QムービーTOP > アニメ > ワンピース

ワポルとは?

「ONE PIECE(以下ワンピース)」では様々な敵キャラが登場しますが、どれもこれも濃いキャラばかりで一度見たら印象に残るイロモノばかりです。

その中でも麦わら海賊にチョッパーが加入するお話でもあったためにかなり印象に残ったキャラクターがドラム王国国王の「ワポル」です。

ワポルの性格

ワポルは国王でありながらわがままな性格であり、悪政によって国民を苦しめた挙句、ドラム王国を襲撃してきた「黒ひげ海賊」の圧倒的なパワーを見るや国民を捨ててアッサリと我先に逃げ出すなど、国王としてはまさに失格とも言えるキャラクターです。

しかし、ただ悪政をしていただけであれば国民の反乱でアッサリ倒されるものですが、性質が悪い事にワポルは悪魔の実「バクバクの実」の能力者でもあったため、不満を持っていても誰も立ち上がることができませんでした。

しかも、ルフィによって遥か彼方へ吹き飛ばされた後は落ちぶれてホームレスになってしまった後、再び世界政府公認国家の「悪ブラックドラム王国国王」となるまでの過程が扉絵連載で描かれるなど、悪役にしては珍しく復活したキャラクターでもあります。

アニメ版「ワンピース」では「島田 敏(しまだ びん)」さんが声優を担当しております。

ワンピース 登場人物&用語一覧」はこちらへ

ワポルの超人系悪魔の実「バクバクの実」

08937-one_piece_thumbnail

ワポルがどういった経緯で悪魔の実である「バクバクの実」を食べたのかは不明ですが、バクバクファクトリーで人間兵器となった状態で反意を持ったドルトンを一蹴しているシーンがあるため、少なくとも国王となった時点で能力者であった事は確実です。

バクバクの実を食べたワポルは口を自由自在に巨大化して、ありとあらゆるものを美味しく食べることができるという能力です。

食べられる対象はごく普通の食べ物から大砲、焼けた家、砲弾、肉が刺さっていた短剣、そしてその気になれば人間も食べる事ができる「雑食人間」である。

食べたものを保存する?!

しかし、バクバクの実の能力の本当に恐ろしい所は食べた物を、特性を体内に保存しておくことができるため、ルフィとの戦いでは食べていた大砲を元に両腕を大砲に変えたりする事ができた。

また、2種類以上の物質を融合させて新たな物質を作り出したりすることが可能であり、後の「形状記憶合金ワポメタル」を生み出すなど、使い方によっては無限大の可能性と経済への影響を与える事ができる点が真の使い方かもしれません。

しかし、ルフィのようなゴム人間だと噛み切る事ができなかったため、ワポルにとっては天敵といえるでしょう。

ワポル初登場は…海賊の船長として!?

初めてルフィと麦わら海賊が出会ったのはワポルが「ブリキング海賊団」の船長として部下と共にゴーイングメリー号を襲撃します。

その時ルフィ達にドラム王国へのエターナルポースかログポースを持ってないかと聞いていますが、麦わら海賊のメンバーは誰一人としてその王国の名前は知りませんでした。

ルフィ達がログポースを持ってないと知ると今度はゴーイングメリー号を食べ始めます。

一度はルフィを食べようとしましたが、ルフィがゴム人間であったために噛み切れず、そのまま「ゴムゴムのバズーカ」で遥か彼方へと吹き飛ばされてしまいました。

ドラム王国の元国王「ワポル」

ナミの病気を診てもらうために医者を探していたルフィ達は冬島の「ドラム島」へ上陸します。

そしてルフィとサンジがナミを連れて医者のいる城まで連れて行く間に、残ったビビとウソップはドラム島を守備する民間護衛団団長「ドルトン」からドラム島の元あった王国の名前が「ドラム王国」である事、そしてその国王がワポルである事を知ります。

