QムービーTOP > 映画 > 映画

「カノン」美しき三姉妹が追う母への筋道

 石川;金沢,富山;黒部,東京それぞれの地に住む三姉妹。映画『カノン』は、長女;宮沢紫(ミムラ)、次女;岸本藍(比嘉愛未),三女;岸本茜(佐々木希)が、祖母の葬式で集まったことをきっかけに、「死んだ」と聞かされていた母親について、その真実を探り始めるという家族の絆を描いたストーリーです。
 撮影は富山県はダムで有名な黒部市をスタート地点に行われることや、劇中で三姉妹が同曲を演奏する場面に話題が集まっています。監督は「リトル・マエストラ」、「神話の国の子供たち」で子どもたちや若者の絆を描く手腕に長ける雑賀俊朗が参加。
・監督:雑賀俊朗
・脚本:登坂恵里香
・主要キャスト:比嘉愛未 / ミムラ / 佐々木希
・配給:KADOKAWA
・備考:5月全国ロードショー

動比嘉愛未が演じる映画「カノン」でミムラ、佐々木希が三姉妹に!

 5月に公開される映画『カノン』でミムラさん,比嘉愛未さん,佐々木希さんが美人姉妹となって共演を果たしました。それぞれが個性ある役どころを演じ、また互いが普段は離れた場所に住んでいることから、撮影地も金沢、黒部、東京と数か所にわたるようです。
 長女を演じる女優のミムラさんは「大人になれば無条件に強くなれると考えがちですが、実際には弱い部分や過去からの傷を見つめられるようになるのが “大人” かなと感じる今。この作品に込められた想いが沢山の方の心に反響するよう尽力致します」と作品への思いを語り、落ち着いた彼女らしいコメントを発表しているそうです。

トップページへ

動映画 チェスト! (映画『カノン』脚本家関連動画 )

 漫画原作者としてデビューしたという経歴の登坂恵里香さんが、映画『カノン』でオリジナル脚本を執筆されたそうです。登坂さんはかつて映画『チェスト』でも脚本を書いており、『カノン』同様、雑賀俊朗監督と組んだ『チェスト』は鹿児島市立松原小学校で1926年から実施している有名行事 ”錦江湾横断遠泳大会” を題材として、架空の小学校 ”清水原小学校” の6年2組を舞台に、その大会を目指す小学生を描いた作品となっているそうです。
 その際第8回日本映画エンジェル大賞(角川)を受賞するほど作品は高く評価され、ファミリー層をはじめ人気となりました。今回も同タッグで製作された映画『カノン』に期待が寄せらています。

トップページへ

動映画「神話の国の子どもたち」予告編(映画『カノン』監督関連動画 )

 ドラマのディレクターなどを経て、「チェスト! 」、「海の金魚」、「リトル・マエストラ」、「神話の国の子供たち」などのヒット作品を成功に導いただけでなく、「チェスト! 」では日本映画エンジェル大賞を、「神話の国の子供たち」は上海国際映画祭招待作品として出品され、世界からも注目を集めている雑賀俊朗監督の最新作品が5月にいよいよ公開となります。
 こちらでは映画『神話の国の子供たち』を、最新作関連動画としてお送りします。最新作『カノン』は、ある美人三姉妹が祖母の葬式で集まったことをきっかけに、「死んだ」と聞かされていた母親について、その真実を探り始めるという家族の絆を描いたストーリーになっています。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社