QムービーTOP > ゲーム > ダークソウル > ダークソウル3

ダークソウル3 ヨエルから「亡者の王」エンディングまでの道のり

エンディング画像1

「ダークソウル3」では、プレイヤーの選択肢によって様々なエンディングを迎える事になりますが、その中でも隠しエンディングと呼ばれるのが「亡者の王」エンディングです。

「ダークソウル3」の世界でいう「亡者」とは「ダークリング」を患った人間達の事であり、これが身体に現れた人間は「不死者」となってしまいます。

プレイヤーもまた一定の条件で「亡者」となってしまいますが、決して理性を失って操作不能になることはありません。

また、逆にこの「亡者」状態を続けていく事で見る事ができるのが隠しエンディング(もしくはダークサイドエンディング)の「亡者の王」エンディングなのです。

まずは「ロンドールのヨエル」に会おう

「亡者の王」エンディングを目指す場合、一つでも間違えた行動や結果を出すともう見る事が出来なくなるというある意味で見るのが難しいエンディングでもあります。

まず一つ目の段階が「ロンドールのヨエル」に会うことが必須条件となります。

エンディング画像2

その理由が「ロンドールのヨエル」に話しかける事で可能な「本当の力を引き出してもらう」を選ぶ必要があるからです。

「本当の力を引き出してもらう」を行うと、何と貴重な「ソウル」を消費する事無くレベルアップができるため、キャラクターの成長を早くする事が出来ます。

しかし、そんな無料でパワーアップするようなおいしい話が何の裏も無いわけがありません。

「ロンドールのヨエル」から「本当の力を引き出してもらう」を行った後にインベントリを見ると「貴重品」の欄に「暗い穴」と呼ばれる謎のアイテムが増えており、捨てる事もできない不気味なアイテムに困惑したプレイヤーは多いはずです。

エンディング画像3

しかし、この「暗い穴」ことが、隠しエンディング「亡者の王」を見るために必要な存在なのです。

「本当の力を引き出してもらう」とは

「ロンドールのヨエル」に「本当の力を引き出してもらう」を行うたびに増えていく「暗い穴」を8個集める事で、隠しエンディング「亡者の王」まで行く事ができます。

「暗い穴」が増えていく事に抵抗が無い場合もあるかもしれませんが、一方で以下のようなデメリットも存在します。

エンディング画像4

・死ぬたびに「暗い穴」の数に応じた「呪い値」が上がっていく。「呪い値」が上がるとプレイヤーの見た目がどんなマッチョでもガリガリの骨と皮のゾンビみたいな見た目になる「亡者化」が進行する(プレイヤーによってはこれが一番非常に嫌なデメリットかもしれない)。

・「呪い値」が溜まってくると、召喚できる白霊が一人しか呼べなくなってしまう。

・「呪い値」自体は「解呪石」で消す事はできるが、「暗い穴」を消す場合はボッタクリとも言えるほどの「ソウル」を支払わなければならない。

※注意※ 「暗い穴」を「火防女」に癒してもらうと「亡者の王」エンディングへはいけないので、「亡者の王」ルートを目指すのであれば基本的に「暗い穴」は癒してはいけません。

ただし、「亡者化」していく事自体はステータスに能力が下がったり、挙動がおかしくなるような事は無いのでご安心ください。

「亡者の王」エンドの失敗例:その1

エンディング画像5

この時点で「亡者の王」エンディングのフラグが失敗する理由としてよくあるのが「本当の力を引き出してもらう」を5回行ってしまう前に「ロンドールのヨエル」が死亡する事です。

「暗い穴」を5個集まる前にゲームの進行具合では「ロンドールのヨエル」が死亡してしまう(「深淵の監視者」を倒した後のエリア「カーサスの地下墓」に到着すると死亡する)ため「暗い穴」が5個手に入る前にヨエルが死亡すれば、その時点で「亡者の王」エンディングを見る事は出来なくなります。

そのため、「後で集めれば良いか、いつでも出来るみたいだから」と考えず、早い段階で「ロンドールのヨエル」を従者にし、「本当の力を引き出してもらう」を5回行って「暗い穴」を5個手に入れる事を優先しましょう。

