QムービーTOP > ゲーム > 龍が如く > 龍が如く 極

龍が如く 極 メスキングの効率的な入手方法とは?

子供達に大人気ムシじゃないよメスキング!!

セガゲームスよりアクションアドベンチャーとして発売された「龍が如く」。

10周年記念作品として第1作目の「龍が如く」を現在の技術でリメイクした作品である「龍が如く 極」は、10年間の間に培われた最新技術で新たに作り直すことをコンセプトに、現在の最新グラフィックをふんだんに使い、PS2の頃よりもより鮮明に作り込まれた映像美は、実写と見間違えてしまう程に鮮明に作り込まれており、第1作目では表現しきれなかった立体感を追求しています。

そして今回、リメイクされた「龍が如く 極」では、その実写と見間違えてしまう程に美しい映像美で創り出された最高の美女達の熱きキャットファイトを堪能できるミニゲーム「昆虫女王メスキング」が搭載されています。第1作目の「龍が如く」では、ゲームセンターで遊べるゲームは格闘ゲームとUFOキャッチャーのみでしたが、リメイクされた今回のゲームセンターの一番のおススメとなるミニゲーム。

それが「昆虫女王メスキング」です。このゲームは同じセガの「セガ・インタラクティブ」で販売された「昆虫王者ムシキング」をもじったミニゲームであり、ムシキング同様に昆虫カードを使い対戦する内容ですが……「龍が如く 極」では、昆虫の妖精の格好をした、セクシャルかつ妖艶な美女達のカードを使い、ゲーム機で対戦する内容になっています。

基本操作は「龍が如く 0」で登場したミニゲーム「キャットファイト」と同じ操作システムである「ジャンケン」で行われます。チョキ・グー・パーを選び、自分の操る昆虫カードの美女を勝利へと導く為に、対戦相手の出す手の内を先読みし、ライバルに勝ち進んでいく対戦ゲームです。

このミニゲームの基本となるのが「昆虫カード」と「わざカード」になります。「昆虫カード」は対戦するキャラであり、様々な昆虫のコスプレをしたセクシャルな美女を選びます。選ぶ際にただHPが高いキャラを選ぶのではなく、相手の天敵となる防御力の強い昆虫か攻撃に特化した昆虫かを選ぶことが、勝負の分かれ目になっています。

またその選んだ「昆虫カード」の能力も勝負の分かれ目に含まれています。「わざカード」にも様々な種類があり、攻撃を基本としたモノから、回復から補助などを勝負中にいかに使用し、有利に対戦を進めるかが戦略の要となっています。

でもまず対戦の基本となる「昆虫カード」と「わざカード」はどうやって手に入れるのか、それは眠らない街である神室町の至る所に「メスキング」のカードは落ちており、それを探し出して回収し、集める事から始まります。また売っている場所も存在し、意外なところでレアカードがあったりと、奥の深い探索などが楽しめます。

また「メスキング」をプレイする前に、メスキング博士の親切なレクチャーや練習などもあり、未知のライバルとの対戦に備える事も出来れば、新しいカードを組み上げる戦術や戦略を練るなど、遊び要素が実に奥深い内容となっています。

メスキングカードNo19 ハイイロテントウの入手方法について

08242-ryu-ga-gotoku_thumbnail

「龍が如く 極」のミニゲーム「昆虫女王メスキング」は昆虫カードを探し出す事から始まります。眠らない街神室町の至る所に散らばっているメスキングカード。それを探し出す事は実に容易ではありません。

カードの総数は「昆虫カード」から「わざカード」を含めて、実に59種類と豊富です。貴重品アイテムの「メスキングカードアルバム」に全コンプリートするまでには相当に長い道のりになっています。

そんなメスキング関連のイベントをするには第4章の中道通りにある、クラブセガの店の前に落ちている昆虫カードを見つける事から始まります。見つければサブストーリーの『昆虫女王メスキング』がプレイできるようになり、神室町全域にメスキングカードが配置されます。

カードを探す基本は、コインロッカーの鍵と同じ、街の中に輝くポイントが目印になっています。コインロッカーの鍵は銀色で輝くポイントですが、メスキングカードは蝶のマークが輝いているポイントになります。

無論コインロッカーの鍵と同じように、普通では見つかりにくい場所に隠れている場合もあり、視点モードなどを要所ごとに使い分ける事も重要になっています。捜索に困難を極めそうな、そんなカードですが、そんな人の為に御助けアイテムも備わっています。