ワポルはルフィ達が来る数ヶ月前にドラム王国に攻めてきた海賊「黒ひげ」の圧倒的な力を知ったとたん、アッサリと国を捨ててワポルは軍勢と共に逃げ出してしまい、その一時的なカモフラージュとして海賊をやっていたという事になります。

しかし、ワポルの悪政は相当なものであったためか、むしろワポルがいなくなって国が滅んでよかったと言う国民がいるほどでした。

ワポルの帰還

しかし、ルフィ達がドラム島に上陸してからしばらくしてワポル達もドラム島に戻ってきました。

護衛団の生き残りがドルトンにワポルが戻ってきた事を伝え、ドルトンはワポルが現れたビッグホーンへ向かいます。

そしてビッグホーンでは(おそらく放火して)丸焼けにした民家を食べるワポルでしたが、麦わら海賊がワポルのかつての居城に向かっている事と居城にワポルへ散々反抗したDr.くれはが住み着いている事を知り、急ぎ城へ帰ろうとします。

しかし、そこへドルトンからの攻撃を受け、大怪我をしてしまうワポルでしたが、イッシー20の治療によって事なきをえます(なぜか首が無くても動いていた)。

このワポルの行った悪政の一つが、医療大国と呼ばれたドラム王国の医者はワポルの城にいる20人の医者「イッシー20」だけであり、他の医者は国外追放となっているせいで病気や大怪我をした国民はワポルにひれ伏さなければならない、という病人を人質に取るような体制でした。

ワポルを倒そうとするドルトンでしたが、護衛団を守ろうとチェスの放った矢をその身に受けて倒れます。そしてワポルと部下のクロマーリモとチェスと共にかつての居城を目指します。

ワポルを足止めするラパーン

ラパーンの起こした雪崩のせいでサンジが負傷し、病気で重態のナミを連れているルフィはワポル達と出会ってしまいます。

サンジから言われていたとおり、攻撃をしたり受けたりしてもそれはナミへのダメージとなってしまうため、ルフィを雪国戦術「雪化粧」で奇襲するなど苦しめるワポル達。

でしたが、雪崩に飲み込まれていたラパーンを事前に助けていた事で、恩を感じたラパーンがワポル達を足止めします。

しかし、ドラム王国で最も凶暴なラパーンですらワポルの真の能力の前に全滅してしまいます。

城が建っている山はワポルの飼い犬ならぬ「飼いカバ」のロブソンによって登っていく事ができましたが、城に住んでいるDr.くれはとチョッパーを始末しようとした。

ところが道中で防戦一方だったルフィの鬱憤の溜まった「ゴムゴムのブレッド」を喰らい一度吹っ飛ばされてしまいそうになりますが、間一髪で部下達によって今後は吹き飛ばされずにすみました。

王技「バクバク工場(ファクトリー)」

ルフィの一撃を受けて怒ったワポルは一度はチョッパーを食べようとしましたが、ルフィとサンジの合体技「空軍(アルメ・ド・レール)ゴムシュート 回転付き」でまたまた吹き飛ばされそうになります。

今度は飼いカバのロブソンが受け止めたことによって、またまた遥か彼方へ吹っ飛ぶ事はありませんでしたが、ロブソンが代わりに遥か彼方へ吹っ飛んでいきました。

しかし、これで完全に怒ったワポルはバクバクの実の真の力である「食べた物を己の力に変える」ことで、ルフィ達と戦った日に食べていた「大砲のバターソテー」1門、「生大砲」1門、「砲弾と火薬のサラダ」、村で焼いた「家」一軒を自らの能力として取り込み、家のような姿と両腕を大砲に変えます。

さらに王技「バクバクファクトリー」によって部下のチェスとクロマーリモを食べて二人を「チェスマーリモ」に合体させます)。

さらにワポルは大砲に変えた腕で城の頂上に立てていたチョッパーの大切な人「Dr.ヒルルク」の旗を吹き飛ばし、さらに怒って掴みかかってきたチョッパーも大砲で吹き飛ばします。

