QムービーTOP > ゲーム > 黒い砂漠

黒い砂漠 釣り名人になるための必須知識

釣り画像1

自由度の高いキャラメイクから冒険まで、隅々まで楽しめる『黒い砂漠』ですが、シンプルかつ奥深いアクションの一つに「釣り」が挙げられます。

水場で行なえるコマンドで、釣り竿さえあればあらゆる水場で試せるのが特徴です。特定の場所に左右されないため、何処でも試せる半面、そこで得られるものの絶対数が多いため、ポイントをあちこち記憶しておく必要が後々出てくるでしょう。

釣りを極めるなら、時間が必要ですし、多くのマップを行き来することも要求されるので、やり込むなら腰を据えて取り組みたいものです。

釣り画像2

釣で得た魚などは料理に使うほか、貿易などの取引の場所でも有効なので、貴重なものほど使える場面が多いと言えます。

家具や宝箱のカギなども釣れるため、アイテムドロップに繋がる貴重な手段でもあるため、何度もトライしてはレアアイテムへの近道にとなるようにしましょう。

行動力を使ったり、スキルをアップさせれば釣りの精度が上がり、レアアイテムを釣り上げやすくなります。

数値と相談して、同じポイントでも何度も試すのがセオリーとなるでしょう。釣場で得られるアイテムは釣りを行なった回数だけ減るため、枯渇することもあります。

近くの釣り場がなくなったら、少し遠出してポイントを変えてみるなどの工夫を重ねていけば、多くのアイテムなどが得られるでしょう。

釣り画像3

釣竿を遠くに飛ばすには行動力が必要なので、パラメータ的にはこれが釣りの重要な目安となります。釣り目的の準備をする上では、行動力に気を遣って行動してみましょう。

釣りは沖の方に出てこそ、多くのポイントに辿り着けるものですが、造船所を得て、そこから船を作る必要があります。

釣り画像4

いかだや渡し船、カルフェオン、漁船といったランクがありますが、漁船が最も優れているものです。耐久は非常に高く、安心して釣りを楽しめるでしょう。

寿命も長く、いかだと漁船では2倍以上の差が出るため、出来るだけ効率よく釣りをしたいならば、まずは漁船を作り上げましょう。

また、定期的に会場を移動している定期船でも釣りを行なえます。ベリア村とイリア島を結ぶものや、カルフェオンの首都からハイデルー経由で多くのポイントを巡るものなど、種類も様々です。

黒い砂漠でのおすすめ釣り場一覧と特徴

08660-blackdesert_thumbnail

釣場は数多く、何度もチャレンジしてはレアアイテムをゲットしたくなるものなので、場所を覚えるだけでなく、スキルなどを上げてから再チャレンジするためにも釣り尽くさないように配慮しましょう。

以下が釣り場で、特徴的なものについて、いくつか記載しています。

バレノス自治領

テルミアンの崖、オルビア海岸、バレノス川、西警備キャンプ、海岸のガケ、ベリア村の海岸沿い、クロン城、アイワミーの丘が代表です。

ニシンやメバル、フグといった魚が多いですが、ブロンズ盃、銀のカギといったアイテムも釣り上げられるので、あちこちで試してみると良いでしょう。

NPCが釣り人の証を交換してくれることもあるので、クリオやバキオなどの人々と接触することも忘れずにしましょう。

セレンディア直轄領

ハイデル都市、ブレディ砦、オークキャンプ、中部警備キャンプ、グリッシー沼、フォガン湿地、監視塔、修道院水源地といったポイントが主です。

ドジョウや淡水ウナギ、ハス、ギギ、すっぽんといった少々レアな魚が特徴でしょう。ジローやスローといった釣り人の証交換担当のNPCがいます。

メディア直轄領

ジュナイド川、ドボン村、エバーガード滝、アルティノ、石角海岸など変わったポイントがありますが、何も得られないところもあるため、無駄足を踏んでも気にしないようにしましょう。

