QムービーTOP > 動画 > ドラゴンボール > ドラゴンボールヒーローズ

ドラゴンボールヒーローズ ミラをデッキに組み込むと・・・?

ドラゴンボールヒーローズにおけるミラの性能とは?

ゲーム『ドラゴンボールゼノバース』において登場したオリジナルキャラクター・ミラ。ミラは人造人間であり、同じくこのゲームに登場するキャラクターであるトワによって作られました。パワーアップすることによって「超ミラ」という姿になることもできます。

『ゼノバース』の発売後に、アーケードカードゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』においてミラはカード化されました。様々なレアリティ、そしてバリエーションのミラがラインナップされています。そこで今回は、「HGD3-SEC」という型番のミラのカードの性能について詳しく検証します。

「HGD3−SEC」のミラはHPが2200、パワーが6900、ガードは1000です。人目でわかるパワータイプのカードということになります。レアリティの星は4です。アビリティは「暗黒パワーの掌握」。その内容は、連携アタックにこのカードを参加させることができなくなる代わりに、一切気絶することがなくなります。

そして相手に気絶しないという特性を持っているカードがある場合は、それに対する攻撃力が3倍に膨れ上がるというものです。この能力は永続ですので、戦う相手によっては非常に有利にゲームを進められるのではないでしょうか。

例えば「異常な執着心」や「制御されし悪魔」といった気絶しない永続効果を持つブロリーに対して、「HGD3-SEC」は高い効果を発揮します。そして「HGD3-SEC」のCAアビリティですが、こちらは「超ミラ」です。

ミラのパワーアップの再現であるこのアビリティの効果は、2ラウンド目以降でこのカードをアタッカーにすることで「超ミラ」に変身させるというものです。チャージインパクトのスピードが速くなる代わりに、パワーとガードは永続で5000プラスとなります。

つまりパワーは11900、ガードは6000ということです。チャージインパクトの難易度が上がるという欠点は追加されてしまうものの、それ以外については至れり尽くせりな内容ではないでしょうか。

チャージインパクト問題を解決するには、「タイムパトロール」のような、スピードをリセットさせるアビリティを持ったカードをデッキに加える事が最善の手段です。「HGD3-56」や「HGD5-05」のトランクス:ゼノが、この条件と一致しています。

十分に強いミラですが、ここにさらにパワーを上げるカード、例えば攻撃を受けるたびに仲間のパワーを5000増加させるという「救援要請」のアビリティを持っている「HGD4-SEC2」のターブルがデッキに加われば、たいていのボスや超ボスは一瞬で倒すことができます。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社