QムービーTOP > アニメ > ワンピース

一繋ぎの秘宝(ワンピース)とは?

ワンピースのタイトルにもなっている一繋ぎの秘宝は、はっきりとしたものとしては現在でてはいません。

ですが、ストーリーの要となる部分には必ずその存在を確認することができるものであり、タイトルにもなっていることからも大事なものであることは確かです。

現段階ではっきりとしているものは<ひとつなぎの大秘宝は存在する>であり、それに関連する伏線は様々な場所で見ることができます。

また、ワンピースは海軍においては世界をひっくり返し、世界中を巻き込むほどのものと認識されており、その存在を知っていることもストーリーの中で見ることができます。

また、作者である尾田栄一郎氏は言葉遊びなども取り入れる部分があり、ワンピースを分解して組み直すアナグラムなどの解析サイトなども存在するほどです。

アナグラムサイトなどにおいてはキャラクターの名前の解析なども盛んにおこなわれています。

ワンピース 登場人物&用語一覧」へ

白ひげと海軍におけるDの意志とひとつなぎの大秘宝の存在

08977-one_piece_thumbnail

白ひげの「ワンピースは存在する」に対して海軍は隠そうとする動きを見せました。これは海軍にとってはワンピースの内容はもう理解できていることになります。

ワンピースはロジャーがその存在を処刑前に示唆したことから始まり、全ての海賊たちが狙うものであり、当初は様々な予想がされてきましたが、世界大戦編でのセンゴクの一言からその存在は希望だけではなく災いをももたらすもの、としてみることもできるようになりました。

また、ロビンのストーリーからはワンピースは太古の昔から存在し、歴史を知っただけではどうすることもできない存在とも言われています。

これはワンピースというものが見る人によって全く違い価値観だけではなく、存在としても変わってくるということになります。

いろいろな立場から見る「ワンピース」

白ひげたちを筆頭とする海賊は「世界を興奮に落とすことのできる財宝」として、

海軍は「世界を混乱させる災い」として、

歴史家たちは「簡単に説明できるものではない」ものとして、それぞれの見解を示しています。

主人公であるルフィたちには歴史家であるロビンが一味に入っていることもあり、ワンピースがただの財宝ではないことはわかっていますが】ほかの海賊団では財宝として認識している集団も多いと思われます。

このことからも海軍はワンピースを求める海賊たちを捕獲していく必要があり、物語の根幹につながっていくと言えます。

麦わら海賊団とDの意志とひとつなぎの大秘宝

主人公でもある麦わら海賊団の船長でもあるルフィは、シャンクスから託された思いを抱いてワンピースを見つけるために旅に出ました。

海賊王だけがその存在に触れることができる財宝であり、旅立った当時のルフィにとってはおそらくもっとも輝いていた宝だったはずです。

旅で大事なクルーを得ていき、たくさんの出会いと別れを繰り返していきます。その中の一人であり一味のコックでもあるサンジが「オールブルー」の存在をルフィに告げます。

ワンピースはこのオールブルーにも大きくかかわってくることに後に判明しますが、オールブルーの存在自体が非常に複雑なものになっています。

同じく一味の航海士であるナミが言う、グランドラインとレッドラインの存在も大きな関与を示してると思われます。

歴史家であるロビンの発言などを含めても財宝などではなく、ワンピースは認識されていると考えてもいいでしょう。

真実を知ったからと言って歴史はひっくりかえらない
世界をひっくり返す

この二つからもワンピースは単なる財宝ではないでしょう。

ナミとワンピース

航海士でもあるナミはグランドラインとオールブルーの謎に気付いています。

オールブルーがワンピースだとすればナミ、サンジ、ロビンの希望がかなう結果にはなりますが、ルフィの希望がかなうことは少ないと思われます。

なによりももしオールブルーが存在する世界になった場合は世界の混乱は戦乱ではなく自然災害的なものであり、これだとセンゴクたちのいうものとはちがってきます。

サンジとワンピース

オールブルーはすべての魚が存在する海であり、料理人であるサンジにとっては正しく大きな財宝であり財産といえます。

ですがこの場合はサンジの夢がかなうだけでありタイトルにまで持ってくる必要性は出てきません。

ロビンとワンピース

歴史家でもあるロビンにとってのワンピースは古代文明の一つととらえている部分があります。これは大きな伏線と考えてもいいでしょう。

ポーネグリフとワンピースの関連と可能性から導かれた古代兵器の存在、ロビンの願う歴史のすべてを知りたい、と海軍の意志れるところの世界の混乱が合致するともいえます。

ルフィとワンピース

では、ルフィにとってのワンピースとは何になるのか?です。

ひとつなぎの大財宝であれば金銭的な物かもしれませんが、彼はこのたびで様々な仲間を得ることができました。

兄の死を乗り越え仲間たちとの再会を果たし、今また新しい戦いに身を投じています。もし、古代兵器がワンピースであればそれを手にする海賊王は世界を手中に収めることができるともいえ、最も危険な存在になります。