CPポイントで22ポイントを貯めれば、アクセサリーの「カードウォッチャー」をボブ宇都宮から入手できます。装備すればカードの傍に近づくとアラームが鳴り、カードが近くにあると教えてくれます。

でもカードは街に散らばっているだけではなく、お店で売っているカードなどもあります。またメスキングは基本的にはサブストーリーメインの進行となっていますので、対戦相手を攻略して手に入れる内容になっています。でもオールコンプリートは容易ではありません。

メスキングの中でも手に入りづらいカードがあります。それはNo.19のカードである「ハイイロテントウ」です。あまりの手の入ら無さに、ダウンロードで購入するカードだと噂が起つくらいに、入手方法が謎だったそのカード。

入手方法は以下のようになります。別に入手には難しい事をする必要はありません。ただ誰かとひたすらに対戦を重ねることで入手できるのです。でもどのくらい対戦回数を重ねればいいのか、また連勝する必要があるのかは不明ですが、ひたすらに対戦相手とバトルを続け、勝利していけば、メスキング博士からハイイロテントウのカードをもらう事が出来ます。

この際に対戦相手は無理に強い相手を選ぶ必要もなく、一番弱いトモヒロを選び、連勝していけばいいです。またこのハイイロテントウはメスキングカードの中で最強クラスになるので、手に入れていて損はないです。

強いメスキングカードの在り処!

メスキングカードはどこにあるのかと、捜索に難儀しているプレイヤーは多いと思います。そんな探すことに苦労しているプレイヤーの為に、高レベルのメスキングカードを入手できる場所を幾つかピックアップしたいと思います。

まずメスキングの「昆虫カード」には以下の様なステータスで構成されています。まずHPとなる「たいりょく」、攻撃に欠かせない「ダゲキ」に、技に関係する「ハサミ」・「ナゲ」・「テクニック」などの数値も重要になります

また。起死回生の一撃を相手に食らわせる「超必殺わざ」や、そのダメージを増加させる「つよさ」などに注意をして、カードを選ばなければいけません。

その中でも特に強く、HP200のメスキングカードは、以下の場所になります。まずNo.1となる昆虫カード「ギラファノコギリクワガタ」は、賽の河原の地下闘技場受付け前のソファーの間に落ちています。

またNo.2となる「ヘルクレスオオカブト」は、サブストーリー77「最強の名を賭けて」で、メスキング博士と対決し、勝利すれば手に入れることが出来ます。

メスキング博士と会話し、「本気の博士と対戦したい」を選択、そして勝利すれば「ヘルクレスオオカブト」を入手できますが、この時点でカードが足りないと、対戦する前に「カードがたりない」と、メスキング博士に対決を拒否されてしまうので、最低でもカードを50枚以上を集めてから対戦に望みましょう。

そして次に強いのが、「龍が如く 極」をプレイしている中でも発見するのが困難だったNo.19のカードである「ハイイロテントウ」です。ステータスも実に充実しており「たいりょく・200」と、高HPを保持し、攻撃力も「ダゲキ・100」「「ハサミ・50」「ナゲ・50」「テクニック・30」と高水準のステータスを持っています。

また「超必殺技・アックスキック」など、大幅に相手のHPを削ることができ、「つよさ・200」とオールマイティーなカードでもあります。でも、そのメスキングカードの中で、群を抜いて「ダゲキ・110」を持つ攻撃力の高いカードも存在しています。

そのカードのNo.は29。名前は「テイオウムカシヤンマ」です。後半のメスキング対戦でバランスよく強敵と戦うことの出来るカードの一つで、No.19の「ハイイロテントウ」よりも比較的簡単に見つけることが出来ますが、手に入れるには、まず賽の河原に行く事が出来るようになる第5章までシナリオを進める必要があります。

そしていざ西公園に入る事が出来たのなら、西公園の噴水まで向かいましょう。そして噴水近くの北側に屋根付きのベンチがあると思います。その屋根の上をR3ボタンの主観視点で調べれば、発見することが可能です。

このカードがあれば、対戦には事欠かないと思いますので、手に入れて損はありません。

メスキングカードの使い方!

