QムービーTOP > ゲーム > ハースストーン

ハースストーン 使えるハンターのデッキとは?

ハースストーン ハンターの代表的なデッキ

ハンターは対戦相手に直接2ダメージを与えるヒーローパワーを持った攻撃的なヒーローです。この記事ではハンターの代表的なデッキ3つを紹介します。

フェイスハンター

フェイスハンターは素早く対戦相手のライフを0にすることを目指したアグロデッキです。レプラノームや鬼軍曹、ナイフジャグラーといった低マナ域のミニオンをどんどん場に展開し、ヒーロー本体を攻撃してダメージを与えていくテンポを最重視した戦略をとっています。

盤面でアドバンテージをとることを考えず、対戦相手のフェイス(顔面)めがけて攻撃を繰り返していくイメージです。ハンターのヒーローパワーによってダメージを稼ぎやすいですし、対戦相手がミニオンを展開してきた場合でも、同数の突撃を持った1/1ミニオンを展開できる猟犬を放て!で対応できます。

獣が戦場にいることが条件ですが、1枚で5ダメージを与える殺しの命令というバーン呪文もあるので、最速の動きを見せればかなり早いターンで勝負を決められるデッキです。また、デッキに含まれるカードがコモン中心なので、資産が少なくても組みやすいという点も魅力の1つです。

ミッドレンジハンター

ミッドレンジハンターはそのデッキ名が示す通り、ミッドレンジのデッキです。フェイスハンターと比べると、低マナ域のカードを減らす代わりに手動操縦のシュレッダーやサバンナ・ハイメインのようなアドバンテージの得やすい中〜高マナ域のミニオンを増やした構成となっています。

低マナ域のミニオンについても、死亡時に獣カードを1枚得られるウェブ・スピナーのように攻撃力よりアドバンテージを意識したカードの採用が多いです。コストパフォーマンスの良いカードがたくさんデッキに入っているので、単体のカードで処理しきることが難しく、コントロールデッキに対して相性が良いデッキです。

その代わりアグロデッキに対してはミニオンの展開が間に合わず、ヒーローのライフを削りきられてしまうケースが多いため不利になってしまいます。

ハイブリッドハンター

ハイブリッドハンターはフェイスハンターとミッドレンジハンターの中間のような構成をしたデッキです。レプラノームや鬼軍曹といったミニオンからゲームをスタートするのはフェイスハンターと同じですが、ロウゼブやサバンナ・ハイメインのような中マナ域のミニオンも数体採用されています。

状況に応じて対戦相手への攻撃を優先するか、盤面の有利を獲得するかを選ぶ戦略をとります。フェイスハンターよりも息切れしにくくなっているので、安定感は高いです。ただ、その代わりにデッキの速度は抑え目になっています。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社