再び吹き飛ばされるワポル

ルフィがチョッパーの戦いに見とれている間に城に入ったワポルは変わり果てた城に怒り、さらに治療から逃げ出そうとしていたナミを追い掛け回します。

しかし、階段を降りるときに体形がつっかえてしまい、自らを食べて「バクバクファクトリー」でスリムな体形になり、ナミを一度は捕まえるもののルフィに蹴り飛ばされてしまいます。

そして武器庫にある武器を食べて人間兵器になろうとしますが、いつの間にかナミに武器庫の鍵をスられており、さらに奥の手であるドラム王国最終兵器「ロイヤルドラムクラウン7連ショットブリキングキャノン」を使おうとしますが、こちらも雪鳥(スノーバード)の巣になってしまって不発に終わってしまいます。

そしてルフィの「ゴムゴムのボーガン」を喰らって屋根を突き抜けて身動きできないワポルに、思いっきり腕を伸ばした「ゴムゴムのバズーカ」をルフィが喰らわせようとします。

ワポルは必死に地位や勲章、副王様の座を与えようと命乞いをしますが、ルフィが耳を貸す事は無く、渾身のゴムゴムのバズーカでまたまた遥か彼方へと吹き飛ばされてしまいます。

こうしてワポルが吹っ飛んだ事で王政の復活は無くなり、ドラム王国は後にイッシー20によって一命を取りとめたドルトンを国王とした「サクラ王国」と名前を変えることになります。

また、サクラ王国の国旗はDr.ヒルルクの旗が使われるようになりますが、それはもうしばらく後となります。

ワンピース 登場人物&用語一覧」はこちらへ

ワポルの復活劇

ルフィに吹き飛ばされて消息不明になっていたワポルですが、ワンピースの扉絵連載でその後が描かれており、一度は落ちぶれるもののある事がきっかけで再び世界貴族にまで返り咲きます。

王様からホームレスへ

ルフィに吹っ飛ばされたワポルは、扉絵シリーズ「ワポルの雑食バンザイ」シリーズにて(しぶとく)生きている事がわかります。

吹っ飛ばされた先で木を食べたり、ランプを食べたり、カップルが座ろうとしたベンチを食べたりして、その姿その物になってふざけている日々を過ごしていたようです

そして、ドラム王国のような振る舞いで町の様々な物を食べ始めますが、海兵によって逮捕されてしまいます。

ワポルとしては「自分は王様なはずなのに?」と思ったのかもしれませんが、ドラム王国はこの時すでに元部下のドルトンが君主となってサクラ王国として新スタートしており、ワポルは国王からただのホームレスになっておりました。

ホームレスからおもちゃ屋さんに

何とか海兵から大脱走するワポルではありましたが、同時に自分がもう王様では無い事を悟ります。

そしてホームレス状態となり、子供には石を投げられ犬には小便をかけられる始末です。

マッチ売りまで始めますが風貌の悪さと汚さのせいか全く売れず、暇つぶしに河原にあったゴミで色々なロボットやおもちゃを作り出します(この時小便をかけていた犬も合成されてしまう)。

ところがこの暇つぶしで作り出したおもちゃが子供達の心を掴みとり、ワポルは河川にあったゴミをおもちゃに変えて売り出し、日銭を稼ぎ続けます。

そして、河川で小さなおもちゃ屋さん「ワポル玩具店」を開きます。

おもちゃ屋さんからの大転進!

