QムービーTOP > ゲーム > ダークソウル > ダークソウル3

ダークソウル3 魔術師の取り扱い講座!今作は難易度アップ?!

ダークソウル3 人気素性、魔術師の詳細とは?

魔術師画像1

ダークソウル3の素性の中でも攻撃に特化したものが魔術師です。

攻撃とはいっても、傭兵などと違い、物理ではなく魔法に頼るところが何よりの特徴で、物理攻撃には出せない強さを発揮するでしょう。

戦士などと違い、パラメータも魔術に適した値を伸ばして、強化していかねばなりません。

やや極端なステ振りにしたくらいが強くなる魔術師なので、ムラのある内容になりがちですが、ハマれば凄まじい強さを発揮します。

物理攻撃にはない距離や効果も珍しくないので、ペースを握りつつ強烈な攻撃を使いたいプレイヤーにとってはピッタリの素性でしょう。

魔術の入手

魔術師画像2

魔術は最初から使えるものが少なく、条件を満たしていくと色々なレパートリーが増えていきます。

クエストのクリアから購入など、その入手法は様々ですが、強い魔術程難しい条件である傾向なので、多くのnpcとの交流なども含めて、隅々までプレーしてはゲットしていきましょう。

カルラなどのnpcは特に強烈なものを売ってくれるため、ゲーム終盤になるとそれが必須です。

魔術師の育て方

魔術師の強さは終盤に近付くほど発揮されるため、最初の内は魔術集めに撤して環境が整ったら、改めてステ振りから魔術師を作り直して最強のパラメータを目指してみるのも良いでしょう。

装備と魔術の組み合わせ次第で、接近戦もできるため、魔術師と言っても出来るアクションは中々多いです。その特化した役割からステ振りもしやすくなっており、育て方も色々な案が出ています。

傭兵をベースとした物理攻撃担当との併用などもその一つで、バランス型または魔術のみに集中したステータスにするなど、戦い方と育て方はバラエティ豊富と言えるでしょう。

上手くハマれば、対人戦でも活躍が期待できるキャラクターとなります。そんな魔術師の強さと育て方のコツなどを紹介していこうと思います。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

ダークソウル3 おすすめ攻撃魔術をピックアップ

08586-darksouls3_thumbnail

魔術師が駆使する魔術は、最初からすべて使えるわけではありません。

最初から持っているものもありますが、多くはクエストや一部のnpcから購入するのが常となります。

ソウルの矢

魔術師画像3

ヴァンハイムのオーベックなどはその代表で、「強いソウルの矢」といった魔術はここから買えます。

ソウルの矢はスタンダードな魔術に数えられるもので、魔術師にとっての通常攻撃とも言えます。ソウルの矢はパワーアップすることで名前を変えており、「強いソウルの矢」、「強いソウルの太矢」、「強いファランの短矢」があります。

