QムービーTOP > ゲーム > 黒い砂漠

黒い砂漠 水晶の取り扱いガイド〜存在力転移は要注意〜

黒い砂漠 潜在力転移とは?

水晶画像1

黒い砂漠では「潜在力転移」という装備を補助的に強化するシステムがある。

ステータスに大きな影響は与えないものの、装備の強化が難しくなってくることになると水晶の選択が命運を分けることもあり、軽視できない要素だと言えるだろう。

水晶は装備に装着するものであり、装着できる数は装備によって異なる。そのためレベル50以降は装着数を考えた上での装備選定が必要となる。

また、水晶は部位別に分かれているため、すべての水晶をどこにでも装着できる訳ではない。部位は装備の通り、

武器

補助武器

ヘルム

アーマー

グローブ

シューズ

の6種類となる。残念ながら今のところ覚醒武器には装着することはできない。

黒い砂漠 水晶の使い方の注意点

08597-blackdesert_thumbnail

水晶を装着することを「潜在力転移」と呼ぶが、潜在力転移は闇の精霊を通してしかできない。

また、一度転移させた水晶は闇の精霊を通して外すこともできるが、闇の精霊で外した場合には水晶は消滅し再使用は不可能になる。

そのため、課金アイテムに「闇の精霊の浄水(58パール=290円)」と呼ばれるアイテムがあり、このアイテムを持った状態で抽出可能なNPC(テクトン等)に持って行けば再使用可能な状態で取り出すことも可能だ。

とはいえ、水晶1つに「290円」。高いか安いかは人それぞれだと思うが、よほどのレア水晶でもない限り使うことはないだろう。基本的には買ったほうが安いです。

水晶の選び方

冒頭で述べたように水晶はあくまで補助的な強化にすぎない。

もちろん全部位+15くらいにしたあたりから重要度が上がってくるが、レベル50前後までは強化値のほうが遙かに重要なためあまり気にしなくても問題はない。

レベル55前後から水晶が重要に!

しかしレベル55前後になってくると強化値が頭打ちになってきたり、モンスターが状態異常攻撃を多用してくるため、軽視できない要素になってくる。

水晶画像3

特に先日のアップデートで実装されたバレンシアpart2の地域の狩り場では、硬直やスタン、ノックバックといった攻撃を多用してくるモンスターが多いため、耐性アップ系水晶も考えなければならない。

また、水晶選びは決して背伸びをしてはいけない。なぜなら死亡時に割れる可能性があるからだ。

さらに水晶はレア度の高いもののほうが割れやすくなっているため、背伸びをして良い水晶を装備してもその水晶から割れる可能性が高い。

水晶画像4

特に水晶を気にし出すレベルになってくると、クザカやヌーベルといったワールドボス討伐に参加するようになり、死亡する確率も上がる。

もちろん死亡しない自信があれば全財産を使ってレアな水晶を購入してもいいかもしれないが、万が一割れたら相当な出費になることを覚悟しておこう。ちなみに水晶破壊は落下死などでも起こりうる。

黒い砂漠 水晶の一覧とその特徴

ここでは水晶の一覧とその特徴を解説していきます。

魔力水晶

○○の魔力水晶 - ○○」や「魔力水晶 - ○○」といった魔力水晶系はおよそレベル50までが適正の水晶である。

安いが弱いため、あってもなくてもあまり差はない。基本的に1キャラ目かつレベル50以下でない限りは売るか捨てるか砕くことがほとんどだ。

唯一後述する無限シリーズを錬金で作る際に必要になる場合もあるが、魔力水晶シリーズは市販もされているためあまり必要はないだろう。

無限の魔力水晶

魔力水晶から1つ上のランクのものが「無限の魔力水晶 - ○○」といった無限の魔力水晶だ。こちらも魔力水晶と同じようにレベル50までが適正となる。

ただ、中には「無限の魔力水晶 - 経験(戦闘経験値+10%)」や、クジラ狩りに使う「無限の魔力水晶 - 視覚(視野距離+15m)」といった水晶もあるため、レベル55以上でも使うことがある。