ドボン村はレアな魚としてコウライケツギョがいるので、スキル上げから貿易まで便利なアイテムとなります。ムギツクやレノックも貴重ですが、カンタンには釣れません。

何度も通いたくなるポイントと言えます。

エフェリア海域

数少ない釣り場を持つ場所ですが、意外とレアなアイテムも多いです。

セルカ島とランディス島ではユメカサゴ、ウルメイワシ、エイ、アイゴといった魚が多く、貿易から労働者採集まで多くのアイテムに出会えるチャンスでもあります。

シイラはランディス島の労働者採集から確保できるので覚えておきましょう。

ジェナト海域

クイトゥ諸島、アルマイ島はホウボウ、ハタハタ、ムツ、タナゴ、トビウオといった魚が多いです。しかし、アルマイ島は他の島と比べて、ドロップがイマイチなので、それ程執着しなくても大丈夫でしょう。

クロン群島

島が点在するエリアで、パラタマ島、カンベラ島、ウェイタ島、バレミ島、フィルバラ島といったポイントがあります。アイナメ、タコ、イサキ、イトヨリダイ、カレイといった魚は珍しく、黒マグロは特に狙うべきレアものでしょう。

巨大魚の骨など、骨も珍しいタイプがあるため、枯渇するまで何度もトライしてみたい場所です。貿易管理人もいる島があるので、レアな魚を集めたら、一度出向いてみるのも良いかもしれません。

アル・ハラム海域

ここでも無数の島があり、多くのアイテムが釣り上げられます。ソコタ島、リエド島、エスパ島、シルナ島、カシュマ島、ザコ島などが代表で、タチウオ、サワラ、スズキ、アオハタなどが釣れます。

釣れる種類自体は少ないので、すぐに集められるでしょう。貿易に向けて全部持っておくと、後々楽になります。

黒い砂漠 釣りのおすすめを考える

釣りのポイントは多く、レアなものを釣り上げるにはそれなりの釣り竿とスキルレベルなどが必要となります。

ポイント自体の見定めも重要で、前もって場所を絞って、狙い通りの魚やアイテムを釣ってみましょう。貿易などでも有効な魚が釣れる場所としては、アル・ハラム海域やアルティノ海域がよく挙げられます。

釣り画像5

後者はイサキ、オナガアカイサキ、マトウダイといった貴重な魚が多いほか、釣るポイントが少ないため、狙いが絞りやすいという特徴があります。

枯渇するまでトライするのはもちろんですが、ある程度レベルを上げて万全の状態で釣りに励むのが良いでしょう。

釣り画像6

クロン群島はポイントが多く、豊富な種類の魚が釣り上げられます。ヒトデやアマダイといったものもあるほか、古代遺跡の結晶といったレアアイテムも狙えるので、ある程度レベルを上げたら片っ端から試してみるのが良いでしょう。

釣り上げることで経験値も多くもらえる魚がまんべんなく設定されているのも良いため、何処でも安心して粘着することが出来ます。

貿易管理人もいるため、釣った成果の再利用などもやりやすいです。その分、ハズレのアイテムもあるため、すぐに同じところを枯渇させないように万遍なくトライしたいものです。

釣り画像7

刺繍釣り人の服、専門釣りウェア、迅速の香水、特製バレノス定食、漁師のエリクサーなどは釣りの時間を増やす効果があるため、アイテム取得に関しては欠かせません。

アイテムは一時的ですが、服は常に効果が得られるため、重要です。特に上位のものほど、伸びしろが顕著なので課題報酬などをくまなくあたっては、装備を統一させておきましょう。

