QムービーTOP > 映画 > 映画

「ふたりの桃源郷」ある老夫婦の記録、それでも心は山にありました。

 人気テレビドキュメンタリーシリーズ「ふたりの桃源郷」の映画化です。山で暮らす一組の夫婦と、彼らを支える家族の姿を25年にわたり追い続けたを記録だそうです。夫婦が暮らした中国山地の桃源郷は、電気も水道も通っていない不便な山合いですが、「食べていくだけのものは自分で作る」と、戦後間もない頃に夫婦で切り開いた地であり、一度は都心に出ましたが還暦を過ぎてまた山へ戻り、余生を送ることを決意。
 山への思いを最期まで貫く夫と、彼に寄り添う老いた妻。彼らに寄り添い続けることを決めた娘夫婦は、親との残された時間を大切に過ごしたといいます。彼らが問いかける人生の意味とは?・・・。映画版限定のナレーションを吉岡秀隆さんが担当されています。
・配給:ウッキー・プロダクション
・製作著作:山口放送
・製作指揮:岩田幸雄
・企画:赤尾嘉文
・監督:佐々木聰
・ナレーション:吉岡秀隆
・主要キャスト: 田中寅夫 / 田中フサコ / 矢田恵子 / 矢田安政 / 西川博江
・備考:5月14日ポレポレ東中野にて公開

動映画「ふたりの桃源郷」予告編

 寅夫おじいちゃんが、フサコおばあちゃんの髪をとかし、それに対してとても嬉しそうなフサコおばあちゃん。電気も水道も通っていない、中国山地の山奥。仲のよいふたりと気兼ねのない山暮らしが映りますが、その家族は両親を心配し、悩み、戸惑います。かつて戦争をきっかけに住む場所として選んだ山を開拓したふたり。
 ですが、子どもたちの将来を思い、一度は都心へ戻りますが、再び山へ。ますます老いていくふたりですが、それでも心は山にありました。葛藤し、模索を続けた家族はやがて…。テレビシリーズで大反響を呼んだ作品の、待望の映画化、ナレーションは俳優;吉岡秀隆さん。彼の声が優しく作品に響きます。

トップページへ

動山で生活する夫婦を、およそ25年間追ったドキュメンタリー!映画『ふたりの桃源郷』予告編

 戦災で家を失ったことから、自ら切り開いた山で暮らす夫婦とその家族を、25年間追い続けた人気ドキュメンタリー番組(テレビ)を再編集した映画版が公開されます。映画は山口放送開局60周年記念作品だそうです。やっとの思いで切り拓いた山での生活でしたが、歳を重ねるにあたり子供たちの将来のために山暮らしをやめた田中夫妻。
 余生を送るために再び山奥に戻った夫婦は幸せそのものの生活を送りますが、体調を崩すと状況は一変。家族の葛藤や模索を通じ、誰にでもいつか必ず訪れる老いについて問います。公開は5月14日です。

トップページへ

動映画「ALWAYS 三丁目の夕日」劇場予告 ( 映画『ふたりの桃源郷』ナレーション担当俳優関連動画 )

 人気テレビドキュメンタリーシリーズ『ふたりの桃源郷』の映画化にあたり、そのナレーションを担当するのが子役から活躍されている俳優の吉岡秀隆さんです。山で暮らす一組の夫婦と、彼らを支える家族の姿を25年にわたり追い続けた記録である映画『ふたりの桃源郷』。
 こちらでは、ナレーションを担当されている吉岡さんの代表作品を関連映像としてお届けします。作品は「ALWAYS 三丁目の夕日」。この作品で吉岡さんは第29回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しました。変わらず優しい語り口は、どの作品にも共通する吉岡さんの魅力ではないでしょうか。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社