また、耐性増加系の水晶や「息ゲージ増加」などのマイナー水晶も無限の魔力水晶が多い。

古代魔力の水晶

マムシ」や「ゴブラン」に代表される「古代魔力の水晶」はレベル50以降で多用することになる。

特に最近では取引所の登録価格が下落し、ゴブラン以外は100万シルバー以下で購入できるため、割れたときにも戻しやすい。

そしてレベル55でも十分に使える性能だ。

その他

古代魔力以外の古代シリーズは「古代豊穣魔力の水晶 - ○○」「古代紅炎魔力の水晶 - ○○」といった、魔力水晶に「古代」が付いた名前となる。

名前から察せられる通り、無限の上位版となるものが多い。「魔力水晶<無限魔力水晶<古代魔力水晶」というような関係だ。

しかし古代シリーズは今のところ実装されている水晶が少なく、あまり選択肢はない。

とはいえ、マムシやゴブランといった古代魔力水晶と同じようにレベル55前後までは非常に使い勝手の良い水晶である。

黒魔力水晶

古代魔力の「マムシ」や「ゴブラン」といった水晶にはさらに上の「黒魔力水晶」が存在する。

この黒魔力水晶は非常に強力であるが、どれも1000万を超える価格で取引されているため、しっかりと金策をしてない限り常用するには向かない。

とはいえ、現時点の水晶ではもっとも強力な水晶であるため、余裕があるのならぜひとも使うべきである。

赤の戦場の水晶

無能」や「金剛」、「マムシ」「ゴブラン」といった水晶には「赤の戦場の水晶」といった赤の戦場バージョンも存在する。

これらは基本的に「黒魔力シリーズ」に人間族ダメージを追加した性能と考えてもらえればわかりやすいだろう。名前通り対人向けの水晶ということだ。

ただし、「無能」と「金剛」以外の赤の戦場の水晶に関しては、現時点ではゲーム内で確認できていない。今後実装されるはずではあるがいつになるかは不明だ。

精霊の水晶

黒い精霊の水晶(最大HP+100&攻撃力+5)」「覚醒した精霊の水晶(最大HP+150&攻撃力+5)」の2つしかないが、その性能は非常に高く1000万シルバー以上で取引されるのも納得だ。

しかしながら精霊水晶はどちらもクエストでの入手になるため、流通量が少なく取引所での購入は難しい。とはいえ入手のためのクエストはメインクエストであるため、普通に進めていれば手に入れられるはずだ。

万が一割れてしまった場合はサブキャラを育てて再びクエストをクリアするか、取引所で購入するかとなるため割らないように注意したほうがいい。

もしくはそもそも使わずに売ってしまうのも1つの手だ。

微かな魔力の水晶


主な効果が各種生活経験値増加や戦闘経験値増加、性向回復増加といった補助的なものが集まったのが微かな魔力の水晶だ。

ただ、生産服である銀刺繍系のほうが増加率は高く、銀刺繍装備にしてしまうと水晶を装着できないため、低レベル時の間に合わせにしかならない。

唯一性向回復増加だけは他にない効果だが、必要のないプレイヤーがほとんどだろう。

無欠の魔力水晶

序盤から手に入る割に黄枠のため「レア水晶か!」と思ってしまいがちだが、大して意味のない水晶が無欠の魔力水晶だ。

幸運1段階上昇という性能だが、これが役に立つのは序盤だけである。なぜならある程度進めていれば称号の総進行ボーナスによって幸運は3~4段階まではすぐに上がり、プラスで下着アバターでも着ればその時点でMAXである。