ベリア村のクエストで得られる見習い釣りウェアは入手しやすいわりに便利な効果なので、まずは先にこちらを使ってみるところから始めましょう。

レアな魚を釣れば経験値が溜まり、釣りスキルレベルがどんどん上がります。そのためにも、長い時間釣れるようにして、短期でのレベルアップを目指したいものです。

黒い砂漠 おすすめの釣り竿とは

釣り画像8

釣り竿はランクがあり、装備条件があるなど、全てを使いこなすようになるにはそれなりの回り道を要求されます。

道具攻防で入手するものが多く、強力なものは大抵がそうです。「古い釣り竿」や「釣り竿」は初期装備のようなもので、最初はこれらで釣りにちゃんレジしていくことになります。

クエスト報酬で得られる「太い釣り竿」、「セチ釣り竿」といったものは装備条件が課せられ始める時期のもので、熟練レベルや職人レベルがある程度の数値でないと装備できません。

「太い釣り竿」以降は「普通の釣り竿」と比べて、目に見えて効果が変わります。「鋼鉄釣り竿」、「黄金釣り竿」あたりはまだ入手しやすいものなので、長くお世話になるものと思われます。

釣り画像9

「幸運の金色釣り竿」または「幸運の銀色釣り竿」はパール商店で得られるもので、限定期間で販売されていたものです。

耐久力が非常に高く、レアだけにお世話になる機会が多いタイプと言えます。

釣り画像10

「バレノス釣り竿」や「エフェリア釣り竿」、「カルフェオン」といったタイプは潜在突破が出来るようになり、更に装備条件も緩いので、使いやすいタイプです。

ただ、便利なものは耐久力が低いなど、パラメータごとの特徴があり、バランスがとれているものは最終的に自分のレベルが物を言います。

生活レベルなど含めて、プレイヤーの下準備と組み合わさることで釣り竿の進化が発揮されると言えます。一部の釣り竿は強化も可能で、黒石が主な強化アイテムとなります。

釣り竿ごとの効果も異なるため、複数所持しておくのはもちろんのこと、常に強化しておきたいものです。

釣り画像11

希少な魚を釣りやすい「メディア釣り竿」、大型を釣りやすくなる「カルフェオン釣り竿」などが便利なタイプなので、まずはこれらを一通り集めてから、釣りへと向かいましょう。

釣り画像12

一部の巨大な魚、マッコウクジラといったものは、「漁船と銛」が必要です。「細い銛」と「太い銛」の二種類があり、これらは道具工房で作れます。

使う機会は少ない釣り竿の派生とも言えるものですが、これでしか出来ない効果があるため、持っておいて損はないでしょう。

マッコウクジラ以外にもセレンディア、シーラカンス、更には銀のカギといったレアアイテムが銛によって入手できることがあります。

枯渇しない内に何度か試して、普通の魚以外のドロップを狙ってみましょう。道具工房で作れる釣り竿が殆どですが、一部の浮きなどはまだ詳細が謎のままのものがあるため、今後のアップデートも要注目と言えます。

黒い砂漠 渡し船で釣りを快適に!

漁船を持たずとも、一部の船、渡し船と呼ばれるそれに乗れば、沖まで出られます。

バロッサ、クロワ、スガルスィ、ルイシー、サミアなど多く存在する渡し守あるいは船着き場管理のNPCが乗せてくれることが多く、出来るだけ多くと接触しておきましょう。

釣り画像13

バレノス自治領ではベリア村、イリヤ島、レマ島などが、セレンディアではハイデル都市、デミ川が、カリフェオンといった地域では都市や港町からなど、一部のポイント内に無数の船着き場が存在し、いつでも出向できます。

釣り画像14

メディア直轄領のソサン駐屯地船着場から行けるポイントは周辺のモブのレベルが高く、弱いと思うように釣りに集中できません。

ある程度鍛えてから臨んだ方が良い釣り場も多いため、下調べをしてから出かけましょう。船舶登録証が必要になりますが、これは船を完成させるうえでも必要なプロセスなので、自然と入手することになります。

レアなものが多いのはバレンシア付近の渡し船で、アレハザ村やシャカトゥなどは何度も通う価値のある場所と言えるでしょう。生活レベルや釣り竿を新調したら、是非とも向かってみたいポイントです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社