QムービーTOP > ゲーム > モンスト

モンスト ナッシュは使い勝手の良い木属性モンスター

モンストに登場するナッシュは使い勝手の良い木属性モンスターです。ナッシュはストリートファイターⅤコラボで登場したイベントクエストで降臨するキャラクターなのですが、進化合成することによってリベンジャー ナッシュとなります。このリベンジャー ナッシュがなかなかの使い勝手の良さを持っており、ファイターで反射のスピード型なのですが、アビリティにはアンチダメージウォールを持ち、さらにゲージショットによって幻獣キラーも発動させることが出来ます。そしてラックスキルとしてシールドを持っているところも嬉しいのですが、やはりストライクショットにその特徴が現れています。ナッシュが使用するストライクショットはジャッジメント・セイバーという名前で、これは触れた敵の弱点に移動することによって攻撃するというもので。18ターンの経過により使用することができる状態になります。そんなナッシュは他にも友情コンボとしてソニックブームを発動させるなど様々な面において個性を発揮できるキャラクターですが、動画としてYouTubeに投稿されているものをピックアップしてさらに詳しく見ていきます。

モンスト ストリートファイターコラボで登場、サイボーグ戦士ナッシュとは

08439-monster_strike_thumbnail

ストリートファイターコラボで登場したモンスターの中で話題となったのは、やはりストリートファイターⅤから参戦したファイターたちです。

新たなアンチアビリティなどを有しての登場となったので、過去のモンスターにはない活躍が見込める優秀な面々の中でも、ボスとしても登場することで有名になったのがナッシュでしょう。

ストリートファイターシリーズの中でも古くから登場している男で、設定上つながりのあるガイルとの関係含めてファンなら同じパーティで使ってみたい一体です。

コラボ内の強力モンスター、例えば神化ケンやベガ、ガイルといったモンスターの神化素材にもなるナッシュですが、その実力は中々のものなので、素材以外にも戦いで主に使ってみるのも悪くありません。

幻獣キラーを持っていることからも一部のボスに大ダメージが狙えるなど、頼れるオフェンス要員にもなるほか、ストライクショットは弱点の場所へと異動して攻撃するという強力な一撃を期待できるものです。

的確にダメージを与えていきたい人には最適で、広範囲を攻撃できるモンスターと組み合わせれば、死角のない攻め方が望めるでしょう。

友情コンボはストリートファイターコラボのモンスターに多い、近隣の敵キャラ単体を攻撃するもので、安定こそしますが、狙い通りにはいかないことが多いものです。

弱点ヒット系のストライクショットと組み合わせて、ボスへの集中攻撃係として使ってみるのが適切でしょう。

進化にあたるリベンジャーナッシュにしてスピードを活かした攻撃とストライクショットに頼るのがベターですが、他のモンスターによってパワーアップさせるなど、強化もしやすいです。

ストライクショットのターン数も短めなので、燃費も良いのがナッシュの特徴でしょう。デフォルト状態の時からですが、アンチアビリティがやや頼りないので、ギミック対策をするなど、パーティの編成次第で大きな変化を見せるモンスターと言えます。

ストリートファイターコラボのモンスターの多くがこのような適材適所な使い方が望まれるもので、ケンのように火力で押し切るタイプではないので、使い道を把握してはふさわしい攻撃を目指せるように心がけましょう。

木属性のモンスターの中では攻撃力は高めなので、弱点ヒットを駆使して大きな打撃を生み出せます。水属性の降臨クエスト攻略に持っていけば、単体でボスを相手にすることも出来るので、頼れる状況となるでしょう。

スピードとストライクショットが自慢のナッシュ、その評価と使い道

ナッシュは木属性で控えめな攻撃力が多いモンスターの中では、それなりのパワーを持つ一体です。

アンチダメージウォールをデフォルトステータスの時点で持っているので、攻撃面でも頼りにならないわけではありませんが、他のモンスターでギミック対策をする必要があるのは否めません。

ストライクショット「ムーンサルトスラッシュ」はスピードをアップさせる効果で、もとより高いスピードをより強化できるのでパワーアップに繋がります。

友情コンボ「ソニックブーム」は近接している敵を攻撃するもので、サポートにはあまり向いていないものです。

ボス相手に攻撃した後に、他のモンスターでこれを発動させて追い打ちをかけるのがベターでしょう。

ストリートファイターコラボのモンスターの多くに共通する単体狙いの友情コンボは、威力重視となるため、どうしても回転が悪くなります。

本当の強さはやはり進化のリベンジャーナッシュで発揮されると思われます。スピードは非常に高く、400にも達する数値になるため、攻撃面での強化がすぐにわかるでしょう。

