QムービーTOP > ゲーム > パズドラ

【パズドラ】パズドラ 虹翼の旋龍帝・セブンザード登場!その性能とは?

虹翼の旋龍帝・セブンザードはテクニカルダンジョン伝説の樹海「密林の旋龍」のボスドロップキャラです。

いわゆるナンバードラゴンシリーズの第7番目のドラゴンですね。今までの順番通りに木属性で実装されました。

これまでのナンバードラゴンに比べてイラストがやたらと爬虫類っぽいというか、毒々しい感じです。虹翼の旋龍帝という名にふさわしさを感じられません…

さて、このキャラとダンジョンは4月28日実装と最新ダンジョンとなります。一体こいつの使い方は?そもそも使えるのか?ダンジョンは難しいの?色々と探り探りの状況ですね。

そんな最新キャラのセブンザードの性能を見てみましょう。

ステータスは卵換算で740.9とそこそこといったところ。バランスタイプだけあってどれも普通なステータスです。

スキルはカメレオンブラスト「水ドロップを回復に、光ドロップを猛毒に変化。1ターンの間、ドラゴンとバランスタイプの攻撃力が2倍。」で、リーダースキルが変転の龍帝力「ドラゴンとバランスタイプの攻撃力と回復力が2倍。毒か猛毒を4個以上つなげると攻撃力が2.5倍。」となっています。

気になるのが、スキルが猛毒変換なんですよね。これは珍しい。このスキルだからこの見た目なのかと納得です。リーダースキルにも毒4個以上消しで2.5倍と毒を関係させているんですね。

毒を毎回消せば、常時0-5-2の倍率で中々いいんじゃないの?とも思えてきます。しかし、なんでスキルが毒変換じゃなくて猛毒変換なんですかね、猛毒は毒に比べて2.5倍もダメージ受けるから厳しいんですよね。

同じ4個消しをしたとしても毒の4個消しなら最大HPの20%分のダメージで済むというのに、猛毒だと最大HPの50%分のダメージも削られてしまうんですよね。

このスキルが猛毒じゃなくて毒だったらより活用の場が広がりそうだったのですが、猛毒なのでほぼ確実に回復を同時に消しておくか、全敵一撃で沈めないと敵の攻撃を喰らう余裕がなさそうです。

それを見越しての回復変換でもあるのでしょうが、猛毒はきついなぁ。様々なギミック対応も考えるとパーティを毒生成で埋めなくてはいけない分、正直なところリーダー使いでは現状厳しいのかなという印象です。

一方で覚醒スキルがとても優秀です。木属性強化×2、闇属性強化×2、スキルブースト×2とダンジョンドロップキャラにしては良覚醒をもらっていますね。

これはサブ運用で輝く場所があるかな?とも感じられますがどうでしょう。ダンジョンの難易度は最近にしては高すぎないという感じですから入手自体は容易だと思います。

これは毒系強キャラ出現のフラグかな?と感じられるキャラ、セブンザードでした。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方

・「リセマラの最新情報

・「最強パーティのランキング

・「サブの最強ランキング

・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ新キャラ! 虹翼の旋龍帝・セブンザードの評価と使い道は?

08573-puzzle_dragons_thumbnail

第7番目のナンバードラゴンシリーズとして登場した、虹翼の旋龍帝・セブンザードですが、その評価と使い道について現状どうなっているかをお知らせしていきましょう。

結論から言ってしまえば、現状必須級にはどの面から見てもなり得ない、ということです。

リーダー使用は、パズドラの悪い所でダンジョンドロップキャラは基本的にガチャキャラより弱いです。

その上、毒を使うという点で類似キャラのヘルと比べてみると、ヘルは闇限定で最大0-7-2です。対してセブンザードはドラゴンとバランスのタイプ縛りで最大0-5-2です。

確かに縛りは若干セブンザードの方が緩いですが完全に負けているんですよね。更に言えば、毒変換キャラには闇属性が多めなため、サブの豊富さでもヘルに負けています。

もっと言えば、ヘルのスキルは毒変換、セブンザードのスキルは猛毒変換です。ダメージ量が毎時2.5倍も違います。

たくさんダメージを喰らうのに火力は低いという悲しい性能です。なのでリーダー使用は現状諦めムードといったところ。

では、サブの評価は?セブンザードをサブ運用で見た時に真っ先に入りそうなのが緑ソニアパです。木主体の列パで、木闇陣持ちのドラゴン/バランスです。かなり合致しますね。