なお、「本当の力を引き出してもらう」を5回行うには一定の「呪い値」が必要であり、そのために何度か死亡しなければなりませんので、わざと死亡する等して「呪い値」を溜めてしまいましょう。

※注意※ 「暗い穴」がこの時点で5個無ければ「亡者の王」エンディングは見れないので、諦めてそのまま進行して「火防女」に「暗い穴」を癒してもらったり、別のエンディングルートに進む、もしくは最初からやり直しするか等の選択しか残りません。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

ダークソウル3 「ロンドールのユリア」に会おう

ダークソウル3 「ロンドールのユリア」に会おう

「ロンドールのヨエル」から「暗い穴」を5個手に入れることが出来れば次の展開として「ロンドールのユリア」と会う必要があります。

ユリアとの出会い方自体は難しいものではなく、「暗い穴」を5個手に入れた後に「カーサスの地下墓」まで進んでいると、「ロンドールのヨエル」がいた場所にユリアが立っています。

ユリアは亡者の国からやってきた者であり、彼女の目的は主人公を「亡者の王」にするという目的があります。そのため、別のエンディング「火継ぎの終わり」では「火防女」がヒロインのような立場で登場します。

しかし、「亡者の王」エンディングではまるでユリアがヒロインのような扱いになります(なお、ユリアと会話するとジェスチャーの「貴人の一礼」をゲットできる)。

逆にユリアに出会う事ができなかった場合は「亡者の王」エンディングルートにいけないと思って良いでしょう。

「ロンドールのユリア」から買えるアイテム

ユリアからは以下のようなアイテムも購入する事ができます。

【武器】…「ダークハンド」
【魔法】…「ロンドールのヨエル」の品揃えは同じ。「ソウルの矢」「ソウルの太矢」「ソウルの大剣」「魔法の武器」「魔法の盾」
【指輪】…「暗い偽りの指輪」「白い偽りの指輪」「犠牲の指輪」
【道具】…「毒投げナイフ」「解呪石」
【貴重品】…「ロンドールの点字聖書」

「ロンドールのヨエル」は魔法しか販売していませんが、ユリアはそれ以上のラインナップになります。

また、「解呪石」を使うと「呪い値」を減少させることができますが、これによってユリアと敵対することは無いので安心して使いましょう。

「犠牲の指輪」は死亡してもソウルを手放さなくなる代わりに指輪が壊れてしまうという保険アイテムになります。

「ロンドールの点字聖書」に関わるイベントについて

エンディング画像6

ユリアが販売している「ロンドールの点字聖書」を「カリムのイリーナ」に渡す事で、奇跡の「黒剣」「沈黙の禁則」「死者の活性」が追加されます。

ただし、この「ロンドールの点字聖書」を渡すタイミングで「カリムのイリーナ」が「火防女」にレベルアップしたり、「カリムの騎士イーゴン」が敵対したりします。

「イーゴン」を倒すと「モーンの大槌」「呻きの盾」をドロップしますが、「イリーナ」からは奇跡が購入できなくなります。

「イリーナ」が「火防女」にしたい場合は、「カリムの点字聖書」「ロスリックの点字聖書」を渡し(この時「ロンドールの点字聖書」と「深みの点字聖書」を絶対に渡さない事)、購入できる奇跡を全て購入すると「イリーナ」が「祭祀場」裏にある塔に移動します。

その後は奇跡を売ってくれなくなる代わりにレベルアップができるようになります。

なお、「ロンドールの点字聖書」と「深みの点字聖書」で手に入る奇跡は、「闇術師カルラ」に渡す事で「カルラ」から購入できるようになります。

ダークソウル3 攻略wiki」へ

ダークソウル3 「亡者の王」エンディングへ

「暗い穴」を5個手に入れることが出来れば残りの「暗い穴」は3個となります。

残りの「暗い穴」は「アストラのアンリ」とのイベントで手に入れることになりますが、ここからの進行はとても間違いやすいので、一つ一つの行動を慎重に行う必要があります。

「アストラのアンリ」と出会うには?

エンディング画像7

アンリは篝火「道半ばの砦」の近くに「沈黙の騎士ホレイス」というNPCと一緒にいます(主人公の性別でアンリの性別も変わる。主人公が男ならアンリは女となる)。

この時点では話しかける事しかできませんが、「深みの聖堂」のボス「深みの主教」を倒すと、アンリと「ホレイス」が「火継ぎの祭祀場」に移動するため、会話をすると「ファランの城塞」に向かう予定である事を知らされます。

ですが実際には「カーサス地下墓」にアンリが一人だけ立っているので会話をすると、「ホレイス」を見かけてないか?という事を聞かれます。

しかし、この時点では「知らない」としか答えることが出来ません。そしてここからの行動を間違えやすく、誤った行動を取ると「亡者の王」エンディングには進めなくなりますのでご注意ください。

「亡者の王」エンドの失敗例:その2

「ホレイス」についてアンリへの選択肢間違い。アンリとの会話で「知らない」を選んだ後で篝火「棄てられた地下墓」から「燻りの湖」に向かいます。

「結晶トカゲ」が2匹いる横穴を奥へ進むと、すでに亡者化してしまった「ホレイス」が襲い掛かってくるので【必ず倒しましょう】。

エンディング画像8

ここで戦わずにアンリに「ホレイス」の居場所を教えるとアンリが死亡してしまうため、「亡者の王」イベントをこなす事が出来なくなります。

また【「覇王ウォルニール」撃破前にアンリに「ホレイス」の居場所を教える】必要があり、先に「覇王ウォルニール」を撃破してしまうと、アンリが「イルシール」に移動するのでイベントが進行しなくなって失敗となる。

・亡者状態の「ホレイス」を撃破する。
・「ウォルニール」撃破前にアンリに「ホレイス」の場所を教える。

上記を必ず間違えないように進行しましょう。

アンリとの契りの儀式まで

アンリに「ホレイス」の居場所を教えた後に篝火「ヨルシカ教会」に移動するとアンリがいるので、何度か話しかければジェスチャーの「静かな意志」を入手できる。

その後、「ヨルシカ教会」へ移動すると角の石像の一つに擬態している「巡礼者」がいます(思いっきり攻撃して殺したりしないように!殺すと「亡者の王」エンディングに進めなくなります!)。

エンディング画像9

「巡礼者」と会話した後にボスの「法王サリヴァーン」を倒し、かつ「暗い穴」を5個持っている状態で「火継ぎの祭祀場」にいるユリアと会話すると「アンリは亡者であり、あなたの伴侶となる者だ」と告げられます。

エンディング画像10

そして「アノール・ロンド」の「暗月の間」の手前に「巡礼者」がいるので話しかけて「契りの剣」を受け取り、奥にいる既に死んでいるアンリとの契りの儀式を行う事で「暗い穴」が3個手に入ります(なお、「契りの剣」を渡してきた「巡礼者」も死亡しており、調べるとジェスチャー「擬態」を手に入れることが出来る)。

エンディング画像11

ヨエルから「暗い穴」を5個、そしてこのアンリとのイベントで3個、合わせて8個の「暗い穴」が手に入っているはずです。そしてそのままラスボスを倒せば「亡者の王」エンディングとなります。

「亡者の王」

エンディング画像12

不死の呪いを受け、迫害されていた「亡者」でありますが、「暗い穴」を8個手に入れて真の「亡者の王」となった主人公が火を受け継いでしまいます。

火を受け継いだ主人公に頭を下げる2人の亡者の国の者(片方はユリア)、そして多くの跪く亡者達の中を歩く主人公がこれから作り出していく闇と呪いの世界に「ダークソウル」の世界はどうなっていくのか?というバッドエンド(ダークヒーローエンド)です。

呪いをあえて受け入れて貫いたプレイも「ダークソウル3」における楽しみ方の一つといえるのではないでしょうか?

ダークソウル3 攻略wiki」へ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社