QムービーTOP > 映画 > 映画

「或る終焉」在宅看護師苦渋の決断に注目のヒューマンドラマ

 国際的に高評価を獲得してきたミシェル・フランコ監督の最新作。英国が誇るベテラン俳優であり、アカデミー賞ほか多数のノミネートに輝き続けるティム・ロスを主演に迎え、ロビン・バートレットほか実力派俳優と共に完成させた意欲作が日本公開を控え、そのストーリーは終末期患者をケアする看護師の葛藤と壮絶な決断をサスペンスフルに描いたヒューマンドラマです。
 末期がんに苦しむマーサ役に「幸せの向こう側」「シャッター・アイランド」のロビン・バートレット。第68回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞作品。
・監督/脚本/製作:ミシェル(マイケル)・フランコ
・製作総指揮:ティム・ロス
・配給:エスパース・サロウ
・主要キャスト:ティム・ロス / サラ・サザーランド / ロビン・バートレット
・備考:5月Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
・特別鑑賞券絶賛発売中¥1,500(税込) 劇場のみ数量限定で「お肌をいたわるオリジナルミニハンカチ」プレゼント

動Trailer de Chronic (HD) ( 映画『或る終焉』特報 )

 ティム・ロス演じるデヴィッドは、終末期患者の看護師として患者の家々を訪問し在宅看護を専門にしています。一人暮らしのデヴィッドの様子が伺えますが、かつては妻と娘、今は亡き息子と共に暮らしていました。彼はプライベートに踏み込まれそうになるとそれを遮り、自分の世界と仕事に生き、多くの時間を患者たちとその自宅で過ごす日々。患者の深い要求にまで答える面もありますが、それに笑って応じるデヴィッド。
 多くの患者と接する中で、彼が対面することになるある患者からの壮絶なリクエストとは…。英国俳優のティム・ロスは「ロブ・ロイ/ロマンに生きた男」「海の上のピアニスト」ほか数多出演作を経たベテラン中のベテラン。本作品では製作総指揮としても参加。日本では2月下旬から公開の「ヘイトフル・エイト」に出演しています。

トップページへ

動Clips 'Chronic', de Michel Franco ( 映画『或る終焉』紹介動画 )

 映画『父の秘密』で第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリを獲得したミシェル・フランコ監督の最新作。邦題は『或る終焉』。近くだからと断るデヴィッドに、話があるからと車に乗るよう話しかける運転中の女性。結果的に彼は彼女からの提案を断り、車から降りていってしまいます。在宅看護で重篤な状態の患者のケアをするデヴィッド。いつも訪問する老人宅に向かい、馴れた様子で患者の要望に応えていき…。
 本作は監督の実体験をもとに描かれたサスペンスの要素も含んだヒューマンドラマで、監督自身の祖母が脳卒中を起こし二度と動けない半身不随の身体になった際、多くの時間を過ごし、精神的なサポートまでもを担ったのが看護師だったといいます。過酷な仕事の中にありながら、家族が知らない患者の一面までもを汲むという人間の心を作品に見事に昇華させたミシェル・フランコ監督の力作。

トップページへ

動CHRONIC -conference- (en) Cannes 2015 ( 映画『或る終焉』関連動画 )

 カンヌ国際映画祭出品作品であったこともあり、監督や主演のティム・ロスはじめサラ・サザーランド,ロビン・バートレットらが出席したプレスカンファレンスの様子を収めた動画です。結果的に本作品はカンヌ国際映画祭脚本賞を受賞するという快挙に輝きました。末期ガン患者から安楽死の幇助を懇願される看護師の葛藤や決断までの心理という重篤なテーマを、看護師自身が抱える過去と交えて描ききった監督の手腕に感服。
 出演者のサラ・サザーランドは、日本でも大ヒットを遂げたドラマシリーズ「24」で知られる主演俳優キーファ・サザーランドの娘。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社