結晶魔術

魔術師画像4

更にこれらの上位互換となるのが結晶で、「追尾するソウルの結晶塊」にもなると強力な攻撃として魔術師の攻撃の核になっていきます。

結晶系でも最高峰の「降り注ぐ結晶」はソウルの錬成によって入手できるものなので、厄介な入手条件ですが、それに見合う力を持っています。

ソウルの矢は魔術の基本となるもので、それと同じ特性を持つものは使いやすく、燃費や攻撃力で使用するかどうかを決めましょう。

「ソウルの槍」や「ソウルの結晶槍」など、種類は少ないですが、攻撃力においては信頼できます。

ソウルの奔流と白竜の息

魔術師画像5

一部のイベントなど、限定的な場所で更に条件を満たさないと入手できないものは強力なものが多く、「ソウルの奔流」、「白竜の息」といったものはそれに該当します。

発動に必要なパラメータも多めに要求されており、理力が50はないと厳しくなるのは後半では珍しくありません。

闇の刃

魔術師画像6

カルラから入手できる「闇の刃」はかなり特別なもので、終盤にふさわしい強さを見せてくれます。

最終的に頼るようになる魔術の一つで、条件を満たす必要がありますが、呪術も込みで貴重な入手先となるカルラは優先的にイベントをこなしていきましょう。

致死の水銀

特定のスクロールを持つことで入手できる魔術も注目すべきで、「致死の水銀」はその中でも高い威力を持ちます。

じわじわとダメージを減らすタイプの物なので、他のアクションと併用してダメージを与えていけるのは強力でしょう。

深みのソウル

魔術師画像7

射撃タイプの魔術でシンプルな性能ながらに威力が高いのは「深みのソウル」と「深い深みのソウル」です。

深みの主教たちのソウルで錬成するなど、条件がそれぞれ異なるものですが、ダメージは期待しても良いでしょう。終盤での要となるため、積極的に使いたいものです。

「ソウルの奔流」レベルになると必要な理力が50を超えるようになり、それに見合う燃費の悪さを持つため、連発よりも確実にヒットさせるように心がけましょう。

ダークソウル3 強化も任せられる魔術を知ろう

ダメージを与えるだけでなく、パラメータを強化する魔術も存在します。

対応する手の武器を強化するものがポピュラーで、地味ながらに高い見返りが期待できるでしょう。

魔力の武器

魔術師画像8

「魔力の武器」はパワーアップしたものを含めて、持つ武器の魔力をアップさせます。

武器と盾で対応する魔術が異なるので、どちらも使えるようにしておくと良いでしょう。

隠密と音送り

スロットに余裕がない場合は、盾など防御面を強化する魔術を優先したいものです。落下時のダメージをなしにする「隠密」も有効で、危険を少しでも多く除去したい人には最適の魔術です。

これの逆に近いもので、離れた場所に音を発生させては相手の気を引く「音送り」も独特且つ便利な魔術です。

照らす光

「照らす光」は周囲を明るくするもので、踏破しやすくなるありがたいものです。

マップを移動する際にはまずは使ってみることをおすすめします。

修理

非常に有用なのが壊れた装備を修理する、その名の通りの「修理」で魔術師のサポート能力が意外に高いことを示す例でしょう。

見えない体、見えない武器、擬態

魔術師画像9

黄金のスクロールといったレアなアイテムが必要になりますが、「見えない体」は自分を透明にするというそのままの効果を持ち、敵を避けられます。

武器を透明にする「見えない武器」もあるため、状況によって使い分けられます。身を守る魔術は他にもあり、頻繁に使うことはないですが、ここぞという時に便利な「擬態」など、確保しておいて損はありません。

まとめ

スロットの数と相談して、攻撃魔術とこれらサブのものをバランスよく配置しておきましょう。

ステ振りによっては頼りになる魔術も変わってきますが、防御面がおろそかになりがちな魔術師は、こうした身を守る術を多く持っておくと、いざ攻撃する時以外にリスクを回避できます。

魔術師画像10

条件が難しいものも多いですが、優先的にクエストやスクロール回収を行ないましょう。ヴァンハイムのオーベックはスクロールさえ持っていれば、多くの貴重な魔術を売ってくれるため、npcとのイベントを進めることも忘れないようにしたいものです。

npcを殺害してしまうとイベントはおろか、買い物すらできなくなるので、魔術を得る以前の問題となってしまいます。うっかりミスがないようにしておきましょう。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

ダークソウル3 魔術師おすすめのステ振りとは?

魔術師画像11

魔術師は魔術が基本ということで、それに必要なパラメータを強化するのがセオリーとなります。

ステ振りではやはり理力や集中力が肝となり、攻撃力に関する理力は強い魔術を使うならば、相応に上げておかねばなりません。

理力と集中力がメイン

「ソウルの矢」なども威力が低く設定されがちなので、ある程度は優先して理力を強くしておきましょう。

ダメージを出すことに関しては少し分が悪い素性なので、一週目の時点で選ぶには少々難しいとも言われています。

ある程度魔術が揃ってからステ振りに励んでみた方が良いという声も最もでしょう。FPをアップさせる集中力も大事なパラメータで、理力に次いで上げておきたいものです。

場合によっては技量を上げて盾を装備

防御面で怖い場合は筋力や技量を少し上げて、装備できる盾の数を増やすという手もあります。

盾の性能次第で魔術師のタフネスは大きく変わるため、盾強化の魔術もより有効になるでしょう。

一部魔術には信仰が必要

そのために、どれだけ理力などから割いてステ振りするかがプレイヤーのセンスを問われる箇所となります。一部の魔術などのために「信仰」を上げるのも大事です。

上げ過ぎないように調節して、最低限の数値を目指しましょう。宮廷魔術師の杖などは修正が大きくかかる杖で、かなり便利な武器です。

理力重視の純魔

理力に撤したステータスならば、更なる火力アップが見込めるでしょう。こうした攻撃特化の魔術師ステ振りを純魔と呼ぶのがプレイヤー間の常識で、魔法攻撃に特化したポジションならば、純魔スタイルの育成を心がけましょう。