コミックスの冒頭にもあるロジャーの「そこにワンピースを埋めてきた」にもかかる部分にもなりますが古代兵器を埋めてきた場合はもう少し違う表現になる可能性のほうが高いです。

(連載中に尾田氏の考えが変わったなどは含まない場合ですが。)

尾田氏の発言

尾田栄一郎氏は、さくらももこ氏との対談の中で「ワンピースの正体は自分の心の成長だったみたいなことはしない」と明言しています。

このことからもワンピースは漠然としたものではなく形あるものということが決定しており、ロジャーの言葉とぶれることがなくなります。

ワンピース 登場人物&用語一覧」へ

ひとつなぎの大秘宝:複数の物体説

ワンピースはひとつなぎの大秘宝であり、複数の者の集合体であることがここから読み解けます。

これに海軍の「世界を混乱に陥れる」と、白ひげの「世界をひっくり返す」を合わせると関連してくるのは、作中でもしばしば出てくる世界を滅ぼすほどの力を持ちうる古代兵器「オウルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」がでてきます。

複数であり、世界をひっくり返すほどの力を持つものであり、ワンピースともいえると考えられます。

ですが、ここで出てくるのはやはり象徴でもあるロジャーになります。ロジャーはワンピースを埋めてきています。

ロジャーはワンピースを入手している一人であるからこその「埋めてきた」になりますが、海軍の言うようにはたしてロジャーは世界を混乱に陥れたかと言われればその記述は今のところありません。

つまり考えられるのはロジャーが手にしていたワンピースはワンピースの一つであり、全部揃えることが「ひとつなぎ」にかかることになります。

複数の大秘宝を合体させるなどで一つの強大な力にすれば、世界は確かに混乱におちいることになります。

古代兵器説が根強い支持を持っているのはこのことにも起因します。

ポーネグリフと古代兵器

高度な解読技術を持った歴史家たちでなければ読み解けないのがポーネグリフになります。

ロビンが解読したのは古代兵器のありかが三つであり、複数の個体とし存在すること、そしてそれを不用意に解けないようにしてあること、それでいてその危険さを必ず後世に伝えなければいけなかったということになります。

リオ・ポーネグリフのエピソードでもあるオハラ編では、

今の時代を生きているのは今を生きてる人間だよ…!!

と言う発言からもロジャーが作った大海賊時代に生まれたルフィたちに希望を託していると見えます。

麦わらの一味と歴史

一見するとルフィたちの麦わら海賊団はバトルや友情などが大きく出てくることの方が多く見えますが、そのクルーに歴史家であり考古学者であるロビン、大工であるフランキー、音楽家であるブルックが入っています。