アンチダメージウォールに加えて幻獣キラーまで装備しているので、一部のボス相手には大ダメージが狙えます。攻撃力もキラー能力込みのそれを計算しておいて、ここぞという時に高火力を叩き出しましょう。

ストライクショット「ジャッジメント・セイバー」は相手の弱点まで移動しては攻撃するという的確な一撃を出すもので、これも意外なほどのダメージアップに繋がります。

キラー能力や木属性との相性を活かして、最大火力を出してみましょう。100万とまではいきませんが、木属性には珍しいタイプのパワーを見せてくれます。

「ソニックブーム」は同じ効果のままで威力だけが上がっています。ボス相手の追撃に使うくらいですが、発動すると嬉しいものではあるので、他のモンスターでのサポートも忘れずに行いましょう。

スピードがあるとはいえ、常の攻撃力は低めのナッシュですが、このように弱点などを突けば大きなダメージを出せるモンスターではあるので、作戦次第で化けると言える一体です。

神化素材にする前に、一度はその特殊な攻め方を体験してみてはいかがでしょうか。

アンチダメージウォールやキラー能力含めて、毘沙門天の超絶といったクエストで大きな活躍が見込めるため、あらかじめステータスとマッチするクエストを探してみては、特定のモンスターのスペシャリストに仕立て上げましょう。

モンスト ナッシュを入手するためにクエストを攻略しよう

ナッシュは降臨クエスト「変わり果てた復讐者」でドロップできるモンスターなので、入手自体は楽ですが、ボスとして立ちはだかるナッシュを倒さねばならないので、対策を練ったうえでパーティを編成しなければなりません。

雑魚敵からボスまで木属性なので、火属性を多めに編成していけば攻撃面では不安はありません。出てくるギミックも重力バリアだけなので、アンチ重力バリア持ちを何体か持っていけば、確実にダメージが通るようになるでしょう。

雑魚で出てくる大リドラはカウンター持ちなので、条件を満たさないように注意深く攻めたいところですが、攻撃力の高いモンスターならば一撃で倒すこともできるため、友情コンボなどでまとめてせん滅したいところです。

水属性は相性が悪いので主力としている場合でも、あえて外しては火属性を攻撃係として編成していきましょう。

神化坂本龍馬や神化ケンといった剛腕のモンスターならば、雑魚とボス問わず一撃も圏内のパワーが見込めるので、あっという間に倒していきましょう。

アポロは神化なら弱点を出しては攻撃できるので、ワンパンが期待できます。イザナミはレーザーでまとめて攻撃できるので、こちらもおすすめです。

進化テキーラαは砲台としても活躍するので、雑魚敵せん滅にも使えるなど、あらゆる局面で役立つモンスターもいるため、火属性のくくりの中から色々候補を選びましょう。

中盤にはリドラに加えて、マンガン軍曹も出てきますが、こちらも簡単に倒せるタイプのステータスなので、敵の配置を上手く見極めてレーザーなどで複数で攻撃しましょう。

ボスのナッシュはホーミングやショットガンといった複数攻撃を連発してくるため、こちらの被害もそれなりに出ますが、攻撃力が秀でているわけではないので、ゴリ押しを狙いましょう。

6ターン以降などになると、強力な一撃を使ってくるため、長引いてもこちらが不利になります。リドラなどと一緒に壁カンが有効なので、短期決戦で倒してしまうのが先決です。

後に出てくる進化ナッシュも同じ壁カンメインで攻撃していくのがセオリーです。運枠適正としてはリリムや神月かりんといったモンスターがお薦めで、それらは全て火属性です。

攻撃にも参加できるので、良いこと尽くしでしょう。コラボイベントの中でも簡単な部類に入るクエストなので、ギミックよりは攻撃力を軸として構成して、サクサククリアしてはナッシュをゲットするように励みましょう。

モンスト ナッシュが適正のクエストと、それを支える能力

08439-monster_strike_thumbnail

ナッシュは木属性のモンスターの中でも高めの攻撃力を持っている新モンスターとして知られていますが、それを実現しているのが進化のリベンジャー ナッシュで得られる幻獣キラーで、そこそこ多いタイプのキラー能力ゆえに、多くのクエストで攻撃役を任せられるでしょう。

アンチダメージウォールを持っていることからもバランスがとれているので、色々なボス相手に活躍できますが、キラー能力と属性の二つで有利な毘沙門天が最も光る場面でしょう。