「昆虫女王メスキング」は入手した「昆虫カード」を1枚選び、「わざカード」を3枚をデッキ作成し、ライバルと対戦を行うゲームとなっています。初めにどの昆虫カードを選択して、パートナーとなる昆虫を決定するかで、勝負の明暗が分かれると言っても過言ではありません。

ただ強い「昆虫カード」で勝つのも容易ではなく、ライバルが使用する「昆虫カード」の能力に負けてしまう可能性もありますので、対戦前には必ず「昆虫カード」を見抜くことも重要になります。昆虫カードには、その昆虫の情報が記載され、その昆虫の得意とするコマンドをよく見る必要があります。

重要になるのが「たいりょく」「ダゲキわざ」「ハサミわざ」「ナゲわざ」「テクニック」などの項目であり、「たいりょく」が0になると負けてしまいますので、なるだけ体力の多いキャラを選びましょう。また「テクニック」は値が大きければ大きいほどに、使いこなせる技も多くなります。

相手を牽制し、HPを徐々に削りながら、最後の決め手を「超必殺わざ」で決めるのが、メスキングの基本的な戦い方になっています。それを踏まえてデッキを組み終えれば、試合が開始します。いざ試合が始まれば昆虫の格好に扮したコスプレ美女を操作することになります。

制限時間の10秒間の間にグー、チョキ、パーを選び、対戦相手とのジャンケンに勝利できれば、グー・チョキ・パーのセッティングした「わざカード」の技が発動し、対戦相手を追い詰めることが出来ます。 そう、このメスキングの要になるのが「わざカード」です。

わざカードを選ぶには、テクニック数と昆虫との相性が重要になります。またその「わざカード」がジャンケンアイコンの「グー、チョキ、パー」のどれに属するのか記載されています。

解りやすく言えばグーはダゲキわざになり、チョキはハサミわざで、パーはナゲわざと、実にシンプルになっていますが、ただ闇雲に攻撃すればいいものではありません。選んだ昆虫には特異な攻撃方法があり、その種類に見合った「わざカード」を見抜くことがまた重要となります。

また技が強くても、選んだ昆虫との相性が悪ければ、どんな強力な技も無意味になってしまいます。デッキを組む際に表示される、△や○などの、その昆虫にあった適切な技を選び、◎の「わざカード」を選択する事が望ましいです。

その相性により攻撃力や技の効果の長さが変化したりと様々にありますので、◎などの良い相性の「わざカード」は見つけ出して置いたほうが良いです。

真島も夢中になるメスキング!!!

「昆虫女王メスキング」のミニゲームには意外な対戦相手が登場します。それは龍が如くシリーズで御馴染みの「嶋野の狂犬」こと真島吾郎との対戦です。

今回の新システム「どこでも真島」のイベントの一環で、桐生一馬にメスキングで対戦を挑んでくる真島吾郎。相手も油断のなら無いデッキで勝負を仕掛けてくるので勝つのは容易ではありません。そんな手強い真島吾郎と対戦をする事になる「メスキング真島 」のイベント発生の内容は以下の様になっています。

まず発生の時期になるのが第4章からで、発生条件としては真島との因縁がランク_以上になっている事が第一に、また警官真島イベントを終え、No.68のサブストーリーである「昆虫女王メスキング」をクリアしている事が条件になっています。

それらの事を終えて、第4章を迎えたら、真島の部下である西田からメールが届きます。メールの内容は「親父がゲーセンに興味をもった」と言う内容で、そのメールを確認後に中道通りにあるクラブセガでメスキング博士と会話すると、真島が登場し、真島とメスキング対決をする事になります。

この時の真島が使う昆虫カードは「ハナカマキリ」で、昆虫カードのNo.22で体力も100と、メスキング関連のイベントを幾つか攻略していたら、たいして脅威にはなりませんが、油断は禁物なので、真島戦の攻略方法をまとめて置きたいと思います。

まず真島はチョキを集中的に出すので、こちら側はグーを出すことに集中しましょう。でも相手がチョキしか出さないとボタン連打するのはよしましょう。途中で違う手札を出す際があるので、それを見極めた上で対戦してください。

そして勝負に勝利しても戦闘にはなりませんが、真島のメスキング対決は2回目もあります。その2回目の対戦になる発生時期は第10章で、発生条件としてはメスキング真島をクリアし、真島との因縁ランクをS以上にしておかなければいけません。

またアイドル姿をした真島との対戦も終えてる必要があります。イベントの始まり方は、西田からのメールから始まり、また中道通りのクラブセガに向かい、メスキング博士と会話すると、また真島が乱入してきます。二回目の対決で真島は「ニセハナマオウカマキリ」を使用してきます。

昆虫カードのNo.30のニセハナマオウカマキリはHPが180と中々手強く、メスキング博士関連のイベントを終え、強いカードを集めている必要があります。この時の真島はグーを積極的に出しますので、こちらはパーを優先的に出しましょう。

でも忘れてはいけないのが、油断してボタンを連打する事です。途中で違う手を出すこともあるので、気を付けて対戦しましょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社