QムービーTOP > アニメ > ワンピース

モンキー・D・ルフィとは

プロフィール

麦わら帽子が特徴的なワンピースの主人公キャラクターです。海賊「麦わらの一味」の船長をつとめています。

・年齢は17歳(新世界編では19歳になっています)

・誕生日は5月5日(こどもの日)

・身長は172cm(新世界編では→174cm)

・懸賞金は当初3000万ベリーでしたが、1億ベリー→3億ベリー→4億ベリーと増加して、ついには5億ベリーにまで達しています。

海軍や海賊たちからは「麦わらのルフィ」の二つ名で呼ばれています。

一般的なプロフィールの他に、麦わらの一味のイメージが作者によって決められています。

ルフィのイメージは次のようなものです。

・イメージ動物:サル

・イメージナンバー:01・56(ゴム)

・イメージカラー:赤

・イメージの花:コスモス

・イメージ国:ブラジル

・イメージ県:沖縄県

・イメージ職業:消防士

・家族に例えると:四男

・ニオイ:肉のニオイ

特徴である麦わら帽子はシャンクスがトレードマークとして身につけていたものです。

ルフィにとって大切な宝物で、麦わら帽子をバカにされたり、仲間以外から触られると怒りをあらわにします。

目標はひとつなぎの大秘宝を手に入れて海賊王になること、幼少時に生命を助けられたシャンクスとの再会し、麦わら帽子を返すことです。

海賊王に、俺はなる!」という決め台詞が有名です。

ルフィの性格

08855-one_piece_thumbnail

性格は子どものように好奇心旺盛で楽観主義者です。仲間や夢のためなら恐れるものはありません。

好奇心と同時に、行動力にも秀でており、あらゆることに首を突っ込んでいきます。あとさきを考えない行動で、周囲から怒りを買うこともあります。

何も考えていなさそうですが、時に直感的に鋭いことを言って周囲を驚かせます。仲間の中では、ノリの合うウソップやチョッパーと遊んでいることが多いです。

他人の名前を覚えることが苦手なようで、好き勝手なアダ名をつけることがあります。社会的な上下関係には関心が薄く、偉い大物に対しても、平気で対等な言葉で話をします。

常識知らずといってもいいほど、世間に疎く、誰でも知っているような有名人を知らないということもしばしばです。

秩序だった場所では、礼儀知らずとして軽んじられることもあります。逆に、差別されている人や立場の弱い人達にも偏見なく接することができるため、いつのまにか協力者が増えているという状況があります。

お祭りや宴が大好き

 

フーシャ村の気風で育ったためか、お祭りや宴が大好きな性格です。食べることも大好きで、好物は肉料理でした。

ゴム人間の特性もあいまって、満腹まで食べるとまるまると太ってしまいます。野生動物を見ると、その獰猛さに怯えることなく、むしろ「美味そう」と目を輝かせます。

食料をつまみぐいすることもあり、料理人のサンジからは目をつけられています。

女性に対する興味もある模様

天真爛漫で色恋沙汰には無縁のようですが、一応、女性に対する美醜の感覚は持っているようです。

悪魔の実の能力で変化したアルビダを美人と言ったり、ナミの裸を見たときには鼻血を出したりしています。

しかし、絶世の美女であるボア・ハンコックのアピールにはなびかないなど、他人とはずれた感覚を持っています。

戦闘能力

一味において自分のやるべきことを本能的にわかっているといいます。物語の途中で、対立してきた組織のボスを最後に倒すのはきまってルフィです。

幼少期からガープに鍛えられてきたことから、悪魔の実の能力だけではない、戦闘センスを持っています。

真っ向勝負の殴り合いには強いのですが、純真な性格が災いして、幻術や催眠術のたぐいにはめっぽう弱く苦戦することがあります。

嘘が苦手で、嘘をいってもすぐに見抜かれてしまいます。作劇上の特徴として、漫画内で、ルフィのモノローグや心理描写というものは行われていません。

これは著者いわく、ルフィーは真っ直ぐな男であるから、「考えるより言葉にしたり行動に移すため」だといいます。

声優は田中真弓さん

ルフィ役の声優は、青二プロダクション所属の田中真弓さんです。

有名な役どころでは、ドラゴンボールシリーズのクリリン、天空の城ラピュタのパズー、とってもラッキーマンのラッキーマンなどを務めています。

また、サクラ大戦シリーズの桐島カンナ役で、ミュージカルの舞台に出演したりと多彩な活動をされています。

著者は、ワンピースを読み切り掲載したときから、ルフィの声を田中真弓さんと考えていたそうです。

そうした意向をスタッフ等に伝えていなかったにもかかわらず、ルフィ役を決めるオーディションに田中さんがあらわれたときは驚いたと語っています。

ルフィはゴムゴムの実を食べたゴム人間

悪魔の実の能力者で、全身がゴムのようになるゴム人間です。

悪魔の実とは食べたものに異能をあたえる果実です。一人につき一種類しか食べることはできません。

強力な特殊能力を得る代わりに、泳げなくなるというデメリットもあります。さらに海楼石にふれたときも、力が抜けて能力が使えなくなってしまいます。

悪魔の実の種類

悪魔の実はその能力ごとに、「超人系(パラミシア)」「動物系(ゾオン)」「自然系(ロギア)」と、三つの系統へ分類できます。

特に自然系の能力者は実体にふれることすら難しいため、特に強力とされています。物語のある時点までは、自然系の能力者に対抗するにはその弱点を探るしかありませんでした。