超絶クエストでも強力な難易度を誇る毘沙門天ですが、ナッシュの能力は隅々までここに対応しているので、頼もしい存在となります。

例えば制限をかけてくる雑魚モンスターは、幻獣属性ということもあり、ナッシュなら一撃で倒せてしまうレベルです。

これにより、ボスへの攻撃が簡単になり、攻略がグッと楽になるでしょう。弱点に移動して攻撃するストライクショット「ジャッジメント・セイバー」も頼りになるもので、ボス退治専門として使えば、動かしやすいでしょう。

毘沙門天は攻撃力も高いので、一体で抑えられる程ではないですが、それでも貴重なオフェンス要員としてこのクエストでは重宝します。

友情コンボの「ソニックブーム」は近接している敵に攻撃するもので、単発の威力はなかなかのもの。これもボスに確実に当たるようにしてやればより高いダメージが1ターンで狙えます。

アンチアビリティが一つだけと少し不安なので、他のモンスターでギミック対策を行なえば、完ぺきでしょう。

水属性の降臨クエストは他にも沖田総司といったものがあり、木属性であることと、友情コンボでのダメ押しが火力面で助かります。

幻獣キラーを活かしたいのなら、属性関係は別としても、多くのクエストに持っていくべきでしょう。毘沙門天のように派手な活躍は限られますが、使いやすいモンスターゆえに多くの場面に適応できます。

弱点を出現させるモンスターを編成していれば、いち早くストライクショットを狙っていけるなど、汎用性もそれなりに高いので、ギミックが少なめのクエスト全般に適しているといっても良いでしょう。

ラックの値も上げておけば運枠として充分に使えるため、毘沙門天も同様の編成が可能です。

ガチャ限定でしか得られないコラボモンスターより入手が確実なので、堅実なプレーでパーティを強くしていきたい人はナッシュを優先して得られるように、次にコラボが始まった時に備えておきましょう。

【モンスト公式】ナッシュに挑戦!HIKAKINモンストTV

 モンストでナッシュにヒカキンさんとセイキンさん、そしてさなぱっちょさんとぱなえさんで挑戦している様子が収録されているYouTube動画がこちらとなっています。これは第17回HIKAKINモンストTV with Google PlayとしてYouTubeLiveでライブ配信されたものなのですが、ナッシュのイベントクエストに出撃させたキャラクターはヒカキンさんが坂本竜馬、そしてセイキンさんはイザナミ、さらにさなぱっちょさんはアポロ、そしてぱなえさんはアグナムートXとなっています。そんな火属性で固めたパーティによってラストゲージまで進み、このステージではコラボ特有の演出としてファイナルラウンドであることが英語で表示されます。そして最後はイザナミのストライクショットからのアポロのストライクショットが入り、最後にアグナムートXによる攻撃でステージクリアしています。

モンストの攻略ページへ

【ストVコラボ】「ナッシュ」使ってみた!

 モンストのストVコラボで「ナッシュ」を使ってみた様子が収録されているYouTube動画がこちらとなっています。この動画ではXFLAGスタジオのさなぱっちょさんとぱなえさんがナッシュを使ってみている内容となっていて、まずアビリティとして幻獣キラーが機能していることを確認しています。そして新しいストライクショットである弱点に移動して攻撃するという不思議なものを使用しています。さらにステータスもチェックしているのですが、やはりそのスピード型特有のスピードの高さに注目しています。これはタスを振ることをしなくても311km/hものスピードを持っていて、最終的には400km/hを超えるという驚異的なスピードとなっています。

モンストの攻略ページへ

【モンスト】ナッシュ超適正!毘沙門天攻略!

 モンストでナッシュが超適正であるとして、毘沙門天を攻略している様子が収録されているYouTube動画がこちらとなっています。この動画ではB4メンバーでもあるぎこちゃんさんが毘沙門天を攻略する内容となっていて、ソロプレイで出撃したモンスターのパーティ構成は、まずナッシュ、つぎにコルセア、さらに茨木童子、そしてもう1体フレンド枠としてコルセアとなっています。このクエストはモンストの水属性クエストの中でも屈指の難易度となっていますが、最後はナッシュのストライクショットが決まって倒すことに成功しています。そしてしっかりとスピードクリアの報酬といて毘沙門天を手に入れています。やはりナッシュのラックを56にまでしたぎこちゃんさんにかかれば毘沙門天といえども難なく倒せるといったところなのではないでしょうか。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社