特にブルックは一度命を失っている特殊な存在です。この三人から見れるのは古き歴史、製造の今、命の再生とも見えます。

三人は短絡型ではなく、思考型である面や古代兵器がワンピースとするならば読み解くもののロビン、再生するもののフランキー、命の再生のブルックがすべて当てはまります。

何よりもおそらくはロジャーの時代を良く知るものであり、過去がまだまだ出てきそうな存在であるブルック。

彼が今後もワンピースに大きくかかわってくる可能性は大きいです。

ワンピースとナミとウソップ

ナミは航海士ですが、同時に気象士でもあります。海流の動きを天気を予想し、自らも天候棒(クリマ・タクト)を操り闘います。

古代兵器の能力の一つに気象の自在なる変化や海流の変化などがあるとすればナミの力が不可欠になります。

また、このクリマ・タクトを死蔵したのはウソップでありその機械工学の知識の確かさを証明しています。

古代兵器の製造、解析、再生をフランキーと担当することも容易と言えるでしょう。

チョッパーとワンピース

医師としての才能はもちろんですが、チョッパーは何段階もの変化を自在に操ります。

これは古代兵器も段階進化があり、その途中での暴発などの際にもチョッパーちからで救助もできることも読み取れます。

また、チョッパーは海賊の素晴らしさをヒクルルから聞きながらも、その後の加護をしてくれるクレハからは海賊になることは止められています。

そして、クレハの「行ってこいバカ息子」の送り言葉を受け、チョッパーのひくそりは満月にその影を映します。月はワンピースに大きな関連のあるものの一つです。

ゾロとワンピース

もっともそのような権力からは離れた存在のように見えるゾロですがその技には天候をあやつる効果に近いものが多く存在します。

何よりも世界一の大剣豪になる夢をもち、あらゆるものを斬る力を持っています。古代兵器の暴走もゾロならば止められる可能性があるということです。

麦わらの一味とワンピース

このように、麦わら海賊団とワンピースはすべて関連があると考えることもできます。

ルフィの気まぐれで集まったものではなく、何かに導かれるかのようにすべてがそろっていく、その流れをごく自然に尾田氏は演出しています。

Dの意志とひとつなぎの大秘宝

主人公であるルフィは「モンキー・D・ルフィ」であり兄であるエースは「ポートガス・D・エース」であり、双方がDの意志を背負うものとして存在します。

そしてルフィとは血縁関係はなく、エースはロジャーの実の息子であることも判明しました。

このことからもDの意志を持つ二人の兄弟はワンピースの中心としてストーリーを作りました。

ドラム王国編ではクレハの「生きていたのか、Dの意思は」という発言があり、クレハとDの血縁、つまりロジャーの面識があったこと、そのロジャーの意思を継ぐ者が再び自分にあいに来たことなどがわかります。

そして、8巻のSBSのなかで尾田氏の「まだ答えられないのでDはDとして読んでください」などからもDはワンピースに非常に大きく関与しています。

Dの予想

Dの予想として最初に上がるのは夢であるDreamや運命であるDestinyになります。

これは少年漫画としては王道であり非常に分かりやすいと言えますが、尾田氏の「成長や夢などではない」という発言からも一度除外する必要があります。

扉絵コレクションとD

これは一見すると関連がないように見えますが、扉絵コレクションには背景に月が多くかかれていることも特徴の一つです。月はMOONなのでDではありません。

ですが、扉絵コレクションに書かれている付きは半月が多く、月は夜明けには消えていきます。

そしてワンピースの第一話のタイトルは「ROMANCE DAWN−冒険の夜明けー」です。

エネルと月の民

要所要所に出てくる付きは満月や三日月よりも半月が多く、空島編でのキャラであるエネルの扉絵コレクションでは月の民の存在を示唆しています。

そしてコミックス292話のタイトルは「あふことは片割れ月の雲隠れ」であり、253話では「400年前の故郷に!!」のセリフに重なる半月の月であり、考察サイトなどではDの一族は月の民説などを提唱しているサイトも多く存在します。

エネルの故郷でもあるビルカは月の都市の名前でもあり、月の民は羽を持っているというのも扉絵コレクションから判明しています。

ではこれらを見てからコミックス27巻の表紙を見ることになります。表紙はルフィが片目をウィンクで閉じ、羽を付けているものです。

本編ではルフィがこのような滑降することは一切なく、基本的なスタイルやキャプテンコートでの表紙やイラストレーションはあっても、羽を持っているのはこのコミックス27巻のみです。

これを意味があるものとしてみればルフィたちDの一族は月の為であり、閉じた片目は半月を意味すると考えることもできます。

このことやDの意志発言からもロジャーをはじめとしたDの血をひく者たちはワンピースにひかれていくという構図が完成します。

ワンピース 登場人物&用語一覧」へ

ひとつなぎの大秘宝はいつでてくるのか?

コミックスも80巻をゆうに超え、ワンピースは100巻を超えることは確実と言われています。

当初は100巻で完結する予定だったそうですが60巻リリース当時に発表された公式ブック「BLUE DEEP」の中でのインタビューで尾田氏は「描きたいことの半分を描き終えた」と発言しておりコミックスも1巻と60巻が対称になるように描かれています。

コミックスタイトルもどちらも「ROMANCE DAWN」が入りここでもDが関連してきます。

物語はすでに完結している?!

現段階で最終回の構想はもう完成しており、担当編集者は歴代尾田氏から物語の終わりを聞くことができてるとラジオでの発言もあります。

この発言からも伏線回収の始まっている段階なので100巻前後でワンピースの正体の判明が決定するかと思われます。

確定しているものは目に見える物体であること、友情などのあいまいなものではないということであり、今後もコミックスでは先行してその存在がはっきりしてくるはずです。

「ひとつなぎ」ということばからも一つではなくいくつかをかさねていくものであり、世界中に散らばっていること、その一端はロジャーが埋めてきたことなども明らかになっていますが、海軍の発言などから見るにすべてにおいて希望が生まれるものではないということもわかっています。

ルフィたちのほかにも、バギーやシャンクスたちもワンピースに対しては動きを見せており、今後も七武海だけではなく四皇なども大きくかかわってくることになります。

なによりもルフィの目的の一つでもあるシャンクスに麦わら帽子を返しに行く、というものはまだ消化されていません。

ワンピースの存在はおそらくシャンクスも掴んでいることなどを考えても今後の展開に大きな期待が寄せられます。

シャンクスをはじめ有力者たちの動きがワンピースの正体を大きく進めることは間違いないでしょう。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社