砂人間であるクロコダイルには水、雷人間であるゴッドエネルにはゴム人間のゴムという具合です

後に覇気という特殊能力が設定されたことで、特に弱点を突かずとも対抗できるようになりました。

自然系の能力者へは、覇気・弱点以外でも、上位種の能力を得ることで対抗ができます。現在明言されている悪魔の実の上下関係は次のものです。

上:マグマグの実、下:メラメラの実
上:トントンの実、下:キロキロの実
上:ヒエヒエの実、下:ユキユキの実
上:ブキブキの実、下:スパスパの実

メラメラの実の能力者であるエースは、その上位種に当たるマグマグの実の能力者である赤犬に倒されてしまいました。

ゴムゴムの実を含む超人系はもっとも一般的な悪魔の実とされていますが、使い方次第でいくらでも強力にすることができます。

覇気とギア

ルフィの場合は心肺がゴムであることを利用して、「ギア2」という、戦闘形態を編み出しました。さらに武装色の覇気と組み合わせることで、「ギア4」という形態にまでなっています。

悪魔の実には「覚醒」という段階も存在します。覚醒した能力者は、通常よりも強力な特殊能力をあつかえるようになります。

王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴは「イトイトの実」の覚醒者でした。通常では自らの身体から糸を出すだけの能力でしたが、覚醒することで、周囲の建物まで糸にすることができるようになりました。

ルフィが覚醒するとどのような能力になるのか期待がもたれるところです。

ルフィの冒険ハイライト

ルフィが6歳位の頃、フーシャ村に訪れていたシャンクスと運命の出会いを果たします。

海で海王類に襲われたところを、シャンクスに救ってもらいました。シャンクスはこのときに片腕を失ってしまいます。

シャンクスからは大切な麦わら帽子を預かり、「海賊王」になることを決心します。

フーシャ村を旅立ち仲間を集める

17歳で、フーシャ村を旅立ちます。海賊王になるにはまず仲間を集めなければなりません。

海軍基地でロロノア・ゾロを仲間にし、斧手のモーガンを倒します。オレンジの村にて、航海士のナミを仲間にします。このとき海賊のバギーも撃破しています。

シロップ村ではシャンクスの部下の息子であるウソップと出会います。執事に化けていた百計のクロを共に討ち倒しました。

一味には不可欠なコックを仲間に加えるべく、レストランバラティエを訪れます。副料理長のサンジと出会い仲間に誘いますが、断られてしまいます。

すると東の海の強力な海賊であるドンクリークがバラティエを襲撃にやってきました。
ルフィはサンジとともに迎え討つことで信頼を深め、クリークを倒した後で仲間にすることができました。

海賊団に必要な仲間がそろったかと思ったところで、航海士のナミが姿を消してしまいました。

アーロン編

ナミは魚人海賊団の幹部でした。一方的に別れを宣言されましたが、ルフィはナミの隠れた本心を見抜き、助けに向かいます。

今まで仲間にしたゾロやサンジ、ウソップらと協力し、ノコギリのアーロンを討ち倒します。

ここで初めて「麦わらのルフィ」としての二つ名がつき3000万ベリーの賞金が懸けられました。

アラバスタ道中編

ウイスキーピークでは、秘密結社バロックワークスと出会います。

行き違いからゾロと本気のケンカに発展するなど紆余曲折ありましたが、アラバスタ王女のネフェルタリ・ビビを本国へ送り届けることになりました。

道中のさなかに巨人族のドリーとブロギーに出会います。そこでの決闘を邪魔したバロックワークスのナンバー3とナンバー5である、Mr.5ペアならびにMr.3ペアを撃破しました。

リトルガーデンを旅立ちますが、ナミが病に倒れてしまいます。医者を探しにドラム王国へ寄ることになりました。

ドラム城ではトナカイのトニートニーチョッパーと出会います。チョッパーは医者だったので、一味に勧誘して仲間に加えました。

アラバスタにたどりつく前、義兄弟である火拳のエースと一時の再会をよろこびます。

VSサー・クロコダイル

アラバスタでは、王下七武海であり、バロックワークスの社長、サー・クロコダイルが待ち構えていました。

ルフィはクロコダイルと一騎打ちに持ち込みますが、自然系の悪魔の実「スナスナの実」になすすべもなく敗北してしまいます。

砂漠に埋められたところをミス・オールサンデーことニコ・ロビンに助けられます。

二度目の決闘では弱点である水をつかって、クロコダイルにダメージを与えますが、水分を吸収されつくして再度敗北してしまいます。

三度目の戦闘で、水のかわりに自らの血を使い、激闘の末にクロコダイルを討ち倒します。王下七武海の一角を倒したことで、懸賞金が1億ベリーに跳ね上がりました。

バロックワークスを打ち倒したあとには、ビビと別れてアラバスタを旅立ちました。

海賊王への道

空島、ウォーターセブン、スリラーバークを経てマリンフォード頂上戦争に参加します。

義理の兄であるエースを亡くし、2年間の修業にこもりました。新世界編では多くのルーキーたちに負けず海賊王への道をひた走ります。

ルフィのトリビア

ルフィの母親はすでに登場している?

