が多いです。

グランマギアーとソーサラーの一番の違いは火力なので、グランマギアーらしさを活かすなら悪くない選択でしょう。

火力特化

LUKを上げるというのも1つの育て方です。敵の攻撃を回避で対処すれば、ミナルニーナやマモアールといった守りのスキルを継承する必要がなくなるため、スキルリンクの数に余裕ができます。

ただ、安定性を高めるにはアバターなどでしっかりとLUK補正を確保する必要がありますし、最大HPにも気を遣わなければならないのでどちらかと言うと玄人向けのビルドです。SPDを上げて、サポート中心のスキル構成にするという育て方もあります。

SPDを成長さえる場合

魔法攻撃スキルに麻痺の効果を付けるマジプラスタンや敵のスキルを封じるマホジャマーといったデバフ系のスキルとHPを回復するルオニーナやミナルニーナ、魔法防御力を上げるマジマモールといったスキルを習得・継承すればOKです。

他のタイプよりは効率は落ちますが、ノヴァグレアを習得しておけばソロでのレベル上げも問題なく行えるでしょう。

チョコットランド グランマギアーのおすすめ装備

チョコットランドのグランマギアーにおすすめの装備は、前提職であるソーサラーと同じ感覚で考えておけば大丈夫です。

魔法攻撃力やINT補正を確保した上で、自分のキャラクターのスキル構成に合ったステータス補正があるものを選んでいきましょう。

ソーサラーの装備をそのまま流用するだけでも、育成の方向性さえ一致していれば十分な活躍ができます。

職業装備は課金のみ

ソーサラーなどの2次職業と異なり、グランマギアーにはクエストを受注・クリアすることで受け取れる職業装備は存在しないことが挙げられます。

グランマギアー画像8

職業装備を入手したい場合、課金アイテムであるマギアーボックスを購入する必要が出てきます。マギアーボックスは使用することで職業装備1つに手に入れられますが、どの装備が当たるかはランダムなので全ての部位を揃えるのはなかなか大変です。

しかも出現率は同一ではなく、武器や服装備は他の部位よりも当たりにくい設定となっています。その代わり、性能自体はかなり強力となっており、INTへの補正値が大きいだけでなく、HPやSPの最大値が上昇したり、グランマギアーのスキルの効果をアップさせることが可能です。

さらに職業装備を3部位以上装備するとセット効果が発動し、INT・SPD・LUK・HP・SPが上昇するようになっています。5部位以上装備すれば、ステータスの上昇値が大きくなり、さらにHPの自動回復効果まで付きます。装備にコストをかける余裕があるのなら、購入することをおすすめします。

マギアーボックス

マギアーボックスにはレベル50の装備が当たるマギアーボックスとレベル70の装備が当たるマギアーボックス2の2種類があります。マギアーボックスから入手できるレベル50の装備はキャラクターを育成した後は必要なくなるので、他の装備を使った方が無難です。

グランマギアー画像9

ソーサラーのレベル上げをしていた際に使っていた装備で凌いでも良いですし、高レベル帯でも使用に耐えうる強力な装備を探すというのも良いでしょう。

マギアーボックス2から入手できる冥杖ノヴァベリアや冥衣ダルマティカAといった装備には、INT補正の他にLUK補正が付いています。そのため、LUKによる回避率アップを主軸にしたキャラクターが作りやすいです。

グランマギアーにとって通常攻撃のクリティカル発生率アップはほぼ意味がないので、ビルドによっては無駄が多い補正になってしまうことが残念ではありますが、LUK補正がないものと考えても十分に強力なアイテムなので問題ないでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社