セブンザードの優秀な所は覚醒です。木と闇の属性強化とスキブが各2つずつあるので優良であると言えます。属性強化覚醒やスキブ補強要員として使えるかもしれません。

また、スキルについてですが、猛毒を作ってしまうのはあまり嬉しくはないですが、2倍エンハ効果も付与してくれるので、例えば緑ソニア陣のあとにカメレオンブラストを使えば光ドロップがないため猛毒は生成されずに2倍エンハだけ付与されます。

こういった盤面に光のない状況でエンハ目的として使うのはありかもしれません。とは言っても使い所が非常に限られるので、他のエンハキャラでもいいと言われればそこまでです。

あくまで代用の域は出そうにありませんね。他には主属性が違いますがヘルパで猛毒変換を活かして闇属性強化補強要員になるといったところですが、これも無しではないですがヘルパの場合は猛毒より毒の変換で機能しているので、2つの毒ドロップが混ざると逆に使い難くなる可能性が高いです。

サブ運用としてもあまり良い評価や使い道がありませんね。やはり良覚醒ということを活かして置物としての覚醒補強要員、スキブ要員となるのがいいところといった感じでしょうか。

今後、猛毒であることで毒より何かメリットを付与されたり、木属性毒系強リーダーの実装がされたりすれば使い道はでてくるかもしれません。

現状では、その育成難易度に見合った活躍は期待できないでしょう。せめて可愛い女の子キャラなら無理やり使う人もいたんですが、あの姿ではそれも期待できませんね。

なので使い道ができてからゲットしに行くというのもひとつの手ではないかと思います。

パズドラ セブンザード攻略 ダンジョン情報を解説!

新しく実装された、テクニカルダンジョン伝説の樹海「密林の旋龍」を攻略して行く!ナンバードラゴンシリーズのダンジョンですので例によって面倒くさいです。しっかり対策していきましょう。

できれば単色パがオススメです。多色で何がダメかというと詳しくは後述しますが、B5のメタトロンたまドラがきついからです。

単色パでバインド耐性を多め、若しくはバインド回復の用意は必要です。またできれば耐久できるHPと回復力が欲しいですね。

毒変換が多いので対応できるように。火力特化パだと難しいかもしれません。では、順にみていきましょう。

B1は森の番人です。いつも通り先制17000程度がきます。ギリギリまで粘ってから撃破したいです。

B2は闇と木のシバマルと光デビニャン。先制ダメがあるのでB1のダメは回復必須。またほぼ問題ないですが、デビニャンはHP1%以下で9万以上の攻撃をしてくるので注意。

B3はドラゴンプラントにマンドレイクです。マンドレイクがスキル遅延してきますが、耐性付けていれば問題ありません。HP低いのでワンパンできます。

B4はアルラウネです。先制で4ターンバインドを飛ばしてきます。即バインド回復をしましょう。なるべく一撃で沈めたいですが、耐久も可能です。ただやたらと変換や生成をしてくるので面倒くさいです。

B5で初出の神魔の執行者・メタトロンたまドラとグリーンドラゴンフルーツが出てきます。ドラフルは問題ないのですが、たまドラが厄介です。

50以上のダメージ無効化をしてくるので固定ダメージで抜けません。その上、2ターン目には10万の攻撃と即死級ダメージを撃ってきます。

2ターン以内にHP22を削りきるのは中々きついものがあります。多色の場合ここで色欠損していると倒せないため陣スキルなどを使わされます。

そうなると後々ジリ貧になるので多色だとより厳しいということなのです。B6はケルベロスライダー・ジゼがでてきます。100万以上ダメージ無効なのでワンパン不可です。

良い感じにダメージ調整をして2ターンで沈めたいですね。耐久してもいいですが、割合ダメに毒お邪魔生成と非常に面倒くさいのでダメージ量をしっかり把握して100万ギリギリの火力を出して早めに抜きたいです。