とりあえず始めたおもちゃ屋さんは意外にも大繁盛しますが、それよりももっと大変な事実がわかりました。

何とワポルが作り出したおもちゃを調べた町の科学者が、新しい金属で出来ていることを突き止め、ワポルは新合金「ワポメタル」の発見者として表彰されてしまいます。

そして商売のほうもそのおかげかトントン拍子に成功し、店をさらに拡大した「トイショップワポール」 → 大会社となった「バクバクファクトリー」 → ワポル財閥とまで成り上がります。

そしてとうとうミス・ユニバースと結婚し、再び権力の座に返り咲く事ができました。

ワポルの現在

新世界編となったワンピースですがワポルのほうはさらに力をつけたのか「世界貴族」に認定されてしまい、「悪ブラックドラム王国」を建国してしまいました。

そして、ワポルが作り出した新合金のワポメタルはどういう巡り会わせか、麦わら海賊団の船大工フランキーの作り出した新兵器「フランキー将軍」の材料にもなり、フランキー将軍の圧倒的な攻撃力と防御力を支えております。

また、ワポルが元国王であったドラム王国はドルトンを君主としたサクラ王国として平和な日々を送り、さらに直属の医療部隊だったイッシー20はDr.くれは指揮下の元でイッシー100にパワーアップし、王城も医療センターとして機能するようになりました。

吹っ飛ばされた事で一時はホームレスになるも、ここまでのサクセスストーリーがあるキャラクターはとても珍しく、作者が「描いていて楽しい悪役」というだけにかなり愛されているのかもしれません。

また、ワンピースでは世界会議が近いことから、ワポルも出席者として参加するのでその時にまたルフィ達と再会するかもしれません。

さらにサクラ王国に対してもどう「引きずり落としてやろうか」と言っているため、ドルトンとも一騒動起こしそうではあります(ドルトンも世界会議に出席予定)。

劇場版ワンピースのワポルには兄がいた!

ワンピースの映画「ONE PIECE THEMOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」ではワンピースのドラム王国編を元にしたパラレルワールドの世界となっております。

この映画の原作と違う点として以下のような部分があります。

・原作ではドラム王国編まで登場しているネフェルタリ・ビビとカルーがいない。
・チョッパーよりも加入が後のロビンとフランキーが仲間として加わっている。
・フランキーまでいるためか、船がゴーイングメリー号ではなくサウザンドサニー号になっている。
・ルフィがギア2を使用する等、原作のドラム王国編以降の技が登場する。

ワポルよりも強く悪い兄「ムッシュール」

しかし、このお話でもドラム王国のキャラクターはそのまま出ており、悪役として国王ワポルもしっかりと登場する上に映画版オリジナルキャラクターとしてワポルの兄「ムッシュール(CV:みのもんた)」が登場します。

ムッシュールはワポルと同じく悪魔の実「ノコノコの実」で毒キノコの胞子を使う能力者であり、ギア2を使用するルフィに引けを取らない強敵となっております。

ムッシュールはかつて「暇潰し」でドラム島に城の大砲から胞子爆弾を発射し、島中に毒の胞子をバラまき多くの国民を死なせた事から先代国王(ワポルとムッシュールの父親)によって火の国キラウエアに追放、幽閉されていました。

しかし、原作通りにドラム王国へ「黒ひげ」がやってきた事でワポルによって対抗手段として火の国から救助され、共にドラム王国での王政の復活を画策しますが、ナミの病気を治療するために上陸していたルフィ達と交戦することになります。

当初はギア2状態のルフィを圧倒的な強さで追い詰めますが、イッシー20によって作り出されたムッシュールの毒に対抗する解毒剤を使ってパワーアップしたルフィによる「ゴムゴムのJETバズーカ」を喰らい、敗北します。

そして、ワポルのバクバクの実の能力でワポルに取り込まれて「ムッシュールワポルキャノン」として復活してしまいます。

が、ワポルの体がベースであったためむしろムッシュール単体の時よりも弱体化してしまい、最後はルフィの「ゴムゴムの巨人の銃」を喰らって兄弟揃って遥か彼方へと吹き飛ばされてしまいました。

ワンピース 登場人物&用語一覧」はこちらへ

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社