今後実装の可能性がある水晶

実はロシアの黒い砂漠を元にしたデータベースを見ると、まだ日本では見たことのない水晶が大量にある。

アバターに装着する「限界突破の水晶(潜在力上限+1)」や無限の魔力水晶の黒魔力水晶バージョンなどがあり、日本でも実装されるかは不明だが可能性はあるだろう。

今後、現在の水晶より強力なものが出てくるのは当然であり、その折には今の水晶と交換することになるのは間違いない。

そういった意味でも水晶は消耗品として使えるレベルのものを選ぶべきである。

黒い砂漠 水晶の入手方法

水晶は様々な方法で入手できる。以下が主な水晶入手方法だ。

店売り

水晶画像6

あまり知られていないが、NPCには水晶商人も存在している。ただし扱っているのはもっとも弱い魔力水晶シリーズだ。

魔力水晶シリーズはわざわざ購入するほどの価値はないため、主に錬金で無限シリーズを作るときにしか利用しない。

ドロップ

水晶画像7

水晶は序盤でもドロップで手に入る。特に始めたばかりのプレイヤーは拾った水晶を適当に付けている場合がほとんどだろう。

とはいえ、通常のモンスターから手に入る水晶は使えないものばかりだ。稀に古代魔力シリーズを落とすこともあるが、入手難度が低い水晶ほど取引所でも安く売られている。

よほど金欠でもない限り、ほしい水晶をドロップで狙うことはしない。また、召喚書のボスやレイドボスも水晶をドロップすることがある。

レイドボス級だとそこそこレアな水晶も手に入ることがあるが、落とさないこともあるため狙って入手するのは不可能だ。

クジラ

水晶画像8

無限シリーズの主な入手方法は4つある。クエスト・拾う・作る・クジラの4種類だ。

その中でもクジラ狩りは「無限の魔力水晶 - 経験」を落とすことがあるため、この水晶狙いでクジラを狩るプレイヤーが後を絶たない。

無限の魔力水晶 - 経験」はクジラ以外だと単発クエストでの入手か、錬金となるため現在はクジラが主な入手経路となっている。

また、根強い人気のあるオオクジラ狩りだと古代魔力シリーズもドロップすることがある。

クエスト

水晶画像9

水晶はメディア地方進出あたりまでクエストでも手に入る。特に序盤はクエスト報酬で選択式だったことを覚えている人も多いだろう。

とはいえ、クエストで手に入る報酬の水晶は一部を除いてほとんど役に立たない。なぜならある程度シルバーがあれば買えてしまうものばかりだからだ。

唯一アルティノのスリから受けられるクエストで手に入る「無限の魔力水晶 - 経験」だけは無視できないが、基本的に報酬としてもらったら砕いてしまっても問題はない。

錬金

水晶画像10

店売りでも触れたが、もっとも弱い魔力水晶を素材とした錬金により無限シリーズを作ることができる。そのため取引所で購入しにくい経験値増加やHP回復量増加、MP回復量増加といった水晶は自作するのも悪い選択ではない。

多少素材集めが面倒であり取引価格も安いため、「錬金で作ったものを流して金策」という手は使えないが、自分用として作るなら十分元は取れる。

予備も含めていくつか作っておくことをオススメする。

取引所

水晶画像11

水晶の入手方法としてもっとも多くのプレイヤーが使ってるのが取引所からの購入だろう。一部のレア水晶を除きほとんどの水晶が出品されているし、なにより安い。

100万シルバー以下のものが大半であることから、わざわざ取引所以外の方法で入手する必要はないだろう。

また、予約購入機能の実装によって人気の高い水晶も購入できる確率が上昇したことも大きい。一部のレア水晶やどうしても購入できない水晶以外は取引所での購入がオススメだ。

黒い砂漠 水晶金策は可能なのか?

結論から言うと水晶金策はあまりオススメできない。

そもそもドロップ狙いだと確率の問題のため安定性に欠け、錬金では割に合わない。クジラも毎回落とす訳ではないため、現実的ではないだろう。

水晶画像12

唯一クエスト入手の「黒い精霊の水晶」だけは確実に手に入り、900万シルバー前後で売れるため金策になり得る。

なり得るのだが、残念ながらこのクエストはメインクエストとなるため各キャラ1回しか受けられず、もし金策にするならサブキャラの作成と削除を繰り返すことになる。

サブキャラを作って消すだけで900万シルバーなら…」と思うかもしれないが、レベル50付近まで上げる必要があるし、厳密には900万シルバーから手数料が引かれるため600万~700万シルバー前後しか回収できない。

そもそもレベル55付近なら狩りだけで時給500万シルバーくらいは達成できるため、シルバー以外なにも残らない金策をあえて選ぶ意味がない。

水晶での金策は、レベリングのついでに!

とはいえ、水晶金策に関しては副次的な効果であれば十分に期待できる範囲だ。というのもカルフェオン終盤以降の狩り場に関しては所々レア水晶を落とすモンスターが存在する。

つまりレベリングなどで手に入れた水晶を売ることでそれなりのお金にはなる、という訳だ。

そのため狩り場選びにはレベリング効率以外にも通常ドロップ品の売却額、レアドロップの有無、召喚書の欠片、そして落とす水晶の種類を考えて選ぶといいだろう。

水晶画像13

また、拾った水晶もそのまま売るだけではなく、粉砕してブラックストーン粉末にしてもいい。そうすれば生産で使うこともできるし、人気のない水晶でも売ることが可能だ。

むしろ水晶粉砕はブラックストーン粉末の重要な入手手段となるため、水晶を拾いやすい狩り場は有用だ。

オススメは廃鉄鉱山

水晶画像14

レベル55付近になると経験値的には物足りないが、ネームドモンスターが多数出現し、そのドロップが非常においしい。

禁忌の書類、ブラックストーン、水晶(古代魔力ゴブラン)が手に入る上、通常モンスターからも装備と水晶(無限の魔力水晶系)がかなり頻繁にドロップする。

通常ドロップ品もしっかりと換金すればそれなりの稼ぎにはなる。

可能であればプレミアムパッケージのアイテム増加スクロールも併用し、チャンネル移動をしながらネームドモンスターだけを狙うのがベストだ。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社