B7でボスのセブンザードです。先制で異常無効、75%ダメージ軽減、16000ダメージに毒生成と先制だけでも非常に面倒くさいです。

75%減されてワンパンできるほどの高火力パだとここまでこれないので、基本耐久です。毒や猛毒生成は勿論、ロックに以上無効、多変換に割合ダメと本当に面倒な攻撃ばかりしてきます。

ひとつひとつは大したことが無いですが、ペースは乱されまくりです。軽減切れたらワンパンを狙いましょう。

基本的に耐久を余儀なくされるダンジョンです。ソロプレイでクリアを目指すには緊張感のある攻略になります。マルチだとHPに余裕があるため、より難易度は軽減されます。

本当にギミックだらけで面倒くさいのでマルチがオススメですね。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方
・「リセマラの最新情報
・「最強パーティのランキング
・「サブの最強ランキング
・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ 伝説の樹海を水無課金パでソロ攻略!新キャラ対決 セブンザードvsヨウユウ!

伝説の樹海はセブンザードがドロップする最新ダンジョンです。ギミックが多く、木属性敵主体のダンジョンとなっていますが、今回は不利な属性である水属性のレアガチャキャラ無しのヨウユウパで攻略してきた!

パーティ構成は、リーダーとフレンドを蒼竹の君子・ヨウユウ、サブは再生の青機操士・シャリテ=マキナ、澪王妃・ヘラ・イース、紫棘の霜龍帝・イルシックス、水の上忍です。

水と回復ドロップの生成能力が高めなパーティになっています。回復力が4000弱しかないため、うまくスキルを使って切り抜けたい。

潜在覚醒には全員封印耐性3積み、ヨウユウに攻撃2、あとは闇軽減です。水ドロップ強化覚醒11個あるので、常に強化状態にしています。

さて、攻略して行きましょう。

B1の番人です。先制分をここは水を消さないように回復して2ターン溜めてから撃破です。余裕でした。

B2では両シバマルから先制、番人と同じくらいのダメージを受けます。水の5-3コンボと数コンボあれば抜けます。ここも余裕。

B3ではスキル遅延撃ってきますが耐性で無効化、ドラプラに行動されてバインド撃たれる前に絶対潰します。マンドレイクのHP200万程度なら余裕です。

B4では先制サブバインドです。地道に耐久が必須、回復ドロップの降りによっては詰むポイントです。まず水の上忍のスキルを使用、回復をなるべく残してアルラウネの攻撃を受けます。

次のターンにはサブがバインドから復帰、一気に回復をしてシャリテのスキルが立ち上がるまで耐久です。溜まり次第、火属性に変更させ、一撃で倒します。余裕…はない。

B5がきつい。初ターンに全力で殴りますが、次にしっかり水がないとたまドラにやられます。今回はヨウユウのスキルを使いました。余裕の運ゲーです。

B6で耐久ポイントです。ひたすらお邪魔ドロップを作ってきますが、これを全て消していけば大した攻撃をしてきません。削りながらシャリテを溜めます。HP2割以下で発狂してくるので3割近くになれば溜めこんだ水ドロップで全力殴りで突破です。意外と余裕です。

B7でセブンザード、ボスです。軽減が効いている7ターンはどうあがいても耐久するしかないのでがんばります。適時、フリージングゾーンや守護魔法・水で回復も作ります。

ここで連続してストームレイヴされる、回復枯渇をすると詰みでヴェノムブロウも厳しいです。運ゲー要素が超豊富!ただ7%以上ダメージを与えなければ回復行動を頻繁に取ってくれます。

これを利用して何とか耐久しましょう。軽減が切れると全スキル開放で火属性にして一撃で撃破です。全然余裕じゃないです…

余裕…ではないですが、セブンザードゲットできました!

さすがに運要素かなり多くて10回くらいチャレンジしましたけどね…

これでわかりました。厳しいのは確かですが、まだまだ最新ダンジョンを無課金パで攻略は可能です!

まあ、今回はヨウユウという高火力キャラだったからできたことかもしれませんが、苦手属性でわざわざ行くことはないですがね。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社