その分、打たれ弱いなどのリスクを持つため、ここをカバーするアイデアも持っておくことが大事です。愚者の名を冠する装備はFPを自動回復する効果をもたらすため、燃費に悩むことが少なくなります。

魔術師画像12

結晶系やブレスなどを使う場合は是非とも身に付けたいものでしょう。理力又は集中力に作用する装備をつけやすくするためにも、この二つを軸にしたステ振りが純魔には大切です。

生命力などは思い切ってノータッチにしても良いくらいと言われており、爆発力に特化させた素性として前線で使ってみるのがポピュラーな純魔の戦い方と言えます。

対人戦では火力の低さが命取りとなり、ますます強い魔術と相応のステ振りが求められますが、なかなかうまくいきません。相手も相応のディフェンスを持っているからです。

小刻みに攻撃出来て、なおかつダメージが出せるようなステ振りは非常に難しいので、装備などの修正を駆使して強化していきましょう。

ダークソウル3 魔術と並行して闘う戦士のステ振り

魔術師画像13

魔術に特化したステータスになると、物理攻撃関連がおろそかになりがちですが、ステ振りの案の中には戦士と魔術師を並行させた、バランス型のものも人気です。

純魔としての育成はシンプルですが、ディフェンスの弱さからもリスキーであるため、戦士または傭兵をベースに魔術を使えるようにすれば、危機に備えられるキャラクターが作れるでしょう。

魔法戦士

傭兵は集中力などのパラメータが高めで、魔術を使うにも向いていることから、ベースにされることが多いです。魔法戦士と呼ばれるステ振りですが、互いの特性などを把握している人によれば、使いやすく感じるでしょう。

二つの特性を理解していることが全てのステ振りなので、初心者には少し難しいかもしれません。ステ振りの基本ですが、使いたい魔術があれば、それに見合った分だけ理力をアップさせるのが優先です。

その後はディフェンス要素を高めていきますが、生命力はもちろん、技量などを上げて装備できるアイテムのレパートリーを増やせば、それだけ盾などに恵まれるため、ここも手持ちの防具と相談しましょう。

集中力も使う魔術の燃費と相談して、コンスタントに使えるようなレベルにまでしておきたいものです。持久力も上げておくべきなので、生命力とセットに伸ばしておきましょう。

魔法剣士の装備

魔術師画像14

武器や防具はその強さを大きく変えるため、装備できる分の技量を確保するのは地味ながらに重要です。結晶古老の刺剣や月光大剣といった装備は魔術にも影響するので、攻撃力そのものに関わります。

必要な技量は大きいですが、メリットも見合うものであると考えておきましょう。ステ振りの目安は人によって異なりますが、対人戦を考えるのならば、体力は50はないと厳しいのがプレイヤー間での一般的な評価です。

理力は45が目安

「ソウルの結晶槍」など、長きに渡って使える魔術のためには理力を45付近まで上げるのがベターです。使えるとそうでないのとでは、雲泥の差なので、上げ損なうことがないようにしましょう。

筋力は武器などに関わりますが、魔術メインで戦うのであれば、それほど物理攻撃に依存する必要はないので、15付近にして「クレイモア」などが装備できるくらいでとどめておくのも良いでしょう。

最初の内はステータスが中途半端で辛いと思われますが、バランスよく育って、強力な武器が揃ってくれば、臨機応変に立ち回れるキャラクターとなってくれます。

魔術師画像15

黒い森の庭などでソウルを稼いでは少しずつ強化していきましょう。信仰をメインに上げる信仰戦士タイプも有名ですが、魔法戦士よりもやや確実性に欠けます。

しかし、奇跡で回復するなど、ディフェンスに特化したステータスは魅力的なので、堅実にプレーしたい人は、こちらも参考にしてみると良いでしょう。

魔法戦士の戦い方

基本的に魔術や信仰メインの戦士は攻撃しては離脱するスタイルがメインとなるので、戦い方も問われます。

防御は盾の性能で大きく左右されますが、回避メインで戦うならばローリングの無敵時間が伸びる「カーサスの血環」がおすすめの装備です。

生命力などに自信がない場合は、あえてふりを抑えて回避に特化したステ振りにするのも、上級者向けではありますが、良い案でしょう。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社