ファンのあいだではネット上などで、ルフィの母親について語られることがあります。

すでに作中に登場しているという噂です。しかしこれはデマだと言われています。

作者である尾田栄一郎氏はそうした発言をしたり、文面に残したりということをしていません。

以前、北米のインタビューにて、もしもルフィの母親が登場するなら、力強いイメージで典型的な母親的パーマをかけた女性だろうとこぼしたことはあります。

尾田氏は作中のSBSでも冒険の対義語が母とも語っています。冒険にでる少年にとって母親はそれほど重要な存在ではないようです。

新世界編でのルフィの必殺技

覇気

覇気とは、すべての人間にそなわっている潜在的な「意志の力」を指します。闘争心や威圧、殺気などの強力版のようなもの言えるかもしれません。

この力は才能のあるものが長い修練を経て使いこなすことができるようになります。戦闘で実際に覇気をつかいこなせる者を劇中では覇気使いと呼びます。

ルフィは覇王色の覇気使いです。覇気には3種類が存在します。

武装色の覇気

身体に鎧のような力をまとわせています。防御に使ったり、覇気を武器にまとわせて攻撃することもできます。

これまで自然系の悪魔の実の能力者には固有の弱点をつく以外に攻撃する方法がありませんでした。

武装色の覇気があらわれてからは、物理攻撃の通じない相手にも、実体を捉えてダメージを通すことができるようになりました。ゾロが得意としています。

見聞色の覇気

対象の気配をするどく察知する覇気です。この力は視覚ではとらえられない敵の数や位置をつかんだり、相手の行動を先読みすることができます。

ひと目で相手の力量を推し量ったり、読心術のような能力を発揮することも可能です。空島ではマントラと呼ばれていました。

覇王色の覇気

ルフィが得意としている覇気です。数百万人に一人しかつかうことができない、選ばれし者の覇気です。

全身から威圧感を発生させて精神力の弱い人々を戦闘不能にしてしまいます。修行で鍛えることはできず、自らの心身の成長によってのみ強化される覇気です。

未熟なうちは、激情的になったときなど発作的な発動をさせてしまいます。覇王色の覇気はその能力以上に持ち主の「王の資質」を示すことから注目されています。

ワンピースの世界で名を轟かせるものはこの力を持っていることが多いとのことです。

新必殺技「ギア4」

これまでルフィには様々な必殺技が存在していました。ゴムゴムのピストル、ゴムゴムのバズーカ、ゴムゴムの暴風雨などが有名です。

通常時の必殺技だけでも多岐にわたりますが、ルフィはその後「ギア」という概念へ発展させました。

ギア2

ゴム人間である身体を活用して自らの足をポンプのように扱います。血流を活発化させることで、ドーピングのような効果をもたらします。

心臓や血管がゴムでできているルフィだからこそできる芸当でした。この状態でつかう技名には「JET(ジェット)」とつきます。

ゴムゴムのJET銃(ジェットピストル)は、ゴムゴムのピストルの強力版で、そのスピードは目で追うことも困難なほどです。

ギア3

自らの身体に空気を送り込み、風船状に巨大化して戦いました。

巨大化した手足は、さながら巨人族のようで、頑丈な扉や海軍の戦艦を一撃で粉砕するほどのパワーを発揮しました。この状態でつかう技名には「巨人の(ギガント)」とつきます。

ゴムゴムの巨人の銃(ギガントピストル)は、ゴムゴムのピストル、ゴムゴムのJET銃をさらに強化したものです。これに武装色の覇気を追加することで、ゴムゴムの象銃(エレファントガン)となります。

新世界編で身につけた技が「ギア4」

マリンフォード頂上決戦を終えて2年の修行期間中に巨大な猛獣を打ち倒すため、編み出した必殺技です。

武装色の覇気を身にまとった上で、ギア3のように風船化し、巨大な仁王像のようなすがたになります。

王下七武海の一人であるドンキホーテ・ドフラミンゴを一方的に叩きのめすなど強力なパワーを発揮しました。しかし、覇気を過剰につかうため時間制限があります。

時間がきてしまい元のすがたに戻ると、10分間覇気を使用できなくなるなどリスクもあります。

ゴムゴムの大猿王銃(キングコングガン)はドフラミンゴを地上に落とすだけでなく、大きな地割れを起こすほどの威